こんにちは❤️


東京都北区赤羽にあります
美容室ケープラス石田です




桜もあっというまに散ってしまい🌸
上着なしでも出歩ける春の陽気になってきましたね♪


_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7714.JPG
※去年の写真です♡





皆様、いかがお過ごしでしょうか?


いま世界中が新型コロナウイルスの影響で
大変なことになっていますね。


緊急事態宣言がだされ、テレワークになっている方や出勤日数が減った方などいらっしゃると思います。


私も娘の保育園が休園になったので仕事はお休みをいただき、外出を自粛しています🙄


そんな中やっぱり髪が伸びてくると気になりますよね

特に前髪なんかうっとおしくて仕方ないし、伸びてきて気がついたらなんかいつもちょんまげにしてるなんてこともありますよね




そんな方のためにお役にたちたいと思い、

今回は前髪カット(メンテナンス)

の方法をお伝えしたいと思います!

ちょっとスーパーいくときや宅配が来たとき、テレワーク中でオンラインで会議したりする方などもいらっしゃると思います。
そんな時に前髪が伸びて気になっているのはストレスが溜まりますよね!!

わたしはふとした時に鏡に映ったちょんまげの自分をみると嫌気がさしますww



このブログで少しでも外出自粛のストレスを解消できたらなと思います


美容室にいくのは、いまはちょっと不安だなと思う方におすすめなので是非参考にしてみてください




まずは動画に撮ったので見てください♡








やり方はとても簡単そうですよね?

早速解説していきます




【用意するもの】
・はさみ
・くし
・あればクリップピン


_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2223.JPG


はじめる前に、


重要なポイントは2つあります!

①眉山(眉の一番高いところ)より外側は切らない
眉山より外側になる毛は美容室に行った時に直しやすいようにとっておいてください。
この部分を切ってしまうとあちゃー失敗した!!となる確率85%です(石田調べ)


②持ち上げたり引っ張ったりしてきらない
思ったより短くなっちゃった!となるのはこれが原因かもしれません。自然に下ろした状態でカットしていきましょう!




まずは乾かした前髪を自然に下ろします


_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2220.JPG







そしてポイント①の切ってはいけないところをよけていきます



_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2221.JPG




こんな感じです

お家にあればよけたところをクリップピンで止めましょう






そして、数回に分けて切っていきます✂︎




_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2299.JPG


上に重なる毛は外して一番下になる毛から切っていきます!





_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2274.JPG


_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2300.JPG




くしをここまでしかきらないぞというところで止めておいてハサミを縦に入れて切っていきます

ここは一番下になる毛なので短くなりすぎても次を長めに修正すれば大丈夫です



残りの髪を下ろして同様に切っていきます✂︎





これで完成です🥺


_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2301.JPG





横の長い毛は放っておいて、美容室に行った時に直してもらうためにとっておきましょう





いかがでしたか?

ポイントを抑えればセルフカットも怖くないですし簡単ですよね??



今のこの時期でなくても、普段美容室へ行くまでの間も使える技なので是非セルフカットする時に動画を見ながらやってみてください



前髪は2週間くらいで気になってくると思うので2週間に1回くらい少しずつメンテナンス程度に切っていけば、ノンストレスで過ごせると思います✨


美容室は休業要請の対象外となっていてKplusも今のところ営業はしておりますが、いまは外出自粛の世の中です。


そんな中でも少しでも皆様のお役に立てたらと思いこんなブログを書いてみました



また皆様と元気に会える時を楽しみにしています





以上、Kplus 石田でした





こんにちは🥺💓


東京都北区赤羽にあります

美容室ケープラススタイリスト石田です✂︎




2020年、新しい年を迎え

あっという間にもう2月ですね!



お正月は修善寺温泉でゆっくりのんびり子供との時間を過ごしました♨️

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1172.JPG






仕事があるからプライベートな時間も大切にできているなぁ〜と心から感じます😌💕








遅くなりましたが


本年もどうぞ宜しくお願い致します🙇‍♀️✨




さて、今回は眉毛シリーズ第二弾!!!

女性の眉毛編です🙋‍♀️💛



前回は柴田が男性の眉について書いていたので、今回は私石田が女性の眉のお話をさせていただきます😊!

