曲のタイトルの由来について、マッカートニーは2つの異なる由来を語っている。1984年の『プレイボーイ』誌のインタビューでは、当時多忙を極めていたグループの実情を、リンゴ・スターが「週に8日も仕事だなんて…」と嘆いていたのがきっかけだとマッカートニーが語っている。その後、『ザ・ビートルズ・アンソロジー』では、当時ウェイブリッジにあったレノンの家に向かう際に、マッカートニーが車の運転手に忙しいかどうかを尋ねた際に運転手が発した「週に8日も働かされてるよ」という言葉が元になっていると語っている。

楽曲はマッカートニーのアイデアを基に、ジョン・レノンとの2人で書かれた。このことについて、1980年にレノンは「『エイト・デイズ・ア・ウィーク』は『ヘルプ!』というタイトルを思いつくまで、あの映画『ヘルプ!』の仮りのタイトルだった。ぼくもかなり手伝ったけど、これはもっぱらポールのたまものだ」と語っている。

後述のようにアメリカでヒットした楽曲であるが、メンバーは本作をよく思っておらず、特にレノンは「お粗末な曲」と酷評している。このため、バンド活動期でのライブ演奏は、1965年4月3日に放送されたイギリス向けのITVシリーズ『Thank Your Lucky Stars』で披露(演奏は当て振り・口パク)されたのみで、それ以外の番組やコンサートでは一切演奏されなかった。発表から50年近く経った2013年、ポール・マッカートニーが「アウト・ゼアー」ツアーで1曲目に披露し、ライブ初披露となった。