今年もまたひとつ歳をとりまして。
5月4日は生誕祭をしました。

わー!
 朝会場入りしたらお花とバルーンが。
かなりびっくりと初めてこういうのをもらったのでめっちゃうれしかった!送ってくれた子たち、ありがとう。


もらったケーキもすぐ食べた。古関れんはフルーツタルトが大好き(豆知識)

去年はちょっと大きなところでどーんとしたけど今年は去年と違いを出そうと思いまして、小さめのイベントスペースで30人ちょっとずつ。一部二部のチケットが10分ほどでなくなったので三部を追加して三回まわしでした☺︎


普段大勢の前に出るイベントだとわたしのこの話はいらないだろう、とか要点や趣旨をいれて進行しなきゃいけないとか考えすぎて大体つまらないと言われるのであまり考えないように自分の思うことを話した。これ結構珍しい。

というか、あまり考えないということがわたしにとってはすごく難しい。

せっかくの少人数制だからみんなの顔が見えるよううろうろしたり、一年を振り返りわりとパーソナルな話をし1人ずつとツーチェキ。
プレゼントもありがとう。きてくれたうえにこんな、大切にする。

チェキって浮き上がってくるのを確認するのに少し時間がかかってそれを待ってサインをするからお話しできる時間が多いんだよ。だから時間の決まったイベントでやるのは少し大変ででもそれよりも一対一で話せる方が大事だと思うからチェキにしたの。みんなにむけてわたしが質問したことをみんなの前では言えなかったけどってこっそり話してくれたり、どこからのきたの!とかわたしもこれ好き!とかいろいろ聞けて楽しかったよ。わたしはこういう時間を大切にしたいと思ったし、みんなはどうだったんだろう。

三部のゲストしーちゃん。

三部はゲストのしーちゃんにわたしの解説をしてもらいました。
古関さんはとんでもなく友達と呼べるひとが少ないので今回のイベントで1番大変だったのは手伝ってくれるひとを探すことだった気がします、、。(まじ笑えない)しーちゃん然り、仕事でお世話になっている方や高校時代の友人など勇気を振り絞り頼み快く引き受けてくれて感謝しかないです。本当に助けられまくっているので恩返しができるひとになる、は今年も引き続きの抱負です。

あほっぽい

日々あのこはどこにいったんだろう、だったり飽きられてしまうのかなそんな風に思う。イベントはすごく自分を消費していくものだと感じるからこそ一回一回をすごく大切にしている。イベントにきてみてもう来なくていいや、なのか、また会いたいと感じてもらうことができるか。もちろん後者がいいしわたしは来て良かったなと思ってもらいたいから勝手にプレッシャーや不安を感じていて。この日もみんなが楽しかったのかなあが1番きにしてるところだったりする。
(暗い話でもないよ)

わたしの話をさせてもらうと本当に幸せな日でした。今年も出来て良かった。
あの場所に時間とお金を使ってきてくれている、それはすごいこと。(北は青森南は沖縄から、、!)自分でいうのもなんだけど愛のある場所だったと思う。みんなに好きでいてもらえるように今年も一層頑張るよー!きてくれた方みんなありがとう。また会いましょう!



twitterでメッセージ送ってくれたかたもありがとう。全部見てるよ。
書くのが遅くなってしまってごめんなさい。5月中にかけてよかった。またね!