月別アーカイブ / 2019年04月

例えば、自分達の音楽のファンを増やしたい!

と思った時、

いろんなアイデアを考えます。

そして、そのアイデアを一生懸命検証します。


どうすれば結果に結びつくか、
逆に、何をしてしまったら結果から遠のくか。

どうすれば効率が良いか、
どうすれば効率が悪いか。


たくさんたくさん考えて、
チームで動いているのならたくさんたくさん話し合います。


より確度の高いアクションを起こしたいから、
不安は早めに洗い出していくんですね。


そうすると、ほとんどのことが、
ネガティブな内容ばかりになるんです。


意味がない、効果がない、コスパが悪い。
とかね。NG理由に繋がるヒントは世の中に溢れてるから。


そうして、じっくりじっくり検証を重ねた結果、
これはやらないっていう選択肢にたどり着いてしまいがちなんです。


そして、検証して確度が高いって結論にたどり着くのは、
ほぼほぼ、誰かがたっぷりとやりきったことだったりします。

想像できることはきっと見たことがあることだと思うからね。



僕の今の考えは、

良いか悪いかは結果から考える。
思いついたらやってみる。

です。


検証はほどほどで良いと思う。
兎にも角にも、即アクション!


めんどくさそうなこととか、
効果が薄そうなこととか、

気にしない。
全部即アクション!


人がやりたがらないことは、
競合もいないわけだからさ、
実はそこにチャンスがたくさん眠ってるんじゃないかなって思ってます。


この僕の考えも、仮説だから、
今年たくさんのアクションをしていきたいと思います。


自分の力で。
人のせいになんてする余白はない方がいい。


この仮説があってるかどうか。
結果をもぎ取って、
結果をもって堂々と発信していきたい。


2020年に向けた目標だ。


33歳は、タフネス勝負!


まずはこれだね。
絶対365日完遂する!
バンドマンの朝活!曲を作ったり、カバーを歌ったり。
『バンドマンなのに、朝活!?』 音楽も服もバッグも作るポップバンド「Crahs(クラス)」のボーカル・ギター久保卓人による"朝活"配信! 毎朝6:45〜30分間生配信! 最初の目標は「365日連続配信達成!」 応援してください! フォローよろしくお願いします! ◆こちらも毎日やってます☻ 久保卓人LINE blog https://lineblog.me/kubotakuto/ 【Crahs(クラス)とは…】 名前の由来は「暮らす」 九州鹿児島、海沿いの町で育った3人が上京して結成。 東京を中心に活動するポップバンド。 音楽だけに限らず、アパレルや生活雑貨からライブ空間、ライフスタイルまで自分たちの手で作ります。 自分たちをワクワクさせる、音楽と共に暮らす日々をDIYで作りながら活動中。 2015年4月 東京にて活動開始 2016年12月 デビューアルバム、1st mini Album「Record City」をリリース 同月、Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて初のホールワンマンライブを開催 2017年12月 初の主催フェス「IDOBATA"landmark"2017」開催 2018年10月 主催フェス「IDOBATA"landmark"2018」開催 ライブハウス、カフェ、ストリート、ギャラリー、学校など様々な場所でライブを開催。 さらに、デザインフェスタ、ハンドメイドインジャパンフェスに自分たちの作ったアパレルやハンドメイド雑貨を持って出展するなどクリエイターとしても活動。 「兼業音楽家」として暮らす3人が、好きなことを選んで暮らしたい人の背中を押せるような活動をしていきたいと思いながら、日々を楽しんで暮らします。 http://www.crahs.jp
www.showroom-live.com


◆お知らせコーナー
来月のライブはこちら。
両方来てね!


_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1822.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1823.JPG

最近TwitterとかInstagramとかが漫画家さんとかイラストレーターさんの活躍の場になってるね。

すごく面白い漫画多い。楽しい。

100人中2〜3人にグサッと刺さる漫画とかある。
そういうのが見れるのもこういう発信ならではなのかも。
きっと漫画雑誌には出来ないことだったんだろうな。

久保的なお気に入りは、さわぐちけいすけさん。
もともとは、確かご本人と奥さんの夫婦エピソードの漫画をあげていて、それが楽しくて見てました。

最近、cakesで連載している「僕たちはもう帰りたい」って漫画が面白い。


「なんでも大切だと勘違いしていたらそりゃ忙しくもなるだろうね」


なんてキラーフレーズなんだと思ったよ。


暮らす日々を重ねるほどにたくさんの経験をして、
たくさんのものを手にする。


大切に感じるものは増えていく。
それはとても満たされることでもある。


だけど、その中で一番大切なものってなんなんだろうって考えると、言葉に詰まることもあるかもしれない。


大切なものが目の前に3つ並んだ時、どれを選ぶ?


