月別アーカイブ / 2018年10月

これが今回、最後の台本です。

ウルトラ・丸山がやってくれたネタ。

今年、一番やっているネタで気に入っているネタです。

丸山は本当に演技もうまいし、僕よりコミカルに演じてくれていた。凄く勉強になりました。

これは対したことでもないんですが下手にではなく、上手に椅子を置いていて。それも印象をこんなにかえるんだって勉強になりました。



丸山用台本

一人コント『劇作家』


⬛暗転中センター板付き

⬛下手椅子1脚

⬛場所 劇作家の男の自宅。男40才、売れない劇作家。娘由里16才アルバイトをしている、いやがっているが実はファザコン、父親と同い年の彼氏がいる。

⬛時間 19:00過ぎ 夕食前

◼️おおよそ4分



○徐々明転

男(職業劇作家。今年で40。家族構成 嫁。娘二人。犬。)がケータイで電話をしている。

(明転と同時に電話で話し出す。)

『はい、あの。えぇ。わかってます。はい、はい、えぇ。そこをなんとかならないかなっていう。いや、私のような今年40の売れない劇作家にですよ。女子高生の気持ちを描いたドラマを書けって言われましても。えぇ、はい。。。明日の朝までに。』

ケータイを切るマイム。小さくケータイを見つめてため息。

下手に移動する。

椅子に座る。

パソコンを開くマイム。頭をかきむしる。キーボードに手をかけるが余り進まない様子。

(誰かきたなぁという感じで)上手を少しみる。エンターキーで保存するマイム。

『どうした?由里?お父さん仕事中…』

仕事中に娘の由里が来た。由里(高校生一年生。自由のゆうに里芋のさと。劇作家の男のシンメトリーへのこだわり。ファーストフードでアルバイト。実は少しファザコン気味だが自覚なし。)

『お風呂?入ったよ。臭いって言われたくないんだから。あ、ごめん!お前が入ってからお父さんだよな。お父さんの入った風呂は入りたくないんだよな…ごめん。』

娘の由里になにか言われてる程度の間。

『やだよ。いってじゃなくて。約束…。したけど。罰ゲーム。。。わかったよ』

一瞬俯いて勢いよく顔をあげながら

『お風呂の滑りの成分はお父さんの成分でできてます!!!』大きな声で元気よくはっきりと。顔はいい顔をして。

(少し間をおいて)『なんだよこれ。。。』

落ち込む。

『…まだなに?シャンプー?したよ。臭いって言われたくない。あーーーかいボトル。あ、ごめん。あれお前のなんだよな。アルバイトしてまでわざわざ買ったやつ。高いんだよな…。

ん?じゃなくて?あ、お父さんがファってした時にいい臭いなのが嫌なんだ。自分とお父さんが同じ臭いなのがいやなのね。へぇー。ごめん』

何か違和感を感じた顔。違和感に気がついた顔。

由里を指差して『いいね。なにその感覚。お父さんにないよ。あ!臭いのもダメだけどいい臭いなのもいやなんだ!え?え?え!?』

ここの後半台詞はパッションでテンションあげて。多少のアドリブを入れる。

その後『ゴメン!お父さん興奮してる!いや性的じゃなくて知的にだ!!!』

これは何かネタになるぞと言う顔。

落ち着いて考えている。


『ちょっと待て。じゃあどうやってお風呂入ってるんだ?ぬめりの成分はとか言うから風呂桶が嫌なのはわかる。いや…だから性的なことでは』

由里を見つめ説明を聞いている間。
ねじる。はずす。つける。ねじるのマイム。

『マイシャワーヘッド?マイシャワーヘッドつこうてんの?おもろ!えづらおもろ。かえてるえづらおもろいね!』

テンションがここでグッと上がる。早口になる。

パソコンにメモをとるために向かう。

『え、え、え、残り湯で洗濯してますけどうち。コインランドリ?!いいね!その苦労いいね!』

テンションをあげる。パソコンに向かう。

『あ!お父さんお小遣いあげたくなっちゃったよ!千円でいいか!?』

ポケットから財布を出すマイム。

『お父さんが触った千円なんてもう千円の価値ないよな!後で振り込んでおきます!』テンション最高潮に。嬉々として笑顔で頭を下げる。


『ん?話?あーそか。なに?彼氏が今から来る!?…弱い!弱い!そんなのもう父さんには嬉しくも悲しくもないね!』

残念そうにパソコンに向かう。由里に何か言われる。

『お父さんと同い年!?ベタでいいね!!』

パソコンに向かう。

『お父さんと同い年のベルギー人!?うわ!絶対にコインランドリーで出会っているよね!!あ、おい!由里!!』

由里が出ていく。

思い付いたような顔。振り向いて。

『由里!由里!さっきの千円でワッフル!!ワッフル買っといて!俺と由里で家族を支えようなぁ!!!』


パソコンに向かう。進む原稿。手を止める。ため息。

『あぁ。水回りのシーン多いな。』


⬛暗転C.O


1540220172475.jpg


たなしゅう単独ライブ
『かいぶつたちのよる』

2018/10/27(土)

CHARA DE asagaya

①開場: 16:30
    開演: 16:52
②開場: 19:40
    開演: 20:00

前売券1,500円
当日券1,800円

https://tiget.net/events/29277

コントをたくさんします。

本当にみてほしいです。
よろしくお願いいたします。

IMG_20181016_195110.jpg


はてさて。余りにも皆が凄くて自分がウケたような気持ちになっちゃいました。

頑張ります!

