ネットが子供達に悪影響を与えている。
SNSが犯罪の温床だ。

とか、ここ10年15年散々扱われている話題で、多分何万回と議論されているんだろうけど、いまいち結果が腑に落ちてない気がする。

納得いってないって言うより、両方の言い分は理解できるし正しい。
けど、ほんとそれだけなんだっけ?
って思う。


色んな原因があるんだろうけど、
個人的に一番の原因は、大人が最新のテクノロジーに詳しくないせいだと思ってる。

大人が使い方とか仕組みをいまいちわかってないから、子供に具体的に教えてあげれないんじゃないか。

「最近のものにはついていけないわ〜」

なんて、何十年も前から言われ続けている年寄りのテンプレートに従って大人を気取る暇があるなら、子供より先に最新のテクノロジーを勉強すべきだ。

大人より子供が先に詳しくなってしまうんだから、大人の想定外のアクシデントに巻き込まれるのは当たり前のことのはずだ。

これから大人になる人、親になる人に
この考えが響けばいいけど。

「知らない」「わからない」「ついていけてない」
そんなことをドヤってないかい?

それ、みっともないぜ。

現時点「知らない」ことがみっともないわけじゃないぞ。
「知らない」ことをドヤって、「知る」ことを投げ出してるそのスタンスがみっともないってことだからな。勘違いすんなよ。

「今」ってもんは事実を見つめるしかない。
それ以上にもそれ以下にもなりようがない。
だって既にもうここにあるんだもん。

変えれるのは「次の一歩」だ。

俺は新しいものに詳しいおっちゃんを目指すぜ。

昨日は37度超えたらしいよ。東京。

なんだよ、37度って。微熱かよ。

昨日はね、ライブのフライヤーを持って色んなところを回ってたもんで、
僕には猛暑の被害が直撃してました。

地道だし効果あるのかわかんなくなる時もあるけど、直接出向くってのが大事だと思ってるんで、黙々とやってます。

8/30来てよな!
てか、ライブ全部来てよな!

猛暑の中歩くには水分と自分へのご褒美が必須だなと思いまして、突然現れるスタバの誘惑にまんまと屈しました。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0119.JPG

ベンティサイズのアイスティー。

スタバでは最近もっぱらアイスティー(ブラック)です。

美味しいよ。

ジリジリ焼けて、見た目は夏満喫してる感じになってるけど、海も山も行ってないしBBQもキャンプもやってない。里帰りもしてない。

それでも、8/30が俺の夏を全て賄ってくれる。

俺たちの夏は8/30の下北沢クラブキューにある。

本当に来てね!まじで!
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0101.JPG
夏の終わりのCrahs企画!

日程 2017/8/30(水)
会場 下北沢CLUB Que
出演 Crahs、D.W.ニコルズ、しなまゆ、lyric note.
チケット 3,000円(+1ドリンクオーダー500円)

チケットは、イープラス、ローチケ、CrahsのHPメール予約などなど。

いや、正確には、俺が勘違いされやすい。


もう何年も前になるが、こんな会話をしたことがある。

「俺は、ELLEGARDEN(エルレガーデン)が大好きでさ、青春といえばエルレ。みたいな。

高校生の時にバンド始めた時は、自分が歌うとか微塵も思ってなかったから、ギタリストとしてバンドマンになったんだけど、

細美さんがあまりにもかっこ良すぎて、憧れすぎて、細美さんになりたくてボーカルになりたいって思ったんだよね。

だけどいざなってみると、俺は細美さんにはなれないって気付いちゃって、自分がなれるスタイルを探して今のスタイルなんだよね。」

ってこと。

そしたら、

やりたいことを諦めるなんて!
やりたくないことをやってるなんて!

という素っ頓狂なことを言い出した。


へ??????


である。


ピッチャーに憧れて野球始めたけど、
一番向いてるのがキャッチャーで、キャッチャーに転向した場合にもそれを言うのかな?


ダウンタウンに憧れて芸人を目指したけど、
一番向いてるのが放送作家で、舞台には立たずに裏からお笑いを届ける道を選んだ人にもそれを言うのかな?


表面的な事でしか物事を判断できないから、
そう言う思考になるんだよな。


重要なのは、

「自分の気持ちを音楽に変換して歌い、届ける」
「野球で最高のプレーする」
「みんなをお笑いで楽しませる」

って言う本質のところであって、
それ以降はあくまでも手段の話なんすよ。


それと同じく、
「バンドマンらしい、バンドマンっぽい活動」に憧れすぎてるバンドマンが多すぎる気がするよ。


もし、「バンドマンになりたい」という動機で音楽を始めて、
今も「バンドマンっぽいバンドマンでいたい」という気持ちが根幹で、本質なのであればそれで大いに結構だ。

むしろ清々しい。


でも、僕は始まりこそ「あの人みたいなバンドマンになりたい」という憧れが動機ではあるが、

音楽をやる中で
「自分が作る音楽を自分で歌って発信したい」
「自分だからこそできる発信を見つけたい」
「音楽が愛しすぎるから一生ミュージシャンでありたい」

という気持ちが核になった。

そして、

「音楽を通して出会った人たちが戻りたくなった時に戻れる場所でありたい。ずっと。」

音楽をやっている本質はここだ。

それ以外は手段でしかない。

だから、俺は「バンドマンっぽい活動」という考えが根底にある行動には全く興味がない。

そこを見て、

なんだか変な活動してんなとか、
のんびりまったりやってるよねとか、
楽しめる範囲でやってていいねとか。


へ???????


である。


節穴どもめ。

お前らよりも音楽への愛は1億倍深いわ。
浅はかな価値観で俺の野望を値踏みするな。


絶対に売れたい。
絶対に売りたい。

メラメラ。


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0078.JPG

↑このページのトップへ