月別アーカイブ / 2021年06月

Release:2018.10.3

本作のリード曲で、情報解禁と同時にミュージック・ビデオ (Short ver.) が公開された。メンバーがミュージック・ビデオに出演するのは2014年11月発売のシングル「足音 〜Be Strong」以来約4年ぶりとなる。また、本作発売日である10月3日にミュージック・ビデオのフルバージョンと、林遣都、村上穂乃佳らが出演したもう1種類のミュージックビデオ「Your Song (Original Story)」が公開された。いずれも監督は林響太朗で、武蔵野美術大学「ガレリア」などで撮影が行われた。
鈴木英哉のカウントから曲が始まる。冒頭の叫びは「喜びの叫び」だと桜井は語っている。
ロビー・ウィリアムズの「She's The One」からヒントを得て作られたという。





 


  



「Your Song」歌詞

歌:Mr.Children
作詞:桜井和寿
作曲:桜井和寿

花吹雪が舞うような
きらめく夏の陽射しのような
時は過ぎ
華やいでた想い出も
少しだけ落ち着きを取り戻した

君と僕が重ねてきた
歩んできた たくさんの日々は
今となれば
この命よりも
失い難い宝物

ふとした瞬間に同じこと考えてたりして
また時には同じ歌を口ずさんでたりして
そんな偶然が今日の僕には何よりも大きな意味を持ってる
そう君じゃなきゃ
君じゃなきゃ

苦手意識を持ってた
食べ物もスポーツも堅苦しい場所も
君が薦めるんなら無理なんかせず受け入れることが出来たんだ

時に僕が窮屈そうに囚われている考えごとに
なんてことのない一言で この心を自由にしてしまう

飛び込んでくる嫌なニュースに心痛めて
また時にはちっちゃな事で笑い転げて
一緒に生きていく日々のエピソードが特別に大きな意味を持ってる
そう君じゃなきゃ
君じゃなきゃ

ふとした瞬間に同じこと考えてたりして
また時には同じ歌を口ずさんでたりして
そんな偶然が今日の僕には何よりも大きな意味を持ってる
そう君じゃなきゃ
君じゃなきゃ

そう君じゃなきゃ
君じゃなきゃ

Release:2020.12.2

仮タイトルは「TIC TAC」。
収録曲の中で唯一バンドが参加していない楽曲。まずピアノとヴォーカルだけでレコーディングし、後からストリングスなどを合わせていったという。
桜井曰く「企画もので、名前もMr.Childrenでもないし、桜井和寿でもないし、楽曲だけ提供するみたいな気持ちで作ったもの」とのこと。
2020年12月24日から1週間の期間限定公開でセッション映像「Memories Sessions」が公開され、「Documentary film」と共に披露された。このセッションでは小林武史と四家卯大らが演奏に参加した。
2019年10月の2回目の渡英時にレコーディングされた。

 
 
 

 https://youtu.be/uvZBoJj8eQg

https://music.youtube.com/watch?v=uvZBoJj8eQg&feature=share

https://lin.ee/heJ9cn0A

 
 


「memories」歌詞

歌:Mr.Children
作詞:桜井和寿
作曲:桜井和寿

ねぇ誰か教えてよ
時計の針はどうして
ずっと止まっているのだろう
約束の時間の前で

こんなにも こんなにも
君のことを覚えてる
いつまでも いつまでも
君のことを僕は待ってる

あの日2人で見た
眩しい夢のカケラ
色褪せずに
キラキラ光ってるのに

ねぇ誰か教えてよ
夕日の色ってどうして
胸を苦しくするのだろう?
今日も僕は君を待ってる

君が話してくれた
秘密の話はまだ
僕の胸に
そっとしまったまま

固く目を瞑って
今 手繰り寄せる
どこまでも美しすぎる記憶
心臓を揺らして
鐘の音が聴こえる
僕だけが幕を下ろせないストーリー

ねぇ誰か教えてよ
愛しい気持ちはどうして
こんなにも こんなにも
この心 惑わすのだろう?
いつの日も いつの日も

Release:2020.12.2

日本テレビ系列朝情報番組『ZIP!』2代目テーマソング。
桜井は「1日の始まり テレビに映し出される誰か。その姿を観た別の誰かが『あなたがそうであるなら私も』と希望や勇気で心を強くする。そんなイメージで出来上がった曲です」とコメントしている。
2019年10月の2回目の渡英時にレコーディングされた。


 
https://youtu.be/f3DukQIud_o

https://music.youtube.com/watch?v=f3DukQIud_o&feature=share

 https://lin.ee/9i40Ntl
 
 
 


「The song of praise」歌詞

歌:Mr.Children
作詞:桜井和寿
作曲:桜井和寿

積み上げて
また叩き壊して
今僕が立ってる居場所を
憎みながら
愛していく
ここにある景色を讃えて

いつも取るに足らないことに頭悩まされてた
毛頭 それで何か変わりそうな予感すらしていないのに

だけど逃げるは論外
だって他に行き場なんかない
昔は 自分の価値を過信しては
高い空を見上げて過ごした

駅ビルの四角い窓から
時々 夕日が顔を出し
憐れむように
讃えるように
僕の顔を照らした

僕に残されている
未来の可能性や時間があっても
実際 今の僕のままの方が
価値がある気がしてんだよ

そう誰もひとりじゃないんだ
僕だって小さな歯車
今なら 違う誰かの夢を通して
自分の夢も輝かせていけるんだ

積み上げて
また叩き壊して
今僕が立ってる居場所を
呪いながら
愛していく
ここにある景色を讃えて

誰もひとりじゃない
きっとどっかで繋がって
この世界を動かす小さな歯車
誰もひとりじゃない
だからどっかでぶつかって
この世界で藻掻く小さな
そう小さな歯車

積み上げて
また叩き壊して
今僕が立ってる居場所を
嫌いながら
愛していく
ここにある景色を讃えたい

↑このページのトップへ