月別アーカイブ / 2021年11月


Release:1997.3.5

7thシングル。
当初は「Tomorrow never knows」のカップリング曲になる予定だったが、出来が良かったために急遽A面曲となった。
コンサートで映える曲を、と制作された曲。桜井は、歌詞に関しては小林よしのりの『ゴーマニズム宣言』の影響を受けていると語っている。
Mr.Childrenのシングルとしては珍しくタイアップがついていない。桜井も「あの曲はどこの会社もタイアップについてくれなかった(笑)。もっとも、"社長の上に跨って"なんて歌詞じゃ、それも無理なんですけど…。試みはしたんですけどね」と語っている。
作曲はシングルA面曲の中で唯一桜井と小林の共作名義となっており、 コーラスにakko (MY LITTLE LOVER)が参加している。
ベスト・アルバム『Mr.Children 1992-1995』及び配信版(本シングルと『BOLERO』収録のものを含む)では、副題の記号が異なり、「〜秩序のない現代にドロップキック〜」となっている。
間奏のギターソロは桜井による演奏で、ライブでも桜井が演奏しているが、田原健一が演奏することもある。発売時点で、前作「Tomorrow never knows」のミュージック・ビデオも公開されていなかったためか、今作のミュージック・ビデオは制作されなかった。なお、これは自身のシングルA面曲では初めてである。



「everybody goes ~秩序のない現代にドロップキック~」歌詞

歌:Mr.Children
作詞:桜井和寿
作曲:小林武史

複雑に混ん絡がった社会だ
組織の中で ガンバレ サラリーマン
知識と教養と名刺を武器に
あなたが支える 明日の日本

そして you
晩飯も社内で一人インスタントフード食べてんだ
ガンバリ屋さん Uh- 報われないけど

上京して3年 彼女にすりゃ chance
地道なダイエットの甲斐もあって
カメラの前で悩ましげなポーズ
そして ベッドじゃ社長の上に股がって

oh you
それでも夢みてる ムービースター
世間知らずの お人好しさん Uh-
相変わらず 信じてる

everybody goes everybody fights
秩序のない現代に ドロップキック
everybody knows everybody wants
でも No No No 皆 病んでる

愛する一人娘の為に
良かれと思う事はやってきた
“教育ママ"と 近所に呼ばれても
結構 家庭円満な この18年間

でも you
娘は学校 フケてデートクラブ
で、家に帰りゃ また おりこうさん Uh-
可憐な少女 演じてる

everybody goes everybody fights
羞恥心のない 十代に水平チョップ
everybody knows everybody wants
そして Yes Yes Yes Yes 必死で生きてる

Ah 仕事の出来ない連中は こう言う
「あいつは変わった自惚屋さん」Uh-
こんなにガンバッてるのに

everybody goes everybody fights
退屈なヒットチャートに ドロップキック
everybody knows everybody wants
明るい未来って何だっけ?

everybody goes everybody fights
秩序のない現代に 水平チョップ
everybody knows everybody wants
でも No No No No 皆病んでる
必死で生きてる


Release:1997.3.5

ポップなメロディーとは対照的に、桜井はこの曲を「寒い詞」と語っている。
2014年に開催されたファンクラブ限定ツアー『Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー』の直前に行われた「会員が最もライブで聴きたい曲」アンケートでは15位に選ばれた。



「幸せのカテゴリー」歌詞

歌:Mr.Children
作詞:桜井和寿
作曲:桜井和寿

通り過ぎる愛の言葉
唇を重ねたって 孤独な風
胸を吹き抜ける

出会った日の弾む鼓動は
日常と言う名の フリーザーの中で
とうに凍りついてる

“夢のような毎日が 手を伸ばせばそこに立ってる"
そんなふうに自分に 言い聞かせて過ごしてたけど

傷つく事 傷つける事が
互いになんとなく面倒くさかっただけ
形式だけに 目を奪われて
ただスマートに納まってようとした二人
今となっては
消えゆく幸せの Category

誰かの忠告も聞かず
不吉な占いを 笑い飛ばしてた
まだ無防備だった頃

限りなく全てが
上手くいってるように思ってた
幸せってあまりに
もろく儚いものなんだね

日のあたる場所に続く道
違う誰かと歩き出せばいいさ
恋人同士ではなくなったら
君のいいとこばかり思い出すのかな?
当分はそうだろう
でも君といるのは懲り懲り

本当の自分なんて 何処にもいないような気がしてる
だからこそ僕らは その身代わりを探すんだね
恋の旅路は続くんだね

もう何も 望みはしないけど
最近はちょっぴり解りかけてるんだ
愛し方って もっと自由なもんだよ
君はいつしかその事に気付くのだろう
じゃあ その日まで
さよなら幸せの Category


Release:1997.3.5

当時桜井はプライベートな問題で「精神的にかなり苦しんでいた」と語っており、この曲には厭世観や無常観が色濃く反映されている。
曲はシンプルなコード進行で、デジタルとアナログを使い分けている。
世界一周レコーディングの最中に現地で書き下ろされ「まるで降りて来るように」あっという間に完成し、歌入れも軽い気持ちで仮で歌ったものがそのまま採用された。
手塚治虫の『ブッダ』に影響されたとも語っている。
本作のタイトル候補だったためか、発売時のCMにはこの曲が流された。
ミュージック・ビデオが製作されており、ビデオ・クリップ集『music clips ALIVE』に収録されている。監督は丹修一で、森の中で撮影された。
後にベスト・アルバム『Mr.Children 1996-2000』にも収録された。

 

「ALIVE」歌詞

歌:Mr.Children
作詞:桜井和寿
作曲:桜井和寿

この感情は何だろう 無性に腹立つんだよ
自分を押し殺したはずなのに
馬鹿げた仕事を終え 環状線で家路を辿る車の中で

全部おりたい 寝転んでたい
そうぼやきながら 今日が行き過ぎる

手を汚さず奪うんだよ 傷つけずに殴んだよ
それがうまく生きる秘訣で
人類は醜くても 人生は儚くても
愛し合える時を待つのかい

無駄なんじゃない 大人気ない
知っちゃいながら Uh さぁ 行こう

夢はなくとも 希望はなくとも
目の前の遥かな道を
やがて何処かで 光は射すだろう
その日まで魂は燃え

誓いは破るもの 法とは犯すもの
それすらひとつの真実で
迷いや悩みなど 一生消えぬものと思えたなら
ボクらはスーパーマン

怖いものなんてない 胸を張ってたい
そして君と Uh さぁ 行こう

意味はなくとも 歩は遅くとも
残されたわずかな時を
やがて荒野に 花は咲くだろう
あらゆる国境線を越えて
Uh… Uh… Uh… Uh… Uh… Uh… Uh… Uh…

さぁ 行こう
報いはなくとも 救いはなくとも
荒れ果てた険しい道を
いつかポッカリ 答えが出るかも
その日まで魂は燃え

夢はなくとも 希望はなくとも
目の前の遥かな道を
やがて荒野に 花は咲くだろう
あらゆる国境線を越え…

↑このページのトップへ