月別アーカイブ / 2022年05月



2ndシングル。

1996年に放送されたフジテレビ系テレビドラマ「ピュア」の最終回で挿入歌として使用された。

発売から25年後経った2017年には、NTTドコモ dヒッツ「娘の帰り篇」CMソングに起用された。

桜井和寿は当初この曲をクリスマスソングとして発表する予定で、歌詞の「震えそうな夜に」を「クリスマスの夜に」とすることに決めていたが、小林が反対したことにより現在の歌詞になった。一方、ツアー『MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I ♥ U"』のうち2005年11月27日に開催された東京ドーム公演、『Mr.Children DOME TOUR 2009 SUPERMARKET FANTASY』の2009年12月24日に開催された東京ドーム公演では、時期的にクリスマスに近いということもあり当初の通り「クリスマスの夜に」と歌われた。

桜井は本曲について「シングルの曲です。前向きなラブソングを書きたいと思って、書いたんです。前向きなラブソングって、Mr.Childrenにはあんまりなかったんですよね。別れを描いた曲はあったけど。永遠に歌い続けられるラブソングが作りたいなと思って。」と語っている。

元々はトイズファクトリーの先輩で、桜井の友人でもあったJUN SKY WALKER(S)のボーカル・宮田和弥の結婚式で披露するために作った曲だったが、時間の都合上、結婚式では歌われることはなかった。

当時、桜井が小林の家に持ち込んだデモテープでは、サビの転調は無かったが、小林のアイデアによりイントロとサビでB♭に、ラストのサビでCに転調するアレンジが加えられた。

前述した通り当時の売り上げは良くなかったものの、現在はMr.Childrenを代表する楽曲の一つとなっている。

ミュージック・ビデオが制作され、パリで撮影が行われた。2018年3月21日発売の『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』に収録されている。監督は信藤三雄。

シンガーソングライターのGACKTは、自伝エッセイ『自白』にて「ミスチルの『抱きしめたい』を聴いたとき泣きそうになり、思わず拍手してしまった。こんな詩を書ける桜井くんに嫉妬した。」と述べている。


「抱きしめたい」歌詞

歌:Mr.Children
作詞:桜井和寿
作曲:桜井和寿

出会った日と 同じように
霧雨けむる 静かな夜
目を閉じれば 浮かんでくる
あの日のままの二人

人並みで溢れた 街のショウウインドウ
見とれた君が ふいにつまずいた その時
受け止めた 両手のぬくもりが 今でも
抱きしめたい 溢れるほどの
想いが こぼれてしまう前に
二人だけの 夢を胸に 歩いてゆこう
終わった恋の心の傷跡は 僕にあずけて

キャンドルを灯すように
そっと二人 育ててきた
形のない この想いは 今はもう 消えはしない
震えそうな夜に 声をひそめ 君と
指切りした あの約束 忘れてやしないよ
心配しないで 君だけを 見ている
もしも 君が 泣きたい位に
傷つき 肩を落とす時には
誰よりも素敵な 笑顔を 探しに行こう
全てのことを 受け止めて行きたい
ずっと二人で

抱きしめたい 溢れるほどに
君への想いが 込みあげてく
どんな時も 君と肩をならべて
歩いてゆける Wow Wow・・・
もしも 君が さみしい時には
いつも 僕が そばにいるから

 
陽気なラブ・バラードで、歌詞は一目惚れをテーマとしている。マッカートニーは本作をアップテンポのカントリー&ウエスタン調の楽曲として書き始めたが、完成した楽曲はカントリーとフォークロックやポップ・ロックなどのジャンルを融合した作品となっている。アメリカで発売された『Rubber Soul』のオープニング・トラックという観点から、「ビートルズがフォークに転向した」という解釈が広まった。本作は、ビートルズが初めてベースを使用しなかった楽曲で、4本のアコースティック・ギターが主体となっている。

マッカートニーがビートルズ解散後に初めてライブで演奏したビートルズの楽曲の1つで、1975年から1976年にかけて行なわれた『Wings Over the World』ツアーで演奏された。その後も複数のライブで演奏されている。楽曲発表後、チャールズ・リヴァー・ヴァレー・ボーイズ、ハンク・クロフォード、ホリー・コールによってカバーされている。


「I'VE JUST SEEN A FACE」歌詞

歌:THE BEATLES
作詞:Lennon/McCartney
作曲:Lennon/McCartney

I've just seen a face I can't forget
The time or place where we just met
She's just the girl for me
And I want all the world to see we've met

Had it been another day
I might have looked the other way
And I'd have never been aware
But as it is I'll dream of her tonight

Falling, yes, I am falling
And she keeps calling me back again

I have never known the like of this
I've been alone and I have missed things
And kept out of sight
For other girls were never quite like this

Falling, yes, I am falling
And she keeps calling me back again

Falling, yes, I am falling
And she keeps calling me back again

I've just seen a face I can't forget
The time or place where we just met
She's just the girl for me
And I want all the world to see we've met

Falling, yes, I am falling
And she keeps calling me back again

Falling, yes, I am falling
And she keeps calling me back again

Falling, yes, I am falling
And she keeps calling me back again


「テル・ミー・ホワット・ユー・シー」は、エレクトリックピアノが多く使用されたポップ・チューンで、ビートルズが10代のロマンスを題材とした最後の楽曲となった。シンプルな曲調と歌詞で構成されていて、ハンター・デイヴィスは「ジェーン・アッシャーに宛てた曲」と見なしている。

2番のヴァースの冒頭の「Big and black the clouds may be, time will pass away(雲がどれだけ厚くて暗くても、時は過ぎ去っていく)」というフレーズは、幼少期にレノンが生活していた家に飾ってあった宗教碑文(However black the clouds may be, in time they’ll pass away. Have faith and trust and you will see, God’s light make bright your day.)からの引用である。

「テル・ミー・ホワット・ユー・シー」のレコーディングは、1965年2月18日に行なわれ、レノンはウォッシュボード・ギターを演奏している。


「TELL ME WHAT YOU SEE」歌詞

歌:THE BEATLES
作詞:Lennon/McCartney
作曲:Lennon/McCartney

If you let me take your heart
I will prove to you
We will never be apart
If I'm part of you
Open up your eyes now
Tell me what you see
It is no surprise now
What you see is me

Big and black the clouds may be
Time will pass away
If you put your trust in me
I'll make bright your day
Look into these eyes now
Tell me what you see
Don't you realize now
What you see is me

Tell me what you see

Listen to me one more time
How can I get through
Can't you try to see that I'm
Trying to get to you
Open up your eyes now
Tell me what you see
It is no surprise now
What you see is me

Tell me what you see

Listen to me one more time
How can I get through
Can't you try to see that I'm
Trying to get to you
Open up your eyes now
Tell me what you see
It is no surprise now
What you see is me

↑このページのトップへ