月別アーカイブ / 2022年07月

中森明菜とトーク(ザ・ベストテンより)

 
作詞:松本隆/作曲:呉田軽穂(松任谷由実)/編曲:松任谷正隆

「秘密の花園」は、1983年2月にリリースされた松田聖子の12枚目のシングルである。

オリコンでは「風は秋色/Eighteen」より10作連続の1位獲得となり、当時の記録であったピンク・レディーの9作連続を上回った。

オリコン週間チャートにてシングル連続1位の新記録が掛かっていた本曲の制作は難航した。作曲は元々、財津和夫に依頼していたが、締め切りまでにプロデューサー側のOKが出ず、財津が辞退したと云われている。急遽、やはり聖子の曲を手掛けたことがあった呉田軽穂(松任谷由実)に松本が直々に依頼、全国ツアー中だったユーミンに拝み倒して、3日で曲をつけてもらったという。ユーミンの曲作りは通常は曲先であり、彼女の提供曲では珍しく詞先で作曲された楽曲である。なお、財津が作曲したと云われる全く異なるメロディのデモ音源も動画サイト等で出回っている。この曲で初めてフジテレビ系「夜のヒットスタジオ」のトリを取った。歌唱時は白のマイクロミニスカートの衣装が多かった。聖子にとってこのスタイルのミニスカートは珍しく、当時話題になった。


「秘密の花園」歌詞

歌:松田聖子
作詞:松本隆
作曲:呉田軽穂(松任谷由実)

月灯り青い岬に
ママの眼をぬすんで来たわ
真夜中に呼び出すなんて
あなたってどういうつもり
真面目にキスしていいの なんて
ムードを知らない人 Ah…あせるわ

※Moonlight magic 私のことを
口説きたいなら 三日月の夜
Hold me tight 入り江の奥は
誰も誰も知らない秘密の花園※

ルックスは割といいから
もてるのも仕方ないけど
他の娘に気を許したら
思いきりつねってあげる
小舟のロープ ほどいて二人
流れる星を見上げ Ah…さすらう
Moon light magic 魔法のような
揺れる瞳で しっと見つめて
Hold me tight 海に咲く百合
白く白く輝く 秘密の花園

(※くり返し)


『ユートピア』は、松田聖子通算7枚目のオリジナルアルバム。1983年6月1日発売。発売元はCBS・ソニー(現:ソニー・ミュージックレーベルズ)。

帯コピー:セイシェルの色にそまり、いま こころはあなたへのシンフォニー、聖子。

ヒットシングル「秘密の花園」、「天国のキッス」を含む。甲斐バンドの甲斐祥弘、上田知華が初提供。

第25回日本レコード大賞においてベストアルバム賞受賞作品。

マスターテープの録音にはソニーのデジタルテープレコーダーPCM-3324が使用され、松田聖子のアルバム初となるデジタルレコーディングである(先述したマスターサウンド盤には「DR」の表記がある)。

LPリリースから1ヵ月後の7月1日には、マスター・サウンド(当時のソニーが持てる技術を駆使した最高音質)仕様盤と、メタルポジション(TYPE IV)仕様の音楽テープ(ベースはこの当時ソニーから販売されていた同ポジション専用カセットテープ「METALLIC」相当)がそれぞれ発売された。

ジャケットは、「聖子ちゃんカット」のモデルとも言われるオリビア・ニュートン=ジョンのアルバム「水のなかの妖精」のジャケット写真のオマージュだと思われる。

『Video Bible 〜Best Hits Video History〜』に収録されているインタビューで松田は、「マイアミ午前5時」や「セイシェルの夕陽」を収録中にプロデューサーから、「そんな歌い方では歌詞に出てくる土地の雰囲気が出ていない」とダメ出しされた事を明かした。その時、松田はプロデューサーの意図をすぐには理解できず、そんな自分が悔しかったという。この時の苦労は数年たった今でもよく覚えていると語った。

当アルバムの楽曲はベスト盤に収録される事も多い。他の作品に収録されていない楽曲は「Bye-bye Playboy」のみ。


ライブでの演奏回数が多い楽曲。ダーツでテンポを決めて作られた。

ドラムはコルグのシンセサイザーである「KORG Trinity」に内蔵されているドラムの音源を卓とコンプで歪ませてProtoolsに流し込んだものとを混ぜているとのこと。

ギターはプライベートスタジオでのセッションで録音されたものをそのまま使用している。

次曲「その向こうへ行こう」と繋がっているが、ラストの部分は桜井和寿曰く「2曲目と並べたときにコードが同じになったのがイヤだったので、コード感を忘れるために付け加えたもの」とのこと。


「CENTER OF UNIVERSE」歌詞

歌:Mr.Children
作詞:桜井和寿
作曲:桜井和寿

今僕を取りまいてる 世界はこれでいて素晴らしい
プラス思考が裏目に出ちゃったら 歌でも唄って気晴らし

バブル期の追い風は何処へやら 日に日に皺の数が増えても
悩んだ末に出た答えなら 15点だとしても正しい

どんな不幸からも 喜びを拾い上げ
笑って暮らす才能を誰もが持ってる

イライラして過ごしてんなら愛を補充
君へと向かう恋の炎(ひ)が燃ゆる
当り散らしは言わずもがなのタブー
総てはそう 僕の捕らえ方次第だ

誰かが予想しとくべきだった展開
ほら一気に加速してゆく
ステレオタイプ ただ僕ら 新しい物に飲み込まれてゆく
一切合切捨て去ったらどうだい?
裸の自分で挑んでく
ヒューマンライフ より良い暮らし そこにはきっとあるような気もする

皆 憂いを胸に 永い孤独の果てに
安らぎのパーキングエリアを捜してる

クタクタんなって走った後も愛を補充
君へと向かう恋の炎(ひ)が燃ゆる
隣の家のレトリバーにも「ハイ ポンジュール!」
あぁ世界は薔薇色
総ては捕らえ方次第だ
ここは そう CENTER OF UNIVERSE

自由競争こそ資本主義社会
いつだって金がものを言う
ブランド志向 学歴社会 離婚問題 芸能界
でも本当に価値ある物とは一体何だ?
国家 宗教 自由 それとも愛
一日中悩んだよ
でも結局それって理屈じゃない

イライラして過ごしてんなら愛を補充
君へと向かう恋の炎が燃ゆる
向かいの家の柴犬にも「ハイ ポンジュール!」
あぁ世界は薔薇色
ここは そう CENTER OF UNIVERSE
僕こそが中心です
あぁ世界は素晴らしい

↑このページのトップへ