非常に日本人的な話なんだけど、
ついつい自分を責めてしまうってことはあります?

国民性とか、県民性とか、血液型がどうとか、
俺は全く気にしないタイプなんだけど、
やっぱり日本人には多いらしい。

何か良くないことが起きると、
自分の中に責任を押し付けてしまう国民性らしい。

その割に、成功しても自分の頑張りだ!ってなかなか素直に思えなかったりね。

人ってぶきっちょだね。

多分、自分で自分を評価することが、良くないことって感覚が染み付いてるのかも知れない。

日本で暮らすと「自画自賛」「自意識過剰」とか、
そんな言葉がネガティブな使われ方しかしてこないから、そりゃそうだよな。しょうがない。

だけど、
ちょっと過剰に自分のことを責めすぎな人もいる気がします。

上手いこといったら、自分をどんどん褒めればいいし、
達成したよ!ってことを声に出していい。

ピロウズ大先生も
「君の夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ」
っておっしゃっていますし。


ほんと名曲。ファニーバニー。


うまく自分を評価してあげたり、責めないようにすることが出来ないって人は、

自分に起きた出来事を、
「何故いい結果になったか」
「自分は何を頑張ったか」
ってのを書き出してみるといいらしいよ。


どんなに小さいことでも、
「あ、自分って思ってたよりちゃんと出来てる!」って
気持ちを確認することができるみたい。


家を一度出ると世の中は冷たいことばっかりだからだから、
自分くらいは自分に優しくしてあげたらいいね。