月別アーカイブ / 2021年04月

こんにちは😃
ゆりえです〜😊⤴️


新学期が始まりましたが
みなさん調子どうですか🤔?


うちは二人とも少し緊張してる様子です。
ゆっくりお風呂入ったり絵本を読む時間を
大事にして過ごしてます。 


今日は
5月のGWについて
企画を考えたのでお知らせします!
 

音声に撮ったので


_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2087.PNG
こんにちは!

越谷市で
お客様がみるみる
ポーズがとれるようになるヨガ
をお伝えしています

ヨガインストラクターゆりえです!





今日は「前屈の練習方法」についてお伝えします。

_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2088.PNG


まず最初に
このブログを読んでいる時間を無駄にして欲しくないので

この練習でこんなに変わるよ!
という証明からしていきます。

MjBxzWM2Wy.jpg
ZFi6K1fSaO.jpg
UPOz7DsGuD.jpg


こんなに変わるんですよー!!!

信じて♡
まずは試しにやって欲しいと思っています♡


  

まず!
前屈に必要な要素といえば!



「もも裏の柔軟性」


ではないんです!!




😲😱😲😱😲😱



え!????







って思いますよね。







確かにももの裏も伸びるのですが




もも裏を伸ばそうとすると
「前屈はなかなか深まりません」



じゃあどこを伸ばすの?って感じですが・・・



実は伸ばさないんです。



柔軟性ではなく
「縮める」ことがとても大事なんです!




ち、縮める???!!!




びっくりですよね。



伸ばすと思っていたポーズのポイントが縮む。
だなんて・・・・





解説しますね!

前屈ポーズって立った状態で行うとこんな感じですよね。


_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2088.PNG
ももの裏側や膝の裏が伸びて「いてててて〜」ってなりますが

ここで!「お腹」をみてください!





お腹に脂肪が・・・ではなくw

シワが寄っていますよね。






これ収縮(縮んでいる)している証拠!






そう!

もうお分かりですね♪





前屈で必要なのは「お腹を縮める力」なんです!







お腹に「ギューーーーー」って
力を入れて縮めながら前屈をすると前屈が深まります♪







えーーーー。わからない。深まらない。

という方も安心してください♪







お腹を縮める練習もできて
前屈も深まる方法があるのでその練習方法をお伝えします!





①壁ぎわに立ち「かかと」を壁から「ぐー2個分」ほど開けて
「腰幅に足を広げて」立つ


_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2091.PNG
↑こういうヨガブロックみたいなものを用意する
(お風呂の椅子とかでもOK)






②お尻を壁につけたまま「お腹にギュー」っとちからを入れながら前屈する
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2090.PNG






③ブロックに手を乗せてサポート

*おしりを壁につける
*膝を伸ばす

*がキープできる高さにして手を乗せる
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2089.PNG
ここで「吐きながら」
①肘を曲げて「すね」と「おでこ」を近づける



②「吸いながら」肘を伸ばして「すね」と「おでこ」を遠ざける



この動きを繰り返します!

10回ほど行ったら起き上がって



もう一度柔軟性UPしているかチェック♪



_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2088.PNG




柔らかくなるとうれしいよね🥰️💕



私も前屈が苦手で
まだまだ膝が曲がってしまう硬さですが
日々練習してます♪






最後に
【前屈の嬉しい効果】を紹介

・腰痛改善
・姿勢が安定する
・疲労回復(たくさん歩いた日に必ずやります)
・鼻づまり緩和(起き上がると鼻呼吸しやすくなる)
・リフレッシュ


最後までご覧いただきありがとうございました♪


3月から4月は「三寒四温」というように朝・晩の「寒暖差」が激しい時期。


この寒暖差に寄って「自律神経」の働きが乱れていきます。

■自律神経の乱れやすさチェック!

・気候の変化に敏感
・疲労感がずっとある
・朝起きれない
・ストレスが溜まっている
・乗り物酔いをしやすい
・運動する機会が減っている
・肩が凝りやすい
・偏頭痛持ち
・息切れする
・めまいや動機
・食欲不振

などのいわゆる「体調不良」は自律神経の乱れからきているかもしれません。

特に季節の変わり目で「お腹が緩くなる」または「便秘になる」方も
自律神経の乱れの可能性があります!


自律神経を調える方法

・自分がどんな時にストレスや不調を感じやすいのか知る
・定期的にストレス発散をする
・自然の中に身を置き静かな時間を作る
・運動をする
・ストレッチ
・ヨガ
・姿勢を調える
・肩こりを解消する
・ヨーグルトなど発酵食品をとる


ヨガでは「からだをねじるポーズ」や「背筋ポーズ」や「呼吸法」を行い

自律神経の働きを整えていきます♪


自律神経は簡単にいうと「頑張る」と「リラックス」のバランスを調えることです。

頑張りすぎは「疲労感が抜けない」「ずっと興奮している」「眠れない」

とい状態になりやすいし

リラックスしすぎは「やるきが起きない」「なにもしたくない」「力が入らない」というメリハリのない状態になります。


この「頑張る」と「リラックス」のバランスを調えるのにYogaはとっても

おすすめです♪



今月、
クラスでも行っている「自律神経を調えるヨガ」を動画に収めたので

よかったらご覧ください。


通常60分5500円のクラスですが→ヨガを知っていただきたいので

特別価格 980円にて販売します!


是非この機会にお試しください!



4月自律神経の働きを整えるヨガ▼

4月におすすめのヨガ|ヨガ初級者向けインストラクターの「ゆりえ」|note
3月から4月は「三寒四温」というように朝・晩の「寒暖差」が激しい時期。 この寒暖差に寄って「自律神経」の働きが乱れていきます。 ■自律神経の乱れやすさチェック! ・気候の変化に敏感 ・疲労感がずっとある ・朝起きれない ・ストレスが溜まっている ・乗り物酔いをしやすい ・運動する機会が減っている ・肩が凝りやすい ・偏頭痛持ち ・息切れする ・めまいや動機 ・食欲不振 などのいわゆる「体調不良」は自律神経の乱れからきているかもしれません。 特に季節の変わり目で「お腹が緩くなる」または「便秘になる」方も 自律神経の乱れの可能性があります! 自律神経を調える
note.com

↑このページのトップへ