前回の柴田のブログ





結論から言うと、顔のパーツで一番印象を変えてくれるところは眉毛です🤭




眉で表情が伝わったり、その人のイメージを強く表すことができるからなんです✊







例えば「厳しそうな人を描いて


というと、大体つりあがってる眉を描きますよね?あるいはゴルゴ13とか北斗の拳のケンシロウみたいな太くて凛々しい感じの眉毛ですかね?


aTuI9ClsOv.PNG_5003.JPG







反対に「優しい人を描いて

と言ったら
たれ目で、眉も並行か少し下がり気味の眉を書くと思います!!


_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1411.PNG









これは人間が他人の顔を見たときに、

優しそう厳しそう

と勝手に判断しているということです






ということは‼︎


眉毛を変えるだけで


優しそうに見せたりしっかりしているように見せたりあるいは小顔効果をだしたり…?





眉毛でコントロールできるじゃないですか!!!!



だから眉毛は重要なのです❤️






ということでまず

なりたい印象になる



ところからですね✊💕



・普段キツくみられる
・頼りなさそうにみられる
・年齢を重ねるにつれて顔つきが怖くなってきた



など様々なお悩みがあると思います


私、石田も自分で意識しているものと、伝わっている印象って変わってきているんですよね。。


特に仕事復帰した後からでしょうか?


そんな印象と言う部分ではちゃんとポイントがあるんです❤️


  


印象を変えるのには、

重要事項は2つあります!



①眉と眉の距離

②眉の型





まずは

①眉の距離

のお話から


眉と眉が離れていると

・優しい
・親しみやすい
・おおらかな印象



眉と眉が近い

・凛々しい
・意思が強い
・彫りが深く見える




ポイントは近すぎても遠すぎてもダメ

ということです





まず、基本の眉頭(眉の始まり)の位置は
小鼻の延長線上です。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1444.JPG




これを基本の眉の位置として覚えてください✏️




優しい、おおらかな印象にしたい


INkfIiP62c.jpg




このように眉頭を中心よりやや外側にかくと、やさしくおおらかな印象になります✨☺️

ただし目頭(目の始まり)よりも外側にかくと眼が離れて見えてしまうので注意してください!
(写真で言うと黄色い線より外側)






凛々しい、意志の強い印象にしたい



hKSdmgPbXu.jpg



このように基本の眉より1〜2ミリ内側に書くと凛々しく意志の強い印象になり目ヂカラがアップします。
あまり内側にかくとゴルゴ13になるのでご注意を…🙄笑




あと眉頭のポイントといえば眉頭の角度も重要です☝️


眉頭が四角いと凛々しい少しハンサムな印象になるし、眉頭にアーチがついていると女性らしい上品な優しいイメージになります😊💕



どちらも過度に角度をつけすぎると男っぽくなりすぎたりバランスが悪くなるので注意が必要です…😌




次に重要事項の2番目、



②眉の型


大きく分けると2つです
アーチが少しつくか平行型の眉か…



アーチ型

aCjk6Uq3wJ.jpg




平行型
vk2nmQMd_I.jpg





どちらも眉山と眉頭の少しの角度の違いで印象が変わります🤔🤔‼︎



大まかに言うとアーチ型の人は優しい女性らしいキュートなイメージ💜




平行眉は美人に見える、
凛とした印象になります💎



印象以外にも眉の型は
小顔に見せたりする効果があります



面長・・・平行眉

丸顔・・・アーチ型眉

ベース・・・平行眉(少し長めに)



の眉にすると小顔効果が期待できます!



あとは流行に合わせて濃くしたり薄くしたり細くしたり細くしたりと…


基本的な形をアレンジしていけばいつでも自分に似合う眉でおしゃれができます💄💛




最近の眉の傾向として、眉自体に角度がつくものはほとんどないので角度をつけるときは眉頭と眉尻に曲線つけてください🙄

急カーブすると少し古い眉になってしまうので注意して下さいね!




わたしも日によってあれ?という眉があったり同じスタッフでもえっ?という日があったりします😂

毎日なんとなく書いてるまゆでなんとなく人に与える印象が変わってるんだな〜と
このブログをかいていて改めて実感しました🤔!







『眉で印象が変えられる』




・・・伝わりましたかね?




