先日飲みに言ったお店の入り口に立てられてた看板がなんともセンスがありました。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1544.HEIC

外見は確かに常連さん向けみたいな雰囲気を放ってはいたけど、中に入るととても居心地の良い店でした。

勇気出して良かったー!

さすが、看板にセンスが溢れてるだけのことはある。

角度のせいで光で飛んじゃってたけど、こんな看板もあり。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1543.HEIC

会話できなかったけど、お店の人絶対良いおっさんに違いない。


飲み屋って、お酒飲めなくても、楽しい。
俺はそんなにお酒強くないもんで。


遊び心はクリエイティブの原動力だなって思う。

Crahsも取り入れてこう。


僕らの暮らしは、遊んだもん勝ち。

先日、生まれて初めてオーダースーツを作りに行きました。

未知すぎて、いざ始まるまで謎だらけだった。

僕はてっきり、
身体のサイズを測って、

「じゃあ、このサイズでおねしゃす。」

「完成は◯◯日です。」

「りょ。」

みたいなもんかと思ってたんだけど、全然違った。

めっちゃくちゃ、決めることがたくさんあった。


生地、裏地

ボタンの数、距離、素材、色

袖の長さ、襟の形、ポケットの形

この10倍くらいまだ項目があって、
それぞれも更に細かく決めていった。


正直結構疲れたけど、
めちゃくちゃ楽しかった。

ポケットの形にしても、襟の形にしても、

こうするとフォーマルに見えるとか、
こうするとカジュアルに見えるとか、

たくさんのことを教えてもらった。


今までスーツを見て「なんとなく」感じてた感想の正体がすっごく理解できた。

ああ、だから、これはかっこいいって思ったんだ、とか。

ああ、だから、これは着たいって思ったんだ、とか。

ああ、だから、これは私服でも着れて、あれは着れなかったのか、とか。


こうなってくると楽しくてしょうがなくなる性分。

もっと知りたくなった。


最近こう言う風に感じることがすごく多い。


きっと、どんなものでもそう。

詳しくなると、より好きになる。

正体を知ると、もっと知りたくなる。

もしならなかったら、本当に嫌いか、知った気になってるだけでまだ入り口にいるだけか。

きっとそんなところ。


好きなものが増える瞬間って、うれしいよね。ワクワクする。


もっとワクワクしていたいから、次は何を調べよう。


色んな話が聞きたい。
もちろん、君の話も。

僕じゃない人生の話。興味あるな。

まあ、ちょっとそこに座りなよ。
何飲む?

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1540.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1541.JPG


くるりのソングラインってアルバムがほんとすごい。

何がすごいって、すごくてすごい。


いつも何かとごちゃごちゃうるさい俺が語彙力を喪失するくらいにはすごい。

去年出たアルバムを今になって聴いた。

俺はこういう時、なんでもっと早く聴かなかったんだ!

ってあんまり思わない。

今だったんだな。って思う。

偶然を信じていたりする。

ただの思い込みでも、勘違いでも、構いはしないんだけどね、

今聴くべくして聴く音楽とか、

今出会うべくして出会う人とか、

そんなものを信じてる。

早くてもダメ、遅くてもダメ。

今なんだと思う。

根拠なんてないよ。無粋なこと言うなよ。

くるりを初めて知ったのは高校生の時。

まあまあ音痴な友達がカラオケでばらの花を歌っていた。

凄まじく良かった。

そいつは変わらず音痴だったけど。

なんて良い曲なんだ!と感動した。

それからくるりは俺の中のど真ん中にはいないけど、

常にずっといる。

くるりはすごい。

↑このページのトップへ