30代の身体になったからなのかどうか、
それはわからないけど、大盛りにしなくなりました。

大盛り無料で大盛りにしない理由がわかんなかったけど、
最近すっかり「普通で」とすんなり言うようになりました。

替え玉無料もしなくなった。
これが大人になると言うことなのか…!
一抹の切なさを感じる今日この頃。


多分食が細くなったわけじゃないと思う。
食べようと思えば多分食べれる。
けど、お腹いっぱいになることが満足の基準じゃなくなったのかも。


それと同じく、
ちょっとずつ出てくるコース料理を楽しめるようになりました。

いやー、俺大人になったわー。
(なんて思うところに田舎者の貧乏人の気質が見える)


なんとなく大人になったからって思ってたんだけど、
今日調べていて、これは科学的に根拠があるんだと言うことを知りました。

「マインドフルネス」のひとつみたい。

マインドフルネスって概念は超難しくて俺もよくわかんないから、もうちょっと理解してから偉そうに書くね。


この食事の話で言うと、
一つ一つ今自分が今何を食べているのか、
何を味わっているのかに気づきを得れるようになってるって事みたい。

一つ一つの気づきを得る事によって、
そこに実感を感じることができるから満足感を得れる。
だから、量が少ない!って思わないらしい。


食事を「満腹になる」ってことを目的にしちゃうと、
食事から気づきを得られず、ひたすらドカ食いしちゃう。
無心で何も考えずに。
だから、量が必要になる。

「盛り上がること」が目的の飲み会でお酒を飲み過ぎてしまうのも同じ理屈なのかも。


一つ一つをしっかり感じて、気づきを得ると、
少ない量で満足するから、ドカ食いしなくて済んで、
結果、やせる。

なんてことにも繋がってくるのかも。


ついつい何も考えずにぼーっとしてしまいがちなんだけど、
一つ一つのことに発見を見つけて、気づきを得て、
いろんなことに向き合ってるとより深く感じれるようになるんだなあ。


意味と理由と発見で、
僕らの暮らしは今より少し濃くて深いものになれるかも。