月別アーカイブ / 2021年12月



Release:1993.9.1

こちらも山中湖の合宿で作られた曲。自分の中にある裏腹な気持ち、矛盾し合う気持ちを描いた曲という。
歌詞に登場する「気狂いピエロ」はジャン=リュック・ゴダールの映画のタイトルから。なお、この曲での「気狂い」の読み方はきちがいではなくきぐるいである。



「蜃気楼」歌詞

歌:Mr.Children
作詞:桜井和寿
作曲:小林武史

今じゃちょっとした笑い話
僕がずっと捕らわれてたコンプレックス
打たれても痛みすらないのは
タフになったのか? 麻痺したのか?

I will be there it's alright
呪文唱えるように
Everything gonna be alright Oh yeah Woo…
人はいつもないものねだり
崩れ去ってやっと気付く幸福
夢は一歩踏みはずせば虚像さ
今になって思い知らされてる

I will be there it's alright
手招きしてるボーダーライン
Everything gonna be alright Oh yeah
I will be there it's alright
壊れかけた孤独な心
Everything gonna be alright Oh yeah

心の何処かに 今でも潜んでる
“気狂いピエロ"が

駆けずり回って追い続けた夢が
砂のように手の中をすりぬける
吹きすさぶ風に尋ねてみる
この道の行方を
今 すべき事は何?

I will be there it's alright
ゆがんでるボーダーライン
Everything gonna be alright Oh yeah
I will be there it's alright
手探りのシャドーパンチング
Everything gonna be alright Oh yeah

この胸の中を焦がして消える
夢は蜃気楼

I will be there it's alright
手招きしてるボーダーライン
Everything gonna be alright Oh yeah
I will be there it's alright
壊れかけた孤独な心
Everything gonna be alright Oh yeah
心の何処かに 今でも潜んでる
“狂った果実"が



Release:1993.9.1

山中湖の合宿最中に完成した曲。小林が適当にコードを鳴らし、桜井がそこにメロディーを付けていく遊びをしている最中に思い浮かんだという。
桜井は当時のインタビューで「たとえば雨に濡れるというのと女性が濡れるというのをかけてあったり、初めての人のことというのも当然初体験のことだし。生まれてきたわけというのももちろんSEXをしなければ生まれてこなかったわけでしょう。」と語っている。



「マーマレード・キッス」歌詞

歌:Mr.Children
作詞:桜井和寿
作曲:小林武史

急に降り出した雨に濡れ My girl
誰より Sexy なくらい 濡れた髪かき上げる

すれ逢う人々が
笑って見てるけど
止められぬ程の My loVe

もっと Hold me tight
びしょ濡れの背中を
そっと引き寄せたなら
I feel so good

いつか話してたね はじめての男の事を
嫉妬してるのは辛い 求めてる Make love

ひらく傘の群れは
舗道埋めるジェリービーンズ
そして二人は…マーマレード・キッス

そっと抱きしめて
くちづけを交わせば
ふっと漏れる吐息
重なる Heart
もっと Touch me baby
生まれてきた理由がやっと見つかったみたい
君と出会って

もっと Hold me tight
くちづけを交わせば
ふっと漏れる吐息
重なる Heart
静かにとけてく



3rdシングル。
グリコ「ポッキー」CMソング。イントロの後、サビから始まる部分は15秒でちょうどCMに収まるようになっている。
ミュージック・ビデオが存在し、2018年3月21日発売の『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』に収録されている。監督は岡田俊二。
ライブで演奏されるのは非常に稀で、『Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field-』で17年ぶりに演奏され、同時に初めて映像化された。
『Kind of Love』の宣伝でラジオ番組に出演していた際の休憩時間にメロディーが思い浮かんだという。



「Replay」 歌詞

歌:Mr.Children
作詞:桜井和寿
作曲:桜井和寿

はぐれた時間の隙間なら
きっとすぐ埋まるよ
ためらいのない想いが甦る

こんなわがまま言うのも久しぶりねと君はつぶやく
海岸に沿った通りへ君を連れ出し あの頃のように
夜は君を不思議な程 綺麗に写すよ
誘われるように抱きしめたなら 不安は消えるから
誰より愛しい君よ いつの日もその胸に
離れていても変わらぬ想いを

いつも同じような事で何度となくぶつかってたね
だけど髪を切るだけで忘られるような恋じゃないだろう
3年目のジンクスなど怖くはないけど
いつでも君をずっと近くに感じていたいから
防波堤に打ち寄せる 波の飛沫浴びれば
出会った日の二人が Replay してる

はぐれた時間の隙間など
きっとすぐ埋まるよ
ためらいのない想いが甦る

潮風が溜息を空に運ぶ
波音はくちづけの吐息消して

誰より愛しい君よ いつの日もその胸に
離れていても変わらぬ想いを
二人で駆け抜けた季節もどんな場面も
振り返ればほら微笑み溢れてる
時は流れても Don't change your heart.
and keep loving you



↑このページのトップへ