月別アーカイブ / 2021年12月


Release:1993.9.1

後に4thシングル『CROSS ROAD』のカップリング曲としてシングルカットされた。
桜井がボビー・ウーマックに憧れたことがきっかけで書かれた曲。
2011年に開催された『ap bank fes '11 Fund for Japan』では、スキマスイッチがBank Bandと共にこの曲を披露した。



「and I close to you」歌詞

歌:Mr.Children
作詞:桜井和寿
作曲:小林武史

Baby Baby Baby Iwanna kiss you
Lady Lady Lady and I wait for you
思ってたような奴じゃなかったようだね
まだ君を傷つけるつもりなら許さない

Ah Baby Baby Baby もう忘れなよ
悲しみの中では何にも生まれない
同じ事を繰り返してるのなら
何もかも委ねてよ この僕に

気付かぬふりが上手いから
あいつの裏切りも 僕の想いも 揉み消すつもりなの?
何にも言えずに別れた夏を 悔やんでても虚しい

Baby Baby Baby I wanna kiss you
Lady Lady Lady and I close to you
泣き疲れて眠っている君に
くちづけたあの夜が愛しくて

目を腫らす君を見る度
この胸がちぎれそうだよ
何故そんなに あいつじゃなきゃダメなの?
もう一度抱きしめたなら離せなくなる程に I love you

(You must be break down)
電話のベルが
(It's just a mad love)
鳴る度 心のどこかで
(I want to be your man)
かすれた君のその声が
クールなふりした僕を狂わせる

Baby Baby Baby もう忘れなよ
悲しみの中では何にも生まれない
Oh Baby Baby Baby
Baby Baby Baby Iwanna kiss you
Lady Lady Lady Lady Lady Lady and I close to you Woo…





 
Release:1993.9.1

当時のライブでは盛り上げ曲として披露されることが多く、『Mr.Children Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ』で20年振りに披露された。この音源はシングル『himawari』のカップリングとして収録されている。
2014年に開催されたファンクラブ限定ツアー『Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー』の直前に行われた「会員が最もライブで聴きたい曲」アンケートでは26位に選ばれた。



「メインストリートに行こう」歌詞

歌:Mr.Children
作詞:桜井和寿
作曲:小林武史

待ちわびてた約束の週末
誰にも内緒の Drivin'
車止めて クラクションは 2 Times
君を呼び出す合図

仲間達が言う程 君って
クールじゃないのがいいね
流れてくるラジオに合わせ
口ずさむよ "BOB MARLEY"

雨上りの街へ連れ出したい
みんな狙ってるのさ 君の事を

My city of joy
週末の天使
星降る街で 君とランデブー
夢みたい
この街のノイズ
きらめくビル
いつまでも Everyweek Everymonth 高鳴る僕の鼓動

たった一ついいかな
君は月の灯りのように
しまい込んだ孤独な心を
やさしく照らす Light

二人だけの Dance party
夜明けまで 寄りそったままでいたいだけさ
気まぐれな Talk
いたずらな Smile
人波あふれたスクランブルで Hold me tight
Sexy なポーズ
突然のキッス
このままじや Everyday Everynight くぎづけの Heart

My city of joy
この胸は Sweet
星降る街で 君とランデブー
夢みたい
この街のノイズ
きらめくビル
いつまでも Everyweek Everymonth 高鳴る僕の鼓動

待ちわびてた約束の週末
今夜5回目の Drivin'
車止めて クラクションは 2 Times
君を呼び出す合図
メインストリ一トに行こうよ!






Release:1993.9.1

後にドキュメンタリー映画『Mr.Children / Split The Difference』で演奏された。



「Another Mind」歌詞

歌:Mr.Children
作詞:桜井和寿
作曲:桜井和寿

何故に卑屈な微笑浮ぶ この街角
行き交う人の波が奏でてる不協和音(discord)

自分を打ち砕くリアルなものは
偽りだと目を伏せてた個独な Wow Teenage

幼き日々のように
無邪気なふりをしては
愛すべき人達の支えの中に溺れてゆく
傷つけずにいられない程

誰かが定めた自分を演じてる Another Mind
流されるのも慣らされてたどり着けばいつもOh No

何もかも投げ出せば (It's just darkside of my heart)
肩の荷もおりそうさ (It's just darkside of my heart)
わずかなプライドを守る為に Mm 誰もが必死で暮してる

砂に書いたような“理想"の文字は
時代の波にさらわれてく不思議なこの街

誰も愛さずにいれるものなら
罪な恋に惹かれてゆくこの心を消してくれ

誰かが定めた自分を演じてる Another Mind
身動きもできない程に抱えたプレッシャーはシュール
流されるのも慣らされてたどり着けばいつもOh No

振り向けば夕闇が (It's just darkside of my heart)
包む この街角 Mm…




↑このページのトップへ