先週末はやついフェスだった。

2日目。

タイムテーブルはこんな感じだった。

【keipo info】
1:30-9:30 dream
9:30-11:30 homechill
11:30-12:30 train
12:30-13:00 chill(uogashi nihonichi)
13:00-14:30 streetchill
14:30-15:00 live(爆乳ヤンキー)
15:00-15:30 live(ONIGAWARA)
15:30-16:00 live(sora tob sakana)
16:00-16:40 live(桜エビ~ず)
17:00-17:45 sales&check it
17:45-18:10 ice
18:10-18:50 live(脇田もなり)
19:00-19:40 live(Negicco)
19:40-20:20 chill
20:30-21:10 live(東京女子流)
21:10-22:00 chill(tenkasushi)
22:00-22:30 streetchill


この日は友だちがいっぱい来るということで、ギュウ農以来にみんなで桜エビ~ずを見れるということですごい楽しみにしていた。
しかし、桜エビ~ず(校長)側はギュウ農の時とは違ってあまり気合が入ってるような感じがなくてちょっと不安があった。

朝起たとき、昨日お酒を結構飲んで眠りが浅かったからかめちゃくちゃ長い夢を見た。(夜の飲み会~朝4:20までの約7時間を夢の中ですごした)

_20190616_230821.JPG
_20190616_230850.JPG
_20190616_230907.JPG
9:30ごろ起きて録音したバナナムーンを聴いたり、カレーを食べたりしてから渋谷へ。

あらきんと待ち合わせして天下寿司へ向かったがまさかの15人待ちで全然入れなかったので近くの立ち食い寿司に行った。

魚がし日本一というチェーンのお店なんだけど、会社の近くにもあるので週1で行っている。
LINEで毎週クーポンが付いて、週によってげそとかサーモンとかが無料で食べれるのでおすすめ。

その後、ファミマでみんなと合流してチルタイム。

やっぱり友だちみんなといると楽しいんだよなぁ。

爆乳ヤンキーとかONIGAWARAとかオサカナ見て桜エビ~ずを見た。
_20190616_223605.JPG
セトリはこれだった。
あとで気づいたんだけど、40分の持ち時間で9曲もやったのすごいなぁ。

1曲目はギュウ農フェスと同じで灼熱とアイスクリーム。
ギュウ農のあとにYoutubeとか見てて気づいたんだけど、灼熱とアイスクリームは最初のイントロが重要だから(ベイベーの前のドゥンドゥルン ドゥンドゥルン ドゥンドゥルンってところ)1曲目じゃないとダメだと思ってて、それは校長も同じ考えなんだと思ってうれしかった。(校長がセトリ考えてるか知らないけど)
去年の夏Sの時の灼熱とアイスクリームの動画を見たら、なんかの曲のあとだったから歓声に消されて1番大事なイントロが聴こえなかったから1曲目かMCのあとじゃないとダメなんだよね。

あと、驚いたのが4曲目のエビバディね。
あんまりやるの予想してなかったからよかったね。
みんなで跳んだのも楽しかったなぁ。

あと、対バンではあまりやるイメージのなかったグラジェネも聴けた。
約9ヶ月の南米遠征から帰国したまっつんさんが1番好きな曲だったから良いタイミングでやってくれるなぁって思った。

最近はいつもそうなんだけど、リンドバーグで終わりかと思ったらもう1曲やる時間が残ってることに気づいて「これ、まわるまわるまわるあるぞ!」って思うんだけど、キラキラのイントロが流れて「そういえばキラキラ残ってたわ」ってなるやつだった。

キラキラをラストに持ってくるの完全にパターン化してるなぁ。

12ヶ月連続配信曲でこの日やらなかったのはまわるまわるまわる、おねがいよ、214、ねぇローファーだったけど、その4曲も名曲なので改めて12ヶ月連続配信は名曲しかないなぁって思った。


キラキラが終わって満足しちゃって荷物を持って後ろに行っちゃったんだけど、もあちゃんのばいびろーんを完全に忘れてて聞き逃したのが一番悔しかった。



ライブが終わって特典会へ。
握手とグルショに行った。
握手はもあちゃん、茜空、りじゅちゃん、みっぴ、川瀬、水春の順番だったと思う。たしか。

もあちゃんはパーカーを着ていたんだけど、なぜかみっぴと書かれたシールをパーカーに付けていて、
けいぽ「なんでみっぴって書いてあるの?」
もあちゃん「パーカー着たらみさとちゃんのだったみたいで」
けいぽ「えっ」

もあちゃんはなんでみっぴのパーカー着てたんだろう。 急いでて気づいたけどそのまま着ちゃったのかなぁ。
茜空のブログであった、なぜかもあちゃんがみんなのTシャツ持ってた事件もそうだけど、もあちゃんはよくわからない変なところがあるよなぁ。

