舞台「K」第2章、
お陰様で千秋楽を迎えることができました。

まず最初に、
大千秋楽の公演で、
雪染菊理役の金魚わかなが
体調不良により出演辞退となり、 
万全の状態でいつも通りの作品をお届けできず、
大変申し訳ありませんでした。

本当に皆様の温かい声援があったからこそ
迎えられた千秋楽です。
本当にほんとうにありがとうございました。

私自身、舞台経験も浅く、
今回の舞台で学ぶ事ばかりでした。

キャストの皆さん、
スタッフさん、
末満さん、
Kに携わるすべての方に
本当に沢山助けていただいて、
どうにか初日を迎えて、
そして、
見に来てくださった方の
ご声援、温かい拍手が私の背中を押してくれました。
本当に皆さんのおかげで私は前を向いて公演中、頑張れたと思います。
 
大阪は私にとって出身地以外にも
思い入れのある場所で、
過去の活動の拠点となった場所でした。
そこでも私の背中を押してくれたのは
わずか数人の温かい拍手と応援でした。
どこの誰かもわからない私を一生懸命応援してくれる人たちがそこにはいて、
その人たちが居たから私は今ここにいます。

今回、舞台「K」を終えて思う事は
やっぱり同じでした。
皆さんの応援があって私たちは成り立つものだということ。
だから私達はその時にできる精一杯を届け続けることなんだと、
そう思いました。
 
これからも、
皆さんの心にネコとしての楠本あずさが
少しでも残って居てくれたらこの上なく嬉しいです。

携わってくださった関係者の皆様、
劇場を通して、舞台「K」を通して出会って下さった皆様、
本当にほんとうにありがとうございました。

私は、この舞台「K」の経験を
毎公演の皆さんの拍手を、
最後にスタンディングオベーションを頂いたあの景色を、
温かい声援を、忘れずに。力に変えて。
今まで通りこれからも
私は私らしく頑張っていきます(*・ω・)ノ

本当に皆さん、
ありがと~~~!!!
そして、
楠本あずさをこれからも宜しくお願いします!

にゃー♪

ネコ
楠本あずさ

image