市場のようなフェスティバルをしたい。
ここ数年のずっと思い続けている。

フェスも好きだが、
フェスティバルがいいんだ。

大きなフェスに出たいという気持ちももちろんある。憧れる。目標でもある。
でも、自分でフェスティバルを作りたいんだ。

僕は好きなものとか、興味のあることとかがすごく多いし、更に年々、日々増え続けている。
やりたいこともどんどん増える。

それを全部詰め込んだようなフェスティバルを作りたいという夢。
毎日のように見ている。




休日。晴れの日がいい。
街中の公園。
都会の森が僕達の待ち合わせ場所だ。

ビルと木々の隙間を覗くと、
太陽は真上をめがけて進む。

しっかりと伸びる道の上、たくさんの出店のテントが並んでいる。

暑い日なら冷たいカフェラテが飲みたい。
カラカラと氷がなるアイスティーもいいな。
SとかMじゃ足りないからさ、Lサイズにしよう。

早起きした分、早くもお腹が空いてくる。
まずは腹ごしらえ。何がいいかな。出店の行列は何故かどこも楽しそう。

下北沢にあるあのカレー屋のカレーが食べれたらいいな。
代官山にあるあのハンバーガーショップのチーズバーガーも捨てがたい。

中々決まらないから君が決めてくれないか?

悩んでいると、野外ステージからサウンドチェックの音が聴こえてくる。

ご飯を調達したら、音を頼りに歩いていこう。

ドラムとベースがリハーサルがてら合わせるビートに、ギターとキーボードの伴奏が乗ってくると自然と体が揺れてくる。

自分のベストポジションを見つけよう。
よく見えるところかな。よく聴こえるところかな。

野外ステージではバンドが最高のライブをしてくるわけだから、美味しいと楽しいが同時に訪れてくる。
あんまり強くないのに、お酒飲もうかな、なんて気分にさえ、なる。

振り返るとDJブースではDJが鳴らすビートに合わせてマイクリレーが続き、
テントで作られたステージではアコースティックギターの音に合わせた優しい歌が聴こえてくる。

はしゃぎ疲れて少し休憩。
テントやパラソル。都会の森が作る天井もある。以外と日陰は多いのかもしれない。

休憩がてら少し歩こう。

テントが続き、たくさんのクリエイターが、こだわりの品々を並べている。
割に合わないような時間をかけて一つ一つ作られたんだろうと思われる品々。

それでも、キラキラした目で商品を選んでいくお客さんを見る顔はとても豊かだ。

歩いて進む先には、
古着屋、雑貨屋、靴屋、帽子屋。
レコードショップの出張店舗も並んでいる。

逆を進んでみると、ワークショップのテントも連なる。

ボディペインターもいるし、プロのカメラマンによる撮影体験をやっているようだった。
作家やミュージシャンによる即興作曲のワークショップ、トークショーなんかももう少ししたらあるみたい。

休憩のつもりが歩き回っていたら小腹が空いてきてしまった。

なんだか、ステージの方からは聴き覚えのある管楽器の音色が聴こえてくる。

さっきのところに戻ってみよう。
飲み物は何にする?

交錯するのは、笑い声と、話し声と、歌声。

太陽が駆け足に下り出しても賑やかさは変わらない。

赤く染まるビルと木々の隙間、
吊るされたランプをそろそろ灯そう。

街の中の森がぼんやりと光り出した頃には、
みんなで踊ろう。下手くそでもいいよ。

まだまだフェスティバルは続いていく。



こんな時間を、空間を、君と作りたい。僕の夢だ。

お金も時間も経験も技術も知識も必要。
それでも、諦めてる暇はないよな。

この街で暮らす僕らは、
イマジネーションを広げよう。
その向こうに未来を作ろう。

そのための一つ一つ。
まずは明日から。


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0041.JPG
ポップバンドCrahsのプロデュースするアパレル/ハンドメイドウェアショップ「暮人」が出展!

いよいよ明日から!!

◆「ハンドメイドインジャパンフェス2017」
日程:2017/7/22(土)〜2017/7/23(日)
会場:東京ビッグサイト
時間:両日11:00〜19:00
ブース番号:D-29
※7/23(日)はライブステージに、ライブ出演もあり!(12:10〜)
共演は、トクマルシューゴ、LUCKY TAPES、SOIL&"PIMP"SESSIONSなどビッグアーティスト多数!

◆「真夏のデザインフェスタ2017」
日程:2017/8/5(土)〜2017/8/6(日)
会場:東京ビッグサイト
時間:両日11:00〜19:00
ブース番号:A-257

人間は一人では生きていけない。



なんて、生後2日目の赤子にすら「何を今更」なんて言われてしまいそう。

今日はそんな道徳的な話ではなく、
モノづくりは分業によって成り立つという話。

作詞作曲、アレンジ、ライブ、レコーディング。
加えて、それに伴う練習やリハーサル。

ミュージシャンのミュージシャンらしい作業は、企業で言うところの「商品開発部」の仕事。


なんて話は、よくされる話。

企業には他にも経理がいたり、営業がいたり、広報がいたり。

バンドが活動していくには同じように必要な役割がたくさんある。

だが、運良く俺は割と「ミュージシャンらしい作業」以外の作業も好きだったりする。

どうやったらこのバンドのことを知ってくれるかな?
どうやったらみんなが来てくれて、一緒に楽しめるかな?

