月別アーカイブ / 2019年06月

鹿児島空港を飛び立つのは、日曜の夜であることが多いです。
上京して兼業音楽家になった僕は、土日での弾丸里帰りがほとんど。


20時台の飛行機の窓から見た外はしっかりと夜で、
雨で濡れた滑走路がうっすら光っている。

飛び立つ飛行機が迷わず日常に戻れるようにしてるみたい。

この瞬間だけは、俺上京するんだなあって感じた日の記憶を思い出します。


里帰りをしてる間は不思議な感覚が常に漂っています。


知ってる街なのに、
知らない街に来たみたいな気持ち。

時間が進んでしまったのか、
時間が止まってしまったのか。


故郷という言葉からノスタルジーを感じるのはそういうところがあるのかも。


飛行機で席に着くと、
流石にヘトヘトになっていることに気づいて目を閉じ、
気づいたら羽田空港に着陸したところでした。

ワープを習得したよ。

東京に着いた時、
健人と「すっかりこっちが日常に帰ってきたって感じするね」なんて話をしました。

行きの飛行機は寝ることなく、
2時間ノンストップで熱い話をし続けていたので、
兄弟って事を忘れそうになりますが、兄弟です。


羽田空港から家に帰る途中、
乗り換えをした駅では改札でカップルが濃厚に愛し合っていました。
きっとあの後、改札をくぐって、アルマゲドンかなんかみたいに隕石を倒しに行くんだと思います。

地球最後の夜に、二人だったら改札前で熱い口づけ交わすんだーって感じっすね。©︎しなまゆ

東京帰ってきたなあと感じました。


家までもう少し。
帰ったら妻にお土産を渡して、
こんなことがあったよと話を聞いてもらってから、
早めに寝ることにします。


絶対頑張ろうと思える故郷のパワーを蓄えてきました。
もりもり頑張るぞ!

上げてけー!トーキョー!

明日は鹿児島でアコースティックライブのため、今日から鹿児島入りです。

明日の夜にはこっちに戻るからウルトラ弾丸ツアー。
滞在時間は30時間もないね。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2181.JPG

明日は久保兄弟の母が主催する健康にまつわるものを集めたフェスが開催されます。


天文館っていう日本最高の(鹿児島県民調べ)アーケードの中であるから、雨でも大丈夫。


久保兄弟のアコースティックライブは、
10時のオープニングと、
12時のちびっ子向け会と、
15時30分の大人向け会の3ステージ。


去年は、三男が作るご飯を食べながら、
長男(おれ)と次男(健人)が演奏するっていう会もやりました。

三男は料理人です。


息子3人もとっくに大人だし、というかもうおじさんだし、
家族4人まじで好き勝手生きてる一家なんだけど、

こう言う時に一緒に仕事することが出来ると、
ああ、好きなこと選んで生きてきてよかったなあと思ったりします。


雨にも負けず、
ポップミュージックやってきます。

もうすぐ羽田空港。
さて、行ってきます。

昨日のアメトーーク 。

過去一の驚きでした。

雨上がり決死隊の宮迫さんが例のあれやこれやで謹慎、テレビに出れないってことで、宮迫さんの出演シーンをカットしての放送。

トーク番組で、MC(の、しかもより回してる方)をカットするなんて出来るのか?

なんて思ってたけど、
マジで消えてた。

一瞬笑い声が入ったり、腕が見切れたりするけど、
知らずにみたら居ることに気づかなかったかもしれない。

現代の編集技術すごい。

すげー!って思うのと同時に、
編集で人がいなかったことにすらできることと、
動画っていう確度の高かったはずのものが、
もう何も信用できないほど技術は進歩してるんだなあと。

怖くなりました。
なんでも偽装できてしまうのね。現代の技術力。
っていうそっちの方が意識がいってしまった。


デジタルなコンテンツならばもう目で見たものだけで、
信用ってのは出来ないんだね。

何を信じるかということを自分で考える能力を鍛えていかないといけないなあ。
そうしないと、簡単に他人に価値観を操作されてしまう。


五感全てをちゃんと自分でコントロールして、
自分で考えて、自分で決めれる人か、

あっさり他人に流されて、でもそれに気づかず「自分の意見として考えてる」と、思わされる人。

この2つに二分されていくんだろうな。


もうされてるのかも。
こわっ。


自分の物差しは、ちゃんと自分で磨くことにしよう。

↑このページのトップへ