最後にもうひとつ
美容師らしいワンポイントアドバイスです❤️✂︎

眉毛の色は髪の毛より1〜2トーンあかるくするのをお勧めします✨
同じ毛でも眉の方が濃い色に見えるので眉マスカラなどで眉を明るくするだけでも顔がパッと明るい印象、垢抜けた印象になります🥺💕






まだまだ伝えきれなかったこともありますので是非一度お店で眉カット試してみてください😁!


かき方などのアドバイスもさせていただきます😘💕





最後まで読んでいただきありがとうございました🙇‍♀️


こんにちは

東京北区赤羽にある美容室Kplus石田葵です



石田、最近おしゃれになったね〜!!と
評判です(だれから?w)
妊娠中〜産後数ヶ月はなにもやる気にならず服も買わないしメイクもほぼほぼしない毎日が続いておりましたしかし、仕事復帰に向けて服を買ったりメイク道具を買ったりと気持ちを上げていって自分の身の回りをきれいにするのがとても楽しくなりました

仕事の為でも毎日メイクをして出かける用事があるってなんだか嬉しいですね😆

ファッションとメイクに気を使い始めると
ヘアスタイルも気になってくるものですよね…💇‍♀️


1日のコーディネートを決めた時に
あれ?なんかちょっと髪の毛結んだ方がいいかな?今日の格好にはストレートでおろしてた方が可愛いかな?とかその日の服装に合わせた髪型をしようと思ってきます

そんな時に寝て起きたままの髪をまいたり、結んだりだけだとやっぱり少し物足りないかんじがするなー🤔?
そんな時はオイルで質感を調整したりして今っぽい感じにするのがオススメです!!
私たちスタッフもお仕上げの時にオイル系のスタイリング剤を使うことが多く、お客様にもきにいっていただき、いまやたくさんのお客様がオイルを使われています



ということで

今日は私の愛する💕
そしてお客様にも愛される💕💕

ヘアオイル2つをご紹介させていただきます(^^)



まずはお店でも長く愛されるこちら

💜PIMヘアオイル 💜

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9910.JPG

こちらは髪の毛の美容液のようなオイルです♪
オイルなのにベタつかずさらっとしていて香りもふわっと甘い香りです
風呂上がりの濡れてる髪につけてドライヤーで乾かすと癖が落ち着きます♡
乾いた髪につけるとしっとりしてるけど軽い仕上がりになります

またPiMのシャンプーと一緒に使うとより髪の毛の補修に効果的です◎
PiMシャンプーにはアミノ酸がたっぷり含まれてますアミノ酸の成分でダメージを帯びた髪を補修してくれます✨カラーやパーマを繰り返していてダメージが気になる方にはおススメです!
付けた仕上がりの感じは
しっとりしてるけど軽い💕

・ロングでストレートにしたい方
・根元のフワッとした感じは残したいけどツヤが欲しい

☝︎こんな方にオススメです



そして2つ目がこちら

💛エアリーバーム💛

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9909.JPG


こちらはオシャレな作りにとっても優秀◎

今年の秋冬の流行の質感は"セミウェット"
なので季節にあったニュアンスをつくるのに適しております💕
それに加えて肌、髪、唇…いろいなところに使うことができちゃいます
固形になっているので欲しい量をちょっとずつ使えるので使い勝手も良いとおもいます💕

ロングの方でこのくらいの量を手に馴染ませて
毛先を中心に髪の毛全体になじませます🤲
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9979.JPG
足りない場合はちょっとずつたしてください💕

今の時期は肌がカサカサしてくるので手に残ったらそのまま手になじませてハンドクリームにするのもいいです

・ショートやボブスタイルの方
・ストレートスタイルでシャープな印象にしたい方
・ウェット感がほしい方
・ロングで巻き髪の仕上げに

☝︎こんな方にオススメです


お値段も1500円の割にはたっぷり入っているのでコスパも最高だと思います☺️‼︎



どちらもヘアオイルではあるのですが、髪質や目的に合わせて使い分ける必要があります

詳しく見てみたい、一度つかってみたい方はお気軽にスタッフにお尋ねください






以上、
2週間で10キロ痩せると噂の胡散臭いダンスにハマる石田でした



↑このページのトップへ