気付けば、ちょっと前のことになってしまったけれど、

この日のことは書いておきたいな、と。

俺撮影の、特に上手くもない写真と、動画を交えて振り返ろう笑

3/12 @新宿SAMURAI
JUNのバースデイイベントでした。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2223.JPG
37歳おめでとう。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2249.JPG
(小鹿せんべいオトループ物販にて発売中。1枚500円 3枚1000円 ※カバンの中で割れ注意)


最初っから最後までJUNがドラムを叩きまくり、歌いまくるという激レアなイベント。

出演者も、JUNのことが大好きなんだな、というのが伝わってきて、何だか俺まで嬉しかった。

JUNソロ
イエロールーキー
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2231.JPG
GANJIN
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2234.JPG
TRIPPER
Voice of mind

そして我々オトループ(撮影、みかん)

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2320.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2321.JPG


#1.A型症候群
#2.DAKARA DAKARA
#3.アマノジャクの独白
#4.無色透明カメレオン
#5.いただきます

en.36-林檎の唄-

を熱演。

2曲目で4弦が吹っ飛んでしまい、何とかそれでもフレーズを修正しようとしたんだけど、上手くいかず。。聞苦しい演奏になっちまったことが、とても悔しいっす。本当にまだまだだ。今後のライブでリベンジしていきます。

ただ、気持ちは俺も精一杯込めてライブやらせてもらいました。伝わってくれていたら嬉しい。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2319.JPG

JUNがオトループに加入して、もうすぐ3年かな。

一緒にバンドやることで、『優しさ』について考えさせられたり、教わったりしている。

定義は人によって様々で、薄っぺらく聞こえてしまったら嫌だけど本当にとにかく、『優しい』のだ。

お客さん、出演者の名前を覚えようという前向きな姿勢、
どんな現場であっても手を抜かない丁寧さ、
気配り。

とてもじゃないが、敵わない。と想う。

その姿勢が、伝わって、人を動かして
3/12という素晴らしい日が出来上がった。

JUNが創った輪の中に、俺も加われて嬉しい。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2323.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2322.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2324.JPG
おめでとう!!

これからもよろしく!!


バス停にて、東京行きの高速バスを待っていたんだが、待てど暮らせど一向に来ない。
40分を過ぎたあたりで、これは明らかにおかしいと運行状況確認の電話をかけてみると、

「接触事故で、90分遅れです。」

まじか。。

これだと新宿に着いたとしても終電がなく帰れないことに。

キャンセルして、何とか新幹線で帰るか、もう一泊して明日帰るか。

一瞬にして脳内CPUがぐるぐると回転しはじめたところに、別のバス会社のバスが滑り込んできた。

突如の判断で運転手さんにお願いしてみると、のせてくれることになり、元のバスはキャンセルして事なきを得る。

いやーよかった!!何かしらバス帰り時にトラブルが多い。纐纈あるある。

ということで東京帰ってます。オトループ纐纈です。

今回は弾丸帰省でしたが、

ワクワクする話し合いが沢山できました。実現すればかなりおもしろいことになると想います。

夜は親父と、偶然帰ってきてた妹と、おかんと4人で飲めて楽しかったし、すごい充実した気持ちで今バス乗っております。

そしてこちらがもうすぐとなりました!


■2018.3.25()

オトループデビュー10周年10大企画第6弾!

オトループ×reading noteツーマン

【A型症候群 vs 五月病】 ただいま岐阜 

@中津川Breath

[共演] reading note / 【O.A.】REY 

[時間] open/start 18:00/18:30

[料金] 前売り¥3,000 / 当日¥3,500

1Drink代が別途かかります

 

■中津川Breath

TEL: 0573-66-6330

住所: 岐阜県中津川市新町8-5


_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2248.JPG
岐阜凱旋ライブ。

東京からのお客さんもたくさん来てもらえる様子で、これはすごく嬉しい。

「どうやって行ったらいいですか?」という質問を頂いておりまして、今回は自分なりのお勧めを書きたいと想います。




今回の会場は、ライブハウスBreath

俺の地元岐阜県恵那市の隣町。(恵那にはライブハウスがないの!)
readingnoteえんちゃんの地元の「中津川駅」が最寄りです。
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2280.PNG


