纐纈です。

おにぎり。
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0854.JPG

なんだかこのことについて無性に書きたくなったんだけど、偶然にも今日(8/18)は、「米の日」なんだね。

一昨日かな。俺の愛する雑司が谷ROCKET CAFEのマスター・なおさんが、

「はい!握ろう!」

と、お米を突然俺にくれて、一緒におにぎり握って食べた。

シンプルに塩味。

俺はおにぎりを三角に握れないのでw
いびつな形をした丸型のが仕上がりましたが。

すげー美味しかった。
コンビニのおにぎりよりはるかに。


5月のスリーデイズで小鹿母が握ってくれたおにぎり。

この前、マスターのお子さんが俺のために握ってくれたおにぎり。

それはこれよりももっと美味かった。



原田マハさんの小説【生きるぼくら】
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0843.JPG
ちょうどこの本のテーマが、「米づくり」そしてキーになってくるのが、おにぎりでした。

『おにぎりは祈りのかたちをしている。』

ということばが、心に残ってる。

美味しく食べてもらいたい、と食べてもらう人のことを考えて祈るように握るからだ、と。

誰かに作ってもらう料理。
この世にこれ以上のご馳走はないと想う。


きっとそれは、歌を書くということにも共通することがある。

幸せを願う。
悼む。
届けたいと想う。

歌を書くことも、祈りに似ている。

隅々まで血の通った音楽を
心が伝わる音楽を

創りたいものです。

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0852.JPG