月別アーカイブ / 2018年09月

『検察側の罪人』
(2018/8/24公開)
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3427.JPG
【ストーリー】=イオンシネマ引用=

東京地方検察庁刑事部に配属された検事の沖野啓一郎(二宮和也)は、有能で人望もある憧れのエリート検事・最上毅(木村拓哉)と同じ部署になり、懸命に仕事に取り組んでいた。あるとき、二人が担当することになった殺人事件の容疑者に、すでに時効が成立した事件の重要参考人・松倉重生が浮上する。その被害者を知っていた最上は、松倉に法の裁きを受けさせるべく執拗(しつよう)に追及するが、沖野は最上のやり方に疑問を抱き始め……。


『クローズド・ノート』『犯人に告ぐ』などの原作で知られる雫井脩介のミステリー小説を、木村拓哉と二宮和也の初共演で映画化。東京地方検察庁を舞台に、人望の厚いエリート検事と彼に心酔する新米検事がある殺人事件の捜査をめぐってすれ違い、やがて二人の正義がぶつかり合うさまが映し出される。『突入せよ!「あさま山荘」事件』などの原田眞人監督が、正義の意味を問うドラマを骨太に描き出す。木村と二宮の演技対決に注目。


【出演】

木村拓哉

二宮和也

吉高由里子

平丘大

大倉孝二

八嶋智人

音尾琢真

大場泰正

谷田歩

酒向芳

矢島健一

キムラ緑子

芦名星

山崎紘菜

松重豊

山崎努


【感想(2018/9/1鑑賞)】(★★★☆☆)
率直な感想を言うと、こんな感じか…っていう感じ(笑)。主演の2人の共演に期待し過ぎて内容は普通だった印象。
意外な場面もあったりしたけどね。
個人的に、被疑者役の酒向さんが個性的過ぎて面白くて目が離せなかった。
それを尋問で追い詰めるニノの演技も凄かった。
キムタクも迫真の演技をしてたんだけど、やはり演技対決に関してはニノに軍配が上がったかな。
内容に関してはキムタクが出てて尚且つ同じ検事物の話ならHEROの方がよっぽど面白いと思う。
まぁ今回は2人の初共演が観たかったから良しとしよう(笑)。



検察側の罪人

儲かりまっか?

ボチボチでんなぁ。

ってなわけでブログの長い夏休みも終わったのでボチボチ再開することにする。

お待た〜♡🎵
って誰も待ってねーってか

とりあえずどうでもいい私の近況報告をば。

この空白の間、特にな〜んにもしてません

息だけはしておりました。


昨日は仕事帰りにチョイ呑み。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3423.HEIC
安定の生🍺に大レバー串と肉味噌もやし。
焼鳥は他に好物のハツと砂肝を頼んだんだけど、砂肝が売り切れになっちゃってお詫びということで唐揚げをサービスしてくれた〜😂
uXC5fva_OG.jpg
ラッキー🤞つ〜いてるね の〜ってるね🎵

そんでもって先程ヘアーをカットしてきたでござる。初めてヘッドスパ&軽い首肩マッサージも付けてみた。 気持ち良かった〜
いつもシャンプーの時にお痒いところはありますか⁉️って聞かれて、大丈夫です…と言ってしまうのは何故だろう…。

歩きタバコをしてポイ捨てをしやがったオッサンを追いかけて「落し物ですよ!」って言ってつき返せるのに、痒いところ聞かれただけで素直に「左後頭部が痒いです。」って言えない私に勇気を下さい。

はい、どうでもいいですね〜w

こんなブログをラーメン🍜を食べ終えた今、ポチポチと入力しております。
8SPRWZ_voA.jpg
ポチポチでんなぁ。(やかましいわ!)

では今からキムタクとニノに会ってくるのでこの辺で👋


↑このページのトップへ