おはようございます。久保です。

山ちゃんハッピーニュースによって日本ちょっと明るい気がしますが、東京も梅雨入りするみたい。
ジメジメくるねー。
今年は去年みたいな雨での被害が無いように祈るばかり。自然って恐い。

自然の恐怖ってのはどうやってもしょうがないんだけど、
人は人が意識するだけで変われると思ってるんです。

なのに、Twitterで喧嘩するやつはほんと喧嘩好きね。


燃え上がる火を囲んでえっさほいさとキャンプファイヤーでもしてるのかな。


違法音楽アプリの件とか、
大企業のパタハラの件とかね。


ここ数日ずっと燃え上がってる。


議論までは良いと思う。
話をするのはすごく大事。意識にも繋がるし。


だけど、度を超えてる場合もあるんじゃない?って思います。


意見を戦わせるなら、建設的な道を選びたいよね。


相手を言い負かす、
自分の正当性を証明する、

そんなことのために喧嘩してないですか?って思う。


意見を戦わせたお陰で、
どんなに小さくても新しい気づき、解決策にたどり着いたねってなるのがいい。
みんながそう思えばもう少し傷つく人は減るんじゃないの?って思います。


優しさを大前提に持って、人と人、向き合おうよ。


深呼吸、深呼吸。

イライラした時は、もくもくちゃん見よ。
はあ、優しい。

おはようございます!
ブログも朝更新する派に派閥替えした久保です。


まさかの2デイズ山ちゃんです。

昨日は記者会見をフルで見ました。

生まれて初めてフルで見るなんて事をしました。
めちゃくちゃいい記者会見だった。定期的に見たい。


山ちゃん超かっこよかったー!


ほぼほぼ、ハッピーな感想しかないけど、
一つあるとすれば、

マスコミの人が「視聴者が求めてるはず」と思ってるものと、
実際に求めてるものの誤差が大きくなってる気がする。

その質問いらなくない?みたいなのが多かった印象。

世の中の空気を読めてないように感じた。
20世紀スタイルだったね。
21世紀入って20年近く経つのにね。

まあ、その分山ちゃんのかっこよさが際立ったから良いのかもだけど。


一番印象的だったのは、しずちゃんが言ったという
「真面目に頑張ったらいい事あるんだ」という言葉。


正直者が馬鹿を見るなんて言葉があるけど、
そんな言葉はもうとっくに賞味期限切れです。


俺は、真面目なだけで面白くないとか言われたこともあるけど、
この性格も悪くないのではとちょっと思いました。


まっすぐ真面目にやっていいんだね。


週も折り返し。
今日も皆様にとってのいい一日になりますように。


明日の夜は八王子パピビートでライブ!
楽しみ!頑張る!

2019/6/7(金)@八王子papabeat
開場18:30/開演19:00
1900円(drink別途)

Crahs(兄弟2人編成)/左右田真司/青山亮/間一訓/ツジケイタ

我々は、3番手の20:10から!
弾き語り+カホンの2人編成!

最近朝頑張るタイプになってきたんで、
とことん朝に頑張って、その分夜ダラダラしよう作戦を立ててます。

というわけでブログも朝更新。

最近、朝は5時半くらいに起きてるんですけども、
今日も同じくそのくらいにのそりと起床。

良いのか悪いのか、
無意識の癖でスマホを手に取りニュースを開きました。


そしたら、皆さんご存知、南海山ちゃんの大ニュース。
すごいね!


「ただしイケメンに限る」って言葉で逃げてちゃダメね。
死ぬほど頑張ると、その結果魅力的な人になって、
その魅力が相手に伝わるものなのかもね。

くさってるみんな!一緒に努力しような。


このニュースを見て思い出したのは、
少し前に放送されていたしくじり先生。

南海キャンディーズが引くほど仲悪かった時代の話でした。


嫉妬、僻み、責任転嫁でこんなに人と人は離れるものなのかって思った。


だけど、蒼井優さんを紹介したのは相方のしずちゃんらしい。

それほど仲悪かった相方に紹介出来るって、
ものすごい心の変化が起きたんだなって思った。


しくじり先生の時も、まっすぐ当時を謝罪していたり、
今では単独ライブをやってめちゃくちゃ楽しかった!というほどらしいから、

人間関係ってのは本当に変化するものなんだな。


まっすぐ、誠実に、優しさと尊敬を持って向き合えば、
関わるみんなが幸せになるような人と人との連鎖が起きるもんなんだということを知りました。


変わる事を「ブレる」と言って人は批判しがち。
だけど、良い方向に変わるなら、人はブレて良い。

僕はそう思ってます。


右行ったり、左行ったり。
間違ったら、謝ったり。
斜に構えていたのなら、まっすぐと向き合ったり。


今日も昨日よりいい人間になれるように暮らしていきたい。


今日もいい日にしましょ。

↑このページのトップへ