ここに東京から辿り着くには、

・新幹線で名古屋。名古屋から電車。
・中央線をひたすら乗り継いでいく

という方法がまずあります。

余裕があれば、新幹線使うってのが確実だと思うけれど、結構な金額するのと、電車乗り継ぎコースはひたすらに時間かかり、それでいてあまり安くもないので、

今から書くコースが俺的おススメでございます。


まずは、高速バスで朝、バスタ新宿を発車→恵那へ。高速バス予約は以下サイトを)
5FYwfZz7db.jpg
11:42に到着。

場所が、駅ではなく、少し離れたICに着きます。




ここから、徒歩で駅へ。
fKCjayDZbN.jpg

多分20分くらいで駅に着くかと。

そこから、中津川へ電車で向かうという形になるんですが、


せっかく俺の故郷に来てくれたんだから、

昔からの馴染みのお店にて、この時点でランチを取るのもありなんじゃないかと!


というわけで、ケツレコメンのお時間です。

まずはおススメ①
【和洋亭 ますき】
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2271.JPG

俺の高校の同級生が現社長を務める、地元代表する美味い定食屋さん。(みむら、というパスタ中心のメニューのお店も展開)

夜営業もしていて、だいたい帰ってくると友達とここで宴会してます。つまみも全部美味いんだー。

纐纈サインも飾ってくれている(たまにらしいw)恵那に来たら絶対に行って欲しいお店です。

画像検索したらとんでもねーの出てきた笑
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2283.JPG
これはやばすぎだ。(もちろん通常メニューもあります)

駅から数分の距離。駅まで歩いてる途中にあります。
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2285.PNG
是非!


そしてオススメ②
【恵那のピザ屋】
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2270.JPG

潔い「ピザ屋」という名のピザ屋さん。
おかみさんが一人で切り盛りする、高校時代の聖地でございます。

今回顔出そうと思ったらもろに定休日でした。

確か学生ピザが、¥250で食べられた筈。
放課後は、よくこの店行ってたなぁー。

こないだ何年かぶりに顔だした時も、まだ覚えてくれていて、「音楽頑張ってんのー?」と声かけてくれて気さくなお母ちゃんがいるお店。

釜でひとつひとつ焼くピザも絶品でございます。

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2287.JPG
こちらも是非!!

駅を通り越して、少し歩くとあります。
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2286.PNG


美味しいランチでお腹を満たしたら、いざ中津川へ電車でGOです!

※電車も、基本30分に一本くらいしか走ってないので、時間に気をつけて!

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2289.PNG

恵那にも、東京に負けないくらい美味いお店があります。是非とも堪能して欲しい。

皆が俺の故郷に来てくれると思うと、今からめちゃめちゃ嬉しいっす。
忘れられないいい夜にしよう!



というわけで、
まだまだ予約受付中の凱旋ライブ。たくさんのひとに見てもらいたい!

チケットは、プレイガイドはこちら

取り置き予約もできます。


お待ちしてます!!!



『大丈夫やで。』
『ゆうすけは大丈夫やから。』

おばあちゃん
今のおかん
親戚のおばちゃん

母親が亡くなった後、母親がわりになってくれたひとたちは、
俺が悩みに悩んで相談した時、皆口を揃えてそう言った。

当時は、
「なんだよ、何にもわかってない癖に。」

とか生意気に想ったりしてたんだけど、

今になって想えば当時そのことばにどれだけ救われたかわからない。



それは、もしかしたら優しい嘘だったのかもしれない

が、

そのことばに背中を押されて今までどんだけ辛くても大抵のことは大丈夫にできてきた。


ひとは、単純なものです。

「大丈夫。」って言われたら大丈夫だと想えてくるし、

「辛かったね。」「頑張ったね。」の一言で癒されたり、最後まで頑張れたりする。

俺も、そんな魔法みたいに、

誰かに「大丈夫やからな。」と言ってあげられるような存在でありたいと想う。



まだまだ先のこと。

それまでは、自分に、
『大丈夫。』『大丈夫。』



岐阜に今、帰って来ています。

どれだけ絶望が訪れたとしても、前を向いて一歩ずつ歩いていけば、いつか必ず希望がつながるということ、

小さいけれど、今から俺が証明します。

見ていてください。


_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2265.JPG

↑このページのトップへ