出演者の皆様。スタッフ様。なにより『誰やねんのネタカバーライブ』を温かく見守ってくれた皆様。ありがとうございました!


さらにですみません。

ランボルマーチン・大野がやってくれた台本。

とてもよくやるネタで、内容以上になんか嫌な感じだなぁを楽しむネタなので大野がふてぶてしくやってくれて嬉しかった。ありがとうございます。


大野用台本

一人コント『ヒーローのコスト削減』

およそ三分半


⬛暗転中センター板付き

⬛センター机1、 椅子1、 ハンドマイク活かし、白衣、暗めのズボン

⬛場所 ヒーローの秘密基地、会議室のようなイメージ。集会をしている。

⬛時間 昼。

⬛️状況 日本中のヒーロー、ヒロイン、魔法少女が秘密基地に集合させられてコスト削減の説明会を受けている。

⬛️キャラクター。説明会をしている人物。地球防衛軍の幹部、経理担当。裏設定としては元々ヒーロー。淡々とした冷たい口調。この説明会を度々しているので多少飽きているし慣れている雰囲気。コントというより、説明会として自分のテンポでお客様をヒーローと見立てて説明会をしてください。





暗転板付き。センターの椅子に座っている状態。ハンドマイク最後まで活かし。

L徐々明転

男、マイクを適当に試しながら
『あ、あ、あ。皆様。お席にはつけましたでしょうか?資料行き渡ってますか?あ、どうぞ、今来られた方。お席まだあいてますよっと。』

小さく咳ばらい。

『はい、それでは説明会、はじめさせて頂きます。まず私の、自己紹介をさせて頂きます。私、地球防衛軍、幹部で経理、を、しています大野と申します』

全体を見回しながら『本日はヒーロー、ヒロイン、魔法少女の皆様に起こし頂きまして誠にありがとうございます。本日、皆様に起こし頂きましたのは他でもありません。地球防衛軍のコスト削減の説明会をさせて頂きます』

咳ばらい

※ここは30秒ほど適当に如何に不景気か?如何にコスト削減しなくてはならないかをニュースを交えて話してください

『例:えーニュースなんかを見ていますと、タバコの値上り、消費税増税、コンビニのパンが値上がりしたのに小さくなる。生活が豊かに一向にならないわけです。それは、地球防衛軍とて例外ではありませんので皆様にコスト削減をご協力頂きたくですね、説明会とさせて頂きます。』

少し間をあける。沈黙。

『えーまずですね…』

『普段、五人編成で戦っているよーって方はいらっしゃいますかー??五人でー。集まって戦っているよーっていう』手を挙手させるマイム

『あ、そちらとか。そちら。ね。結構、ベタな。こちら今後は、人件費がかかってきますので平日三人、土日祝日四人体制で戦っていただきます。』

『えー、あと。あ、はい?そちらの赤い方。黄色い太った方の隣の。どうぞ』

客席から話しかけられているマイム。

『えー。いまですね、そんなことで地球を守れるのか!という御意見を頂きました。まぁその辺はですね、皆様お得意の気合とガッツで乗り越えて下さい』

『えー。普段透明になるバイクとか、ロボットになれる車で移動されている方?いらっしゃいますかー??こちら既にバイク王にて買い取り査定済。買い取り査定済です。今後は原則電車移動なので乗り換えに気を付けてください。』

『変ー身!して戦っている方?いらっしゃいますかー??こちらは特殊な繊維がとてもコストかかりますので、動きやすい格好で集合。ジャージ等お勧めしております。

バズーカ等使っている方?あ、いらっしゃいますね、こちらもランニングコストかかりますので原則、月に1発まで!ここぞで、使ってください。どうしても2発使いたい場合はですね、バズーカを構えて頂きまして…大きな声でドーン!!これでいきましょう、怪人達もビックリすると思います。』

『は?はい。そちらの。昆虫みたいな被り物の方。』

聞いているマイム。

『えー。いまですね。そんなことで街の平和を守れるとは信じられないという意見を頂きました。でもまぁ、信じることが最大の武器だってね、皆様が子供たちにいつも言っている通りです』

『東京、大阪、福岡、名古屋、仙台…以外の地域は守らなくて結構です!』

『魔法少女の皆様は労働基準法の問題で解雇。魔法少女の横にいる、なんかしゃべる可愛いヤツは保健所に殺処分とさせて頂きます。』

『まぁね、怪人達もコスト削減しているときいてます…あぁ…ヒーローの皆様が…悪い顔している』

L暗転C.O

1540220182189.jpg
1540220177386.jpg


たなしゅう単独ライブ
『かいぶつたちのよる』

2018/10/27(土)

