月別アーカイブ / 2021年05月



1988年7月4日に発売されたカイリー・ミノーグのデビューアルバム『ラッキー・ラヴ』に収録。
『ラッキー・ラヴ』の日本版は、原版より20日ほど遅く、1988年7月25日にアルファレコードより発売されたが[1]、ここでは表題曲に「愛に走れ」という邦題が付されている。
同年11月16日にWinkが「愛が止まらない 〜Turn it into love〜」のタイトルでこの曲のカバーをリリースするが、その1ヶ月余り後の12月21日に本曲が日本限定でシングルカットされ、Wink版と同じ「愛が止まらない」の邦題を付されてアルファレコードより発売された。
その後、ヒット曲となったWink版との相乗効果もあってか、オリコンチャートにおいて1989年1月30日付より4月3日付まで10週にわたり洋楽シングルの1位となっている。

表題曲は、オーストラリアの女性歌手であるカイリー・ミノーグの1988年の楽曲「愛が止まらない 〜ターン・イット・イントゥ・ラヴ〜」のカバー。Winkの楽曲として、日本語詞を及川眠子、編曲を船山基紀が担当している。
オリコンチャートの週間ランキングでは、1988年11月28日付で初登場19位。12週目である1989年2月13日付で、Winkのシングルとして初の1位を獲得する。以後、8月14日付の98位まで、100位以内には38週連続ランクインしている。同チャートの年間ランキングでは、1988年度においては1.035万枚の売上で492位であるが、翌1989年度においては、同デュオのシングルとしては最大の年間売上である62.95万枚を記録し、5位となった。
当時の大半のアイドル系のシングルが、初登場で最高順位となり、以後は徐々に、または急激に順位を落としていたなか、本作はタイアップドラマである『追いかけたいの!』が1988年12月21日に終了して以降も、上記のように暫く順位を伸ばしつつロングセールスを続けた。

Release:1979.7.5

累計で50万枚以上を売り上げ、チューリップにとっては久々のヒット曲となった。これまでもスマッシュ・ヒットといえる曲はあったが(「銀の指環」「サボテンの花」等)、オリコンTOP10に入ったのは「心の旅」以来である。また、同時期に財津和夫のソロシングル「Wake Up」もヒットしている。
1979年4月頃に書かれた。当時長らくヒットから遠ざかっていたチューリップにとって、久々に「ヒットを意識して作った曲」である。
財津はこの曲のサビの押韻が決め手としており、子音がアになる音を多用することで、多くの人の耳に残るようにしたという。
最高4位(ザ・ベストテン)
1979年年間18位(ザ・ベストテン)


https://music.youtube.com/watch?v=KSvPNGvP1To&feature=share

https://lin.ee/IxLG7cl


「虹とスニーカーの頃」歌詞

歌:チューリップ
作詞:財津和夫
作曲:財津和夫

※わがままは 男の罪
それを許さないのは 女の罪
若かった 何もかもが
あのスニーカーは もう捨てたかい※

白いスニーカー 汚さないように
裸足で雨の中 僕らは歩いた
びしょびしょぬれの トレーナーが
乾くまで抱き合った 夏の昼さがり

(※くりかえし)

白く浮かんだ 水着のあと
指先でなぞれば 雷の音
窓辺から顔つき出して
虹をさがしていた君を 覚えてる

(※くりかえし)

もつれた糸を 引きちぎるように
突然二人は 他人になった
ぼくらには できなかった
大人の恋は どうしても

(※くりかえし)

Release:1997.02.05

日本テレビ系ドラマ『恋のバカンス』主題歌。ただし書き下ろしではなく、元々作られていた曲だったという。間奏のギターソロは桜井が弾いている(ライブでは前半は田原健一、後半が桜井)。坪倉唯子がコーラスとして参加している。

「Everything (It's you)」収録アルバム
BOLERO
Mr.Children 1996-2000

 


「Everything (It's you)」歌詞

歌:Mr.Children
作詞:桜井和寿
作曲:桜井和寿

世間知らずだった少年時代から
自分だけを信じてきたけど
心ある人の支えの中で
何とか生きてる現在の僕で

弱音さらしたり グチをこぼしたり
他人の傷みを 見て見ないふりをして

幸せすぎて 大切な事が
解りづらくなった 今だから
歌う言葉さえも見つからぬまま
時間に追われ途方に暮れる

愛すべき人よ 君も同じように
苦しみに似た 想いを抱いてるの

STAY
何を犠牲にしても 守るべきものがあるとして
僕にとって今君が それにあたると思うんだよ

夢追い人は旅路の果てで
一体何を手にするんだろう
嘘や矛盾を両手に抱え
「それも人だよ」と悟れるの?

愛すべき人よ 君に会いたい
例えばこれが 恋とは違くても

STAY
僕が落ちぶれたら 迷わず古い荷物を捨て
君は新しいドアを 開けて進めばいいんだよ

STAY
何を犠牲にしても 手にしたいものがあるとして
それを僕と思うのなら もう君の好きなようにして
自分を犠牲にしても いつでも
守るべきものは ただ一つ
君なんだよ
いつでも 君なんだよ

↑このページのトップへ