こんにちは!
永遠ダイエッター楠本あずさです。

2016-04-16-23-05-14


今回は「満腹感を得ること」についてお話したいと思います…!
皆さん、きっとダイエットをしている中で考えることって結構矛盾してるんです。

カロリーを制限しなきゃならない!
だからあれもこれも食べちゃいけない!


でも、栄養をとらないと
お肌もかさかさになるし、
体調が悪くなるし、
仕事が捗らないし…

 
こうして、
色んな制限をしてみる→身体の不調を感じる→栄養不足と思って食べる→リバウンド
繰り返しがちな展開です。(経験談)


ダイエットでよく見かけるワード
糖質 炭水化物 脂質 血糖値 

これ、すべてカロリーが高い、脂肪になりやすい、
太りやすいワードとしてよく使用されているように思います。
実際のところ私もそんな風に捉えていました。

だから、とにかく上のワードに関連するものをカットする生活…!
だけど、この上の4つのワードって実は
身体はもちろんそして心の満腹感を得るのに非常に重要なキーワードなんですね。


だからこの4つが足りてないと満腹感を得られにくく
過食につながりやすいんです…

満腹感って二つあると思っていて
質量的な満腹感(本当にもうお腹に入らない・苦しい)
気持ち的な満腹感(お腹はそこまで膨らんでないけどもういらないかな…な感覚)


ダイエットしてるひとって前者になりやすくて
後者にはなりずらいんです!!
後者の満腹感を得る=自分の胃袋の適正量の食事に抑えられる=痩せます。

***

さて。
少し前置きが長くなりましたがここからが本題。

後者の満腹感を得るにはどうすればいいか。

そこで登場するのが今回のテーマ、
チョコレート!

チョコレートって甘くてダイエットとはまったく正反対のイメージを持ってる方が多いと思います。
ここで私の最近の食生活を見てみましょう…

朝 チョコレート・カフェオレ
昼 なし
夜 普通にご飯(和食中心に食べたいもの)・チョコレート


更に前までの食生活(糖質制限中)

朝昼 卵、肉(多い)、チーズ
夜 肉、野菜、チーズ、卵
(いわゆるMEC食、そして糖質制限食。肉は牛肉、鶏肉、豚肉関係なくその時安いものを食べていました。)


さて、上と下で比べてみると明らかに食べてるものの質的には下が良いように感じますが、
私自身、満腹感を得られ心的にも体調的にも調子が良かったのは
なんと前者なんですね…!


ただ、あくまでこのダイエット法は
前回のブログで書いた私の適性に基づいたもとだと思います!!
洋梨型体型(脂質下半身太り)の人にオススメしたいダイエットなので
そちらを踏まえた上で読んでください…!

りんご型(糖質、内臓脂肪太り)の方(特に男性)は後者の食生活が適正だと思っています。
(こちらもいつかお話できたらいいかな…)



話が少しそれましたが、
ここで出てくる問題がいくつかあります。

●お腹がすく事はないの?
●食事が少ないと栄養が足りなかったり、便秘にならないの?
●綺麗に痩せないんじゃないの?
●チョコレートって脂質が多いんじゃ…

等疑問がたくさん!
この中でも今回は
「お腹がすく事はないの?」
についてお話します!!!

前置きでも話しました…
満腹感を得るために必要なキーワードの中でも
今回注目したいのは「血糖値」

低GI値ダイエットというものがありまして、
こちらは血糖値の上昇を緩やかにしやすい食品(低GI食品) 
を積極的に摂取して、満腹感を得やすくしよう。
満腹感の持続を狙って1日トータルでの食欲を抑えよう
っていうダイエット法です。

今回はその逆の発想を狙います。

血糖値の上昇=満腹感
というのならば!

急激に血糖値を上昇させる=少量の食事で満腹感を得る
方法はいかがなのか!!!

グラフにしてみると…
image
こんな感じ!
→が各々の食品の血糖値の上昇の仕方です。
わかりますかな?

満腹感を得るだけなら、
血糖値を急上昇させる食べ物(炭水化物、糖質を多く含むもの)
で事足りるって訳です…

でも
じゃあ、甘いものや炭水化物ばっかり食べてたらいいんじゃない?
って思う方もいらっしゃると思います。
その中で何故、私がチョコレートを選ぶのか。
その理由については次回のブログで語りたいと思います…✧

***

ダイエット、美容テーマに限り、
質問あればコメントで受付たいと思います(*・ω・)ノ 
不明な点があったら聞いてくださいね
独学で答えれる範囲でお答えさせて頂きます