月別アーカイブ / 2022年04月


「ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット」は、1962年秋にジョン・レノン(名義はマッカートニー=レノン)によって書かれた楽曲。本作はウォルト・ディズニーが1937年に制作したアニメーション映画『白雪姫』に登場する楽曲で、レノンが幼少期に母親のジュリア・レノンに歌ってもらった「私の願い」の影響を受けている。「私の願い」は映画の最初に登場する楽曲で、白雪姫が鳩の群れに「Wanna know a secret? Promise not to tell?(秘密を知りたい?言わないって約束してくれる?)」と問いかけるところから始まる。本作の冒頭の2行の歌詞のあとに、「Listen / Do you want to know a secret / Do you promise not to tell(ねえ / 秘密を知りたくないかい / だれにもいわないと約束できる)」と類似した歌詞が登場する。本作についてレノンは「僕がまだ1歳だったか2歳だったかで母と一緒に住んでいた頃に、母がよく歌ってくれたんだ。それはディズニー映画の曲で(歌い出す)『秘密を知りたい?誰にも言わないって約束してくれる?願いが叶う井戸のそばに立って…』という感じさ。それがずっと僕の頭の中に残っていたんだ」と語っている。

リード・ボーカルはハリスンが務めている。ハリスンは、本作でのボーカルについて「この曲にボーカルを乗せるのは好きじゃなかった。どんな風に歌えばいいのかまったくわからなかったんだ」と語っている。なお、レノンが「ジョージのために書いたわけじゃない」とする一方で、ポール・マッカートニーは「ジョージに歌ってもらうために2人で書いた」と主張している。なお、レノンは「この曲を書いてジョージに歌ってもらうことにした。音は3つしか使ってないし、ジョージにとっては扱いやすかったと思うよ」とも語っている。


「DO YOU WANT TO KNOW A SECRET」歌詞

歌:THE BEATLES
作詞:McCartney/Lennon
作曲:McCartney/Lennon

You'll never know how much I really love you
You'll never know how much I really care

Listen
Do you want to know a secret
Do you promise not to tell
Woh, oh, closer
Let me whisper in your ear
Say the words you long to hear
I'm in love with you

Listen
Do you want to know a secret
Do you promise not to tell
Woh, oh, closer
Let me whisper in your ear
Say the words you long to hear
I'm in love with you

I've known a secret for a week or two
Nobody knows just we two

Listen
Do you want to know a secret
Do you promise not to tell
Woh, oh, closer
Let me whisper in your ear
Say the words you long to hear
I'm in love with you


ビートルズは、1961年から1963年にかけてライブで「ベイビー・イッツ・ユー」を演奏していた。1963年2月11日にEMIスタジオでジョージ・マーティンのプロデュースのもとでレコーディングが行われ、2月20日にマーティンによってチェレスタのソロがオーバー・ダビングされた。ビートルズによるカバー・バージョンは、1963年に発売されたイギリス盤公式オリジナル・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』に収録され、同作には同じくシュレルズのカバー曲である「ボーイズ」も収録された。アメリカでは、ヴィージェイ・レコードから発売された『Introducing... The Beatles』や『Songs, Pictures And Stories Of The Fabulous Beatles』に収録されたのち、キャピトル・レコードから発売された『ジ・アーリー・ビートルズ』に収録された。ビートルズによるカバー・バージョンは、シュレルズによる演奏とは異なり、1番ではなく2番のヴァースの歌詞を繰り返すという構成になっている。

1963年6月1日にBBCラジオの番組『Pop Go the Beatles』用に演奏が録音され、同月11日に放送された。当時の演奏は、1994年に発売された『ザ・ビートルズ・ライヴ!! アット・ザ・BBC』に収録された後、1995年にシングル・カットされた。なお、シングル収録テイクは、アルバム収録テイクよりも低音域が強調されたミックスになっている。シングル盤には「ベイビー・イッツ・ユー」の他に、未発表となっていたBBCセッションでの演奏から「アイル・フォロー・ザ・サン」、「デヴィル・イン・ハー・ハート」、「ボーイズ」の3曲が収録された。シングル盤は、全英シングルチャートで最高位7位、Billboard Hot 100で最高位67位を獲得した。

1963年にケビン・ニールがBBCパリ・シアターの外で踊るメンバーを撮影した映像で構成されたミュージック・ビデオが、シングルのプロモーション用に制作されており、2015年に発売された映像作品『1+』に収録された。


「BABY IT S YOU」歌詞

歌:THE BEATLES
作詞:DAVID MACK・BACHARACH BURT F・WILLIAMS BARNEY
作曲:DAVID MACK・BACHARACH BURT F・WILLIAMS BARNEY

Oh dear, what can I do?
Baby's in black and I'm feeling blue,
Tell me, oh what can I do?
She thinks of him and so she dresses in black,
And though he'll never come back, she's dressed in black.
Oh dear, what can I do?
Baby's in black and I'm feeling blue,
Tell me, oh what can I do?
I think of her, but she thinks only of him,
And though it's only a whim, she thinks of him.
Oh how long will it take,
Till she sees the mistake she has made?
Dear what can I do?
Baby's in black and I'm feeling blue,
Tell me, oh what can I do?
Oh how long it will take,
Till she sees the mistake she has made?
Dear what can I do?
Baby's in black and I'm feeling blue,
Tell me, oh what can I do?
She thinks of him and so she dresses in black,
And though he'll never come back, she's dressed in black.
Oh dear, what can I do?
Baby's in black and I'm feeling blue,
Tell me, oh what can I do?


ポール・マッカートニーは、ドイツのハンブルクに滞在していた1962年春に「P.S.アイ・ラヴ・ユー」を書いた。歌詞の内容からマッカートニーが当時の彼女であるドット・ローヌに宛てて書いた曲と解釈されることもあるが、マッカートニーは「手紙をテーマした歌…大半は僕が書いたよ。あまりジョンの手は借りなかったと思う。テーマにしやすいものはいくつかあって、手紙はその一つ。でも別に実際の出来事じゃないし、ましてはハンブルクのガールフレンドに宛てたものでもない。そう考える人もいるみたいだけどね」と否定している。

本作にジョン・レノンは、「ポールの曲。シュレルズの『ソルジャー・ボーイ』みたいな曲を書こうとしていたんだろう。ドイツにいた時だったか、ハンブルクに行こうとしていた時につくった。僕も何か手を加えたかもしれないけど、よく覚えてないや。基本的にポールの曲だ」と語っている。


「P.S.I LOVE YOU」歌詞

歌:THE BEATLES
作詞:McCartney/Lennon
作曲:McCartney/Lennon

As I write this letter, send my love to you
Remember that I'll always be in love with you

Treasure these few words till we're together
Keep all my love forever
P.S.I love you, you, you, you

I'll be coming home again to you love
Until the day I do love
P.S.I love you, you, you, you

As I write this letter, send my love to you
Remember that I'll always be in love with you

Treasure these few words till we're together
Keep all my love forever
P.S.I love you, you, you, you

As I write this letter, send my love to you
You know I want you to
Remember that I'll always yeah, be in love with you

I'll be coming home again to you love
Until the day I do love
P.S.I love you, you, you, you

You, you, you
I love you

↑このページのトップへ