なんてことは、毎日考えている。
これ、ほんと好きで良かったと思う。

考えることが多すぎて、頭が火を噴きそうなくらい忙しくても、苦しいと感じないのは一つの才能かななんて。
好きなことって無謀だけど強い。

俺は考えることは好きだけど、
時間は有限で、身体も一つ。

何でもかんでも自分で出来るような才能はない。

曲は書けるけど、絵は描けない。

ホームページは作れるけど、バッグは作れない。

文章書くのは好きだけど、写真を撮るのは苦手だ。

ギターは弾けるけど、
ベースもドラムもサックスもピアノも弾けない。


Crahsは、服とかバッグとかポーチも作っちゃうバンド。

服のデザインは色々だけど、
ハンドメイドウェアは全部ケントが、布を買って切って縫って作ってる。
100パーセント手作業、業者さんへの発注は一切なしなのだ。

俺は、ボタンのほつれも直せないほどだし、
家庭科の授業に出た記憶すらない。
(出てないはずはないのだけど。)


それならば、分業である。

服とかハンドメイドウェアは作るだけでは、誰かの手元まで届かない。

何を、どうやって、どこに届けるか。
考えることはたくさんある。

ケントが、身を粉にして作ったたくさんのハンドメイドウェア。

手前味噌ながら、一切の迷いなく自慢できる商品しかない。

ケントの身が粉になるまでミシンに向かったのなら、
俺は脳みそが粉になるまで、フル回転させて届け方を考える。

それに、メンバーがいいモノづくりをしてくると、
俺だって!と、作曲が燃えるという好都合な副作用もある。便利。

そういうチームです。Crahs。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0026.JPG
Crahsのプロデュースするアパレル/ハンドメイドウェアショップ「暮人」が出店!

◆「ハンドメイドインジャパンフェス2017」
日程:2017/7/22(土)〜2017/7/23(日)
会場:東京ビッグサイト
時間:両日11:00〜19:00
ブース番号:D-29
※7/23(日)はライブステージに、ライブ出演もあり!(12:10〜)

◆「真夏のデザインフェスタ2017」
日程:2017/8/5(土)〜2017/8/6(日)
会場:東京ビッグサイト
時間:両日11:00〜19:00
ブース番号:A-257

好きなもの、嫌いなもの。たくさんある。

我ながら好きなもの結構多い方だと思う。好奇心とか興味が強いのかもしれない。

そして、嫌いなものはといえば、それはもう、相当ある。
ヘイトを原動力にすることもある。割と怒りん坊な方である。人間だもの。

嫌いなものって大体ずっと嫌いだけど、
好きなものは一定周期で変わったりする。食の好みとか。服の好みとか。

子供の頃からずっと好きなものって何かあるんだろうかって考えてみたことがある。

けど、なかった。
音楽もせいぜい15,6年くらい。人生の半分くらいなもんだ。

でもね、子供の頃好きだったもの、10年前好きだったもの、今好きなもの。
それらの共通点を2つ見つけたんです。

その1つは、好きだったもの達はほとんどが「モノづくり」だったということ。
(もう1つの共通点は別の記事でそのうち。)

何かを作るってことは記憶にある限り幼い頃からずっと好きだったみたい。


そもそも、クボ家はモノつくりたがり家系のようで。

じいちゃんは家を作っていたらしい。ばあちゃんは服を作っていたらしい。

父親は、舞台の作る仕事で、大道具小道具色々作っていた。

母親は、バレエを教えていたから振り付けとかを作っていたんだろう。

弟達は、一人はCrahsのドラマーなので割愛するが、
もう一人の弟は料理を作っている。(クボ家は3兄弟です。)


そんなクボ家が2/3を占めているCrahs。
まあ、音楽以外のものも作りたくなるのも必然ってことなんだろうなと。

Crahsはポップバンド。
しかし、バンドにしてはちょっとバンドらしくないものまで作りまくりなのです。
でも、それが不自然なものかというとそんなことは全くなくて。

僕らが音楽を始めた時、バンドを始めた時、ただただ音を出すことにワクワクした。

僕らが初めてライブをした時、初めてCDを作った時、受け取って喜んでくれる人に初めて出会った時、僕らの作った音楽でワクワクしてもらえることがとても嬉しかった。

それと同じ。

こんなバッグがあったら、買い物行く時楽しいな、とか。
イヤホンを入れるケースが可愛かったら、一人で出かける時もウキウキしちゃうな、とか。

これを作って届けたら、みんなはワクワクするかな、とか。
これを使ったら、みんなの通勤時間が昨日までより楽しくなるかな、とか。

音楽を作るのも、バッグを作るのも、服を作るのも、気持ちは全部一緒。

この夏は、僕らのモノづくりを直接見せれる場がたくさん。

ハンドメイドインジャパンフェス、真夏のデザインフェスタ。
そして、Crahsの主催イベント「IDOBATA」

みんなをワクワクさせたいという一心で準備しています。

これは見せたらみんな楽しんでくれるぞ〜!
なんて、想像するだけで頑張れたりもしています。

待ってますから、会いに来てね。楽しくなる話をたくさんしましょう。



Crahsのプロデュースするアパレル/ハンドメイドウェアショップ「暮人」が出店!

◆「ハンドメイドインジャパンフェス2017」
日程:2017/7/22(土)〜2017/7/23(日)
会場:東京ビッグサイト
時間:両日11:00〜19:00
ブース番号:D-29
※7/23(日)はライブステージに、ライブ出演もあり!(12:10〜)

◆「真夏のデザインフェスタ2017」
日程:2017/8/5(土)〜2017/8/6(日)
会場:東京ビッグサイト
時間:両日11:00〜19:00
ブース番号:A-257

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0005.JPG

↑このページのトップへ