マッカートニーは、1997年に出版された自伝『Many Years from Now』で、当時住んでいた女優ジェーン・アッシャーの家にある音楽室で「エヴリー・リトル・シング」を作ったと語っている。なお、1964年のマッカートニーのインタビューを根拠に、同年8月下旬にビートルズが全米ツアーで立ち寄ったアトランティックシティで書かれた楽曲とする文献も存在する。1980年の『プレイボーイ』誌のインタビューで、レノンは「彼の曲だ。僕も何か手伝ったかもしれないけど」と語っている。作家のジョン・ウィンは、著書の中で「マッカートニーがロンドンで作曲を始め、アトランティックシティでレノンと2人で仕上げた」と結論づけている。

「エヴリー・リトル・シング」は、レノン=マッカートニーの作品では珍しく、パートナーの1人(本作ではマッカートニー)が主に作曲を手がけ、もう1人(本作ではレノン)がリード・ボーカルを担当している楽曲である。マッカートニーは、ヴァースでレノンとユニゾンで歌っているが、レノンのリード・ボーカルの方が目立つアレンジとなっている。


「EVERY LITTLE THING」歌詞

歌:THE BEATLES
作詞:Lennon/McCartney
作曲:Lennon/McCartney

When I'm walking beside her
People tell me I'm lucky
Yes, I know I'm a lucky guy
I remember the first time
I was lonely without her
Can't stop thinking about her now

Every little thing she does
She does for me, yeah
And you know the things she does
She does for me

When I'm with her I'm happy
Just to know that she loves me
Yes, I know that she loves me now

There is one thing I'm sure of
I will love her forever
For I know love will never die

Every little thing she does
She does for me, yeah
And you know the things she does
She does for me

Every little thing she does
She does for me, yeah
And you know the things she does
She does for me
Every little thing.....