2020年を迎えたと思ったら、あっという間に世の中が大変なことになってしまった。

コンサートが開催できない。行けない。

そんな中でも、定期的な生配信や、各種SNSで歌声を発信してくださっている藤澤ノリマサさん。

最近歌声を聴くたびに感じるのは「この上なく気持ちいい歌声」だということ。

ここにあれこれ紹介しても世界に広がるわけではないけど、気持ち良さを少しでも残しておきたい。

柔らかい、力強い、弾む、響く、あらゆる歌声が色んな形で届く。
新曲「SOLARE〜威風堂々〜」の歌詞の中に、「世界に届けたい歌声響かせ」というフレーズがある。
この歌声、届け世界へ!






ついでに、自分で頑張った作品もこっそり貼っておきます…

2019年。ノリマサさんのファンとして、初めて丸一年を過ごしました。

新規ファンの私にたくさんの方が声をかけてくださって、色んな方とお話することができました。
本当にありがとうございます。
とても楽しい1年を過ごすことができました。

北海道から九州まで、色んなところのコンサートに行ったこと。
(ちょくちょく長距離ドライブ🚗を楽しんだり。)
コンサート明けから職場に直行して、何食わぬ顔して仕事したこと。
そして、今夜の国歌独唱を緊張しながらテレビの前で微動だにせず聴いたこと。

ファンになって良かった‼️
最高‼️
と思える瞬間がたくさんありました。

明日から始まる2020年。
嬉しいお知らせがたくさん控えてる雰囲気。

ノリマサさん、スタッフの皆さん、ファンの皆さん、今年一年ありがとうございました😊

2020年も全力で応援していきます😁

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2814.PNG
新しい年もどうぞよろしくお願いいたします😊

2019年11月3日・4日 藤澤ノリマサさんのタウンニュースホールコンサートに行ってきた。


1年前の11月には、ファンになっていたものの、まだコンサートに行ったことはなかった。
1年前のタウンニュースホールも、ファンになった頃にはチケットもすでに完売していた。
それまでは他のアーティストに対しても、好きになった曲をCDで聴ければ満足していた。何が何でもコンサートに行きたい!と思ったことは殆どなかった。
だから、完売していたチケットにもそれほど興味を持たなかった。

だけど、そのタウンニュースホールコンサート終了後の blogを読んでいるうちに、初めて行けなかったことを後悔した。
ちょうど、一通りのCDを手に入れた頃だった。

そこから1年。気がついたらいろんなところでのコンサートに向かっていた。

今回のタウンニュースホールコンサートは1年越しの念願叶って参加できた。電話がなかなか繋がらない、繋がったのに途中で切れる、というアクシデントもありながら、無事チケットも手に入れた。

アットホームな雰囲気のある会場。昔よく利用していた地元のホールによく似た空間。

塩入さんのピアノに心奪われる内に、ノリマサさんのご登場。
オープニングの工夫やうっかりリハーサルの様子などのMCも温かい雰囲気。

2日ともピアノの音色と歌声に心震えた。
2人だけのステージは、レジェクラともまた雰囲気が異なる。
ピアノという楽器の素晴らしさを、塩入さんのピアノで気づかされる。
思わず塩入さんのアルバムを購入。

そんな2日目のステージは、ステージもオーディエンスも最初から最高潮❗️
ノリマサさんの声も響く・伸びる‼️
思わずノリノリでhand clap。
この歌を聴くために、頑張ろうと何度も思った。

熱唱する姿、声を詰まらせる場面、歌えなくなるほどの涙。
その姿から、どれほど歌が好きか、どれほど歌うことに強い気持ちを持っているかが伝わってきた。

私は新しいファンなので、人伝てにしかこの10年余のことを知らない。
長く支えてきたファンではないけど、これからを一生懸命応援するファンでいたいと思う。

これからも色んなことがあるだろうし、色んな人から色んな意見もあるんだろうと思う。
何が正解なのかは分からないけど、私はあの歌声が大好きだから応援したい。

贅沢な2日間を過ごして、ようやく「もぬけの殻」だった身体に日常が戻ってきつつある。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2422.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2492.JPGプレイヤーとして、ナビゲーターとして、色んなところで活躍するノリマサさん。

いつも楽しくて幸せな時間をありがとうございます😊

↑このページのトップへ