月別アーカイブ / 2016年03月

いすっ。



深夜スタジオにて歌入れ作業。







広島にいた頃はスタジオに行かなくてもできてたんだけど、こっちでは何かと不便です。東京だというのに。




もちろん俺もコーラス入れをします。得意のラップを。






Yo〜!!






そう言えばまみこから写メが送られてきました。

















なんと。。






チロさんの顔がすごい事になっています。







なんだかごめんなさい。




これは敬愛の意を込めた処理なので、怒られないはず。






制作作業もぼちぼち追い込みにかかります。





あまり寝た気がしない日々が続きますが、これを乗り越えるととんでもない幸福感に包まれます。





これがあれば変な薬やらなくても大丈夫。





みんなの元へ届けられるまでもう少し。頑張ります。





んじゃまた。









だはっ。



おはようございます。昨日は一日中雨でした。今日は晴れるかな?洗濯がしたくてしたくて悶々としております。




毎日制作。




CDを作る作業というのは相変わらず大変です。




別に簡単にやろうと思えば出来るんだけどね。曲なんてお風呂で鼻歌フンフン歌えば実はそれで完成。




悩んでもがいて頭ぐちゃぐちゃになったから良いものが出来るというワケでもない。




でも悩んでもがいて頭ぐちゃぐちゃになったからこそ出来るものがあるのを知ってしまったから、そりゃあやるよね。






バンドはお金にならない。






そう言って辞めていくバンドマンや関係者をたくさん見てきました。




バンドではなく音楽がお金になるやり方にシフトチェンジする人も。




別にいいと思う。お金が無いとまともに暮らしていけないからね。




でもなんだかんだ言い訳して辞めた人間は、






俺に指図をするな。





あまり説得力がないです。




ずっと続けている人を知ってるし、辞めたその先に信念を持って挑戦している人も知ってる。守るものがあるから何を最優先にすべきかを考えれる人も。




だからそういう芯のある人以外はやっぱり信用できません。別にバンドや音楽だけの話ではなく。




スタイルを変えるのとブレるのは全然違うじゃんか。







昔バンドで食ってくっつって東京に出た先輩がいました。




いつだったか、すごく久し振りに連絡が来て話した時に、





「まだバンドやってんの?どんくらいCD売れた?厳しいよね〜。お金になんないでしょ?俺今色んなサポートしたりスタジオミュージシャンしてんだけど、武道館でもやった事あってさぁ〜。ペチャクチャペチャクチャ…また連絡するから飯でも食い行こうよ!」





と言ってました。







電話帳から削除しちゃった。





その人音楽続けてんのにね。音楽で飯食ってく為に色々考えてやってんのにね。冒頭の話では、そういう人は尊敬できるって話だったのにね。




スタジオミュージシャンの人ともたくさん関わってきたからめちゃくちゃ素晴らしいのも知ってるし、サポートできる技量と需要があるのは凄い。武道館でやれるのなんてほんと限られた人だけだからそれも凄い事だと思うんだけど。。







なんだか凄く鬱陶しかった。





ただそれだけです。バイバイ先輩。




もう少し心の広い器のデカい男になれるよう、日々バナナを食います。







んじゃまた。

















ぶすっ。



今日は天気がいい。まだ少し肌寒くはあるけど、昼間はほんと春に近づいてるなぁと感じます。




郵便受けを覗いてみると不在票が1つ。




さっそくその不在票に書いてある担当ドライバーに電話。




するとそれはそれは無愛想な声で、「はいっ。〇〇運輸です!もしもし!?」




と少し高圧的な声。




忙しいのかな?と思いながら「不在票が入ってたんですが。」と伝えたところ、「名前と住所は!?」と微妙なタメ口。




名前と住所の確認をした瞬間、




「あ〜御在宅ですか?あとで持って行きます。」と言いすぐに電話は切れました。


















はぁあぁぁあぁぁぁぁあぁっ!?









後っていつ?いつ鳴るか分からないピンポンを待つために、俺はヘッドフォンでの作業もできずにただただその時を待たなければいけないのか。。






俺はこういう接客の態度が大嫌いです。






こういう時の為に必死で練習した大外刈りを使う時が来たようです。




しかし幸い今日は非常に天気が良いので、大概の事は許せる。否、許したい。




そんなムンな気持ちで洗濯でもしようとベランダに出ると、ブゥ〜ンと一台の車が家の前へ。







ピンポォ〜ン「〇〇運輸でぇす。」









なんだ。早いじゃん♪




さっきまでのムンな気持ちが嘘のよう。まるで今日の天気のように晴れました。






サンキュ〜配達員の人♪






すぐにイラつく性格を直したいよね。





あたい、今日も笑顔で生きる。





んじゃまた。














↑このページのトップへ