先日のバッハ「G線上のアリア」、
続きを違うアプローチで試みたのですが…