僕らには持ててせいぜい1つか2つ。


その場をしのぐために選んだりして、
本当に持ちたかったものが持てなくなる、なんてことは良くある。


大事なものをしっかりと見つめて、
しっかりと握りしめて暮らしていきたいなあと思います。


俺は決まってるよ。しっかりふたつ。
恥ずかしいから教えないけど。


両手でがっしりと掴んで離さないようにしたいなと思ってます。


今日ももうすぐ終わる。

もう一踏ん張り!


バンドマンの朝活!曲を作ったり、カバーを歌ったり。
『バンドマンなのに、朝活!?』 音楽も服もバッグも作るポップバンド「Crahs(クラス)」のボーカル・ギター久保卓人による"朝活"配信! 毎朝6:45〜30分間生配信! 最初の目標は「365日連続配信達成!」 応援してください! フォローよろしくお願いします! ◆こちらも毎日やってます☻ 久保卓人LINE blog https://lineblog.me/kubotakuto/ 【Crahs(クラス)とは…】 名前の由来は「暮らす」 九州鹿児島、海沿いの町で育った3人が上京して結成。 東京を中心に活動するポップバンド。 音楽だけに限らず、アパレルや生活雑貨からライブ空間、ライフスタイルまで自分たちの手で作ります。 自分たちをワクワクさせる、音楽と共に暮らす日々をDIYで作りながら活動中。 2015年4月 東京にて活動開始 2016年12月 デビューアルバム、1st mini Album「Record City」をリリース 同月、Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて初のホールワンマンライブを開催 2017年12月 初の主催フェス「IDOBATA"landmark"2017」開催 2018年10月 主催フェス「IDOBATA"landmark"2018」開催 ライブハウス、カフェ、ストリート、ギャラリー、学校など様々な場所でライブを開催。 さらに、デザインフェスタ、ハンドメイドインジャパンフェスに自分たちの作ったアパレルやハンドメイド雑貨を持って出展するなどクリエイターとしても活動。 「兼業音楽家」として暮らす3人が、好きなことを選んで暮らしたい人の背中を押せるような活動をしていきたいと思いながら、日々を楽しんで暮らします。 http://www.crahs.jp
www.showroom-live.com
毎日しっかり続けてます。
明日も6:45から。

朝一にコミュニケーション取れると、
俺はその日1日すごく頑張れるってことに気づいたから、
みんなも早起きして、俺に構ってね☻

明日もよろしくー!

妻からオススメされたので何事も経験ってことで受けてみました。


先ほど終えて、現在帰宅中の電車の中です。


顔がちっさくなったかどうかは鏡をじっくり見てないのでわからんのだけど、

頭が軽くなった感じがして感動してます。

なんだか、目の周りとか頭が死ぬほど凝ってたそうで、
店員さんに思わず笑われてしまうほどでした。

兼業してる僕としては、どっちの仕事的にもパソコンを使う時間は多いもんで、そのせいですね。

自分としてはやっぱりなかなか無自覚なもんで、
今まで意識したことなかったんだけど、
ほぐしてみるとすんごい軽くなりました。

知らないうちにダメージって蓄積してるのねー。


心に関してもきっと同じ。

毎日仕事とか学校とか対人関係とかでちょっとずつ
落ち込んだり、ムカついたり、辛くなったり。

そういう心のダメージを蓄積しているんだろうな。


みんな結構我慢しがちじゃん。

これくらい耐えて頑張らなきゃ。
なんて思って飲み込むこと多いでしょ。

これくらい大丈夫。我慢しなきゃ。
の、域を超えてしまってる時もあるかもしれない。


辛いのは自分だけじゃ無い。
みんな頑張ってるし。

なんて思うこともあるけど、
人と比べてもしょうがない。


隣の芝は青くて、
綺麗で立派に見える。


けど、それは隣から見てるから。


他の人と比べても意味もキリもない。


そう思うよ。


無理かなーって時は、
誰かに甘えていいと思うよ。


甘える人いねーって時は、
ライブの時にでも俺たちが話聞くよ。


今日もみなさまお疲れ様でした。


小顔を目指そうかと思い始めた久保でした。




dYi9ykPp1G.JPG
次のシーズンのアー写撮った時、
比べて変化が出るようになったら、
俺が通い始めたんだと察してください。

↑このページのトップへ