今日はボイトレ&ギター班リハの日。

リハ終わりでサポートギターの一道くんと健人の個展に行ってきました。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2205.HEIC
名刺かわいい。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2207.HEIC
プレゼント企画を宣伝してる一道くん。


今回のmade by KENT KUBO展では「カスタムポーチ」と言うものがあります。


生地をお客さんが自由に選べて、
その場でハンドメイドで作ってくれるというもの。
ミシンを使って作業してるところって俺らも見たことなくってすごく新鮮だった。

作ってるところずっと見てしまっていた。

目の前で自分のために作ってるのをみるのってめっちゃエンタメ要素強い。


世の中が便利になるスピードは目まぐるしくて、
ついていくのが精一杯なほど。
すっかり、便利で、効率的で、コスパよいものが何よりだと思っていた。

だけど、便利なものが増えた一方、その反動で「手間」と言うものに価値が生まれてきている気がする。


手間がかかると愛着がわく。
完成の過程を見届けると気持ちがこもる。


便利さで言えばYouTubeとApple Musicで娯楽は事足りるのに、それでもライブハウスを選んでしまう僕らもそのひとつなのかも。


温度感って言うものが僕らには今必要なのかもね。


これはもっとたくさんの人に味わってもらいたい。


Crahs企画の時とかもやってもらおうかな。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2191.JPG


とても便利な完成品より、
自分達で愛を込めて作る「時間」「空間」「体験」にワクワクします。


Crahs楽しいー!