人生のピークはもう過ぎた。

新しいことに挑戦するのにはもう遅い。


僕はこんな考えにすこぶる反対派で、
ずっと今からだってなんだって出来る!
と、主張し続けてるんですけど、

なにぶん僕は目に見えるわかりやすい結果を持ってないんで、
いまいち説得力に欠けるところがある、とは思っています。
悔しいところ。


だけど、そんな僕の背中を押してくれるような研究結果を見つけました。


---
知能に限って言えば、今後、新たな能力のピークを迎えられる可能性がある。
他人の感情を推し量る能力、あるいは基本的な計算能力のように、中年期もしくはそれ以降までピークに達しないものもある。
---

冒頭を抜粋しました。

この記事によると、

・集中力のピークを迎えるのは43歳。
・感情を読み取る能力のピークを迎えるのは48歳。
・計算能力のピークを迎えるのは50歳。
・新しい情報を学び、理解する能力のピークを迎えるのは50歳前後。

そして、
・語彙力のピークを迎えるのは67歳前後。


33歳なんて全然じゃん!
俺のキーになる能力値がピークを迎えるのは、今から15年〜20年後。
今はまだ赤ちゃんみたいなもんだな。

さらに、語彙力のピークが67歳。
歌詞、文章、言葉を発信することを生業にしようとしている33歳の僕からしたら、34年後。
まだピークに向かう半分にしか達してない。

俺、これから過ぎる!
希望の塊。


20年努力し続けたら、
ピーク迎える時は俺凄いことになれるんじゃない?


すごく希望を感じる話でした。
ありがとう科学。


俺たちの未来を明るくするのは俺たちだ。