茜空はTシャツに気づいて笑ってた。
りじゅちゃんはいつも通り。
みっぴもいつも通り「かわいい」って言ったら「知ってる」って返された。
川瀬は「髪型かわいい」って言ったら「思った」って言ってた。 川瀬のブログによると特典会で3人に髪型をほめられたらしい。 マルチャンも髪型ほめたっていってたので、3人中2人が俺らだった。
水春にはRightnowやってって言った。

握手が終わってグルショ。

グルショは今までずっと待っていた組合せ(もあちゃん、みっぴ、茜空)だった。
あらきんに言われてけいぽTを着ていったのでみんな見終わったらおりてのポーズをしてもらった。
Fotor_156082084076473.jpg
自分の立ち位置に迷って立ったりしゃがんだりを繰り返してたら茜空が爆笑してくれたので好きになった。


今思ったけど、ほぺぷにもやってもらえば良かった。



あと、アンディのグルショのみんながめちゃくちゃかわいかった。
1560674968625.jpg


桜エビ~ず終わったあとはもなりちゃんとかNegiccoとかいろいろ見た。

最後に天下寿司行ってナチュラルローソンでみんなと合流してつぶれためいてつくんを見て帰った。


桜エビ~ず良かったし、みんなにも会えて楽しい1日だったなぁ。




生写真で当たった茜空が完全にホームアローンだった。
1560675422683-6564035a-d0b9-4982-bef5-731aaf1b8f85.jpg
IMG_20190616_180312.jpg

女子流の中野サンプラザのあとくらいから何故かわからないけど、日常の何でもないときに急に理由もなく悲しくなったり泣きそうになったり生きてるのが嫌になったりしてくるようになったんだよね。

別に女子流のライブが直接関係してる訳じゃないのはわかってるんだけど、なんでこういう気持ちになるのか自分でもよくわからなくて戸惑ってたんだけどやついフェスで桜エビ~ずを見たあとに気づいた。

この現象はステレオに通ってたときもあったんだよね。

ステレオに通ってた時と今が共通してるのはめちゃくちゃ楽しいことがあるということ。

今は桜エビ~ずがとても楽しくて、ギュウ農とやついフェスでは友だちたくさんとみんなで見れたのは本当に楽しかった。

楽しさがmaxの100を越えちゃって150くらい楽しいんだよね。

それのせいで日常はこれまで通りでも相対的に数値が下がっちゃって鬱的な気持ちになるんだと思った。
例えば楽しいとき100で日常が0だとすると差が100だけど、ステレオの時と今は楽しいときが150になってるから日常は今まで通り0なのに差が150になっちゃって、日常生活が苦しく悲しく感じちゃう。

ステレオの時は、当時の会社で仲が良かった女の子がいてこういう悩みを相談することで(バカにされてたけど)解消してた気がする。

今はその女の子ももうすぐ結婚するって言ってたしあんまり連絡とってないし、こういうの悩みをどうすればいいのかって思う。


解決策としては2つあって、日常の楽しさ0をあげていくことと最高の楽しさ150を下げることがある。

1つめの日常の楽しさをあげるにはやっぱり友だちと遊ぶことがいいから(友だちと遊んでれば悲しい気持ちにならない)、そういう面でも最近よく会っていたサニーさんが無職じゃなくなっちゃうのは悲しい。

あと難しいのは基本的に1人でいることも好きだから1人の時間は欲しいんだよね。
1人部屋があるシェアハウスに友だちと住めばいいのかなぁ。


2つめの最高の楽しさを下げるのは、今の1番は桜エビ~ずをみんなで見ることなので、もう桜エビ~ずに行かないということになるけど桜エビ~ずに行かないのは悲しいのでやりたくない。(もあちゃん含めメンバーみんなのこと好きなので)

ということで何も解決できないけど、こういうモヤモヤしてる気持ちだけ書き留めておこうと思う。

こういう気持ちってみんなあるものなのかなぁ。

高橋ジョージみたいになんでもないようなことを幸せだと思えるようになれたらなぁ。


5月は映画館で3本、その他(WOWOW、NETFLIX)が5本の合計8本観た。 


①マネーショート WOWOW 70点
 
    出てくる単語が難しすぎて話が難しく感じた


②愛がなんだ アップリンク吉祥寺 70点

 愛がなんなんだよな?


③クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん WOWOW 76点
 
    最後の腕相撲は泣きそうになった


④横道世之介 NETFLIX 90点

 この映画の良さを言葉にするのはできないけどめっちゃ良い映画 観たのは2回目


⑤名探偵ピカチュウ TOHOシネマズ新宿 80点
 
   ピカチュウかわいい あとフシギダネとかもかわいい


⑥探偵はBARにいる3 WOWOW 75点

 探偵と高田の掛け合いとか全体的な雰囲気が好きな映画だけど話自体は前2作のほうが面白かったかな


⑦青の帰り道 アップリンク吉祥寺 70点

 登場人物たちが2009年に高校を卒業してて僕と全く同じ世代だった。


⑧Mr.インクレディブル WOWOW 80点 

 安定のピクサーだった。

↑このページのトップへ