CHARA DE asagaya

①開場: 16:30
    開演: 16:52
②開場: 19:40
    開演: 20:00

前売券1,500円
当日券1,800円

https://tiget.net/events/29277

コントをたくさんします。

本当にみてほしいです。
よろしくお願いいたします。

IMG_20181016_195110.jpg

こちらはジャパネーズ・モネちゃんにやってもらった台本。

去年の単独でやったネタ。

僕よりめちゃめちゃ良かった。というか僕よりモネちゃんがやるべきネタなのではと思いました。演技力が凄かった。



モネ台本。

一人コント『しろいへや』


およそ7分。



⬛暗転中センター板付き、土下座のような姿勢でうなだれている。

⬛道具なし

⬛場所 どこかのしろいへや。

⬛時間 室内でわからない。借金まみれの男の奇妙な半年間。

⬛️衣装 白い服か黒い服。無機質。

⬛️カイジやキューブ、ソウのような話。ひどく借金だらけの男が黒服の男に声をかけられてしろいへやに閉じ込められる。

『この部屋に一年いろ。それだけで一千万円やる。』と言われる。パニックになるどころか自宅より快適だ!と思い、いやむしろある意味これは仕事だ!と喜ぶ。







明転板付き。

土下座のように項垂れている。

L徐々明転(パーライト1234のみ)

『しろいへやには何もないんだ。しろいへやには何もないんだ。』

少しずつ力なく立ち上がる。

『その日は。俺は。。。パチンコで。ひどく負けてさ。家賃にも手を出して。水道電気ガスはいつから止まっているんだろ。あぁ。ケータイも止まった。どうしよう。』

『しろいへやには何もないんだ。最後のタバコをパチンコ屋の駐車場で吸っていた。しろいへやには何もないんだ。黒い、スーツの。いかにも怪しい男が話しかけてきた。』

『え?あ、はい。海物語。え!となりで打ってたんですか!?そうなんですよ魚群はずしちゃって。え!?いいんですか!?』

『あー。アメスピをくれた。そのタバコがえらく旨くて旨くて。話が。弾んで。しまった。黒服の男がいい話がある。儲かるなんていうから。なんだか。ついていって。しまった』

パタンっと倒れる。3秒程して目を擦りながら起きる。



L(バック白、フロント白、サイド白)

『しろいへやには何もないんだ。気が付いたら、ここにいた。真っ白な、10畳程のしろいへや。何も部屋の中にはない。あ。毛布は。ある。入り口は。ない。ユニットバスが端っこにむき出しで。ある。天井は高ーーーくて。その天窓からあの黒服の男が覗いている。』

『「しろいへやに一年間いろ。そうしたら一千万円やる」と。そういって。黒服の男はパタンっと天窓を。閉じた。。。』

部屋を無言で見回す。

『…。おい。おい!おい!!』

『…は?は?いやいやいや。最高じゃん??ここでいいじゃん!!うちのアパートより広いよ、ウチ4.5畳だよ。風呂なしトイレ共同!物件として、こっちのがいい!天井高いー!入り口ないのオシャレー!電気つく!水道でるー!お湯!お湯!!お湯!!!家賃払わなくていいんだよね?!やったー!』



天窓から食べ物がロープで降ろされる。目線でジェスチャーで。

『なになになに?ん。おうおうおう。は?ごはん?ごはん?わ!八宝菜!うずらも!出来立て!食事つき?野菜多目の食事つき?ここ最高じゃん!頂きまーす!』

がっついて食べて

『お腹が一杯になって。思い出した。連日の派遣のバイト。ストレス。そんな疲れが吹き出して。俺は
ひどくまた眠たくなった。それから時計もないから。わからないけれど。ひどく寝た。』

パタンっと寝てしまう。起きる。

『しろいへやにはなにもないんだ。3食ついて空調もついてて。だいたい2週間くらいかな。経ったときに気がついた。』

顔を触りながら。

『…肌艶よくなっている!?』

『3食でてきて、ゆっくり寝かせてくれて、煙草やめさせられたら肌艶よくなっている!?』

『しろいへやにはなにもないんだ。疲れもとれて、部屋を見回す。なにもない。少しやっと。怖くなってきた。ここはどこだろう。これは。何なのだ。何が目的なのだろう…そんなことを天麩羅蕎麦を食べながら考えてた』

『…。そうか。これは。映画とかで観たことがある。人を閉じ込めて。頭がどうかしていく様をどっかからみて楽しんでやがるんだな…。くそー!!そうかー!!これ!仕事じゃん!!エンタメじゃん!!楽しませてあげないと、ご飯出してもらえなくなっちゃうかもだ!!』

『しろいへやには何もないんだ。それから、俺は年収一千万円、住宅補助、食事補助付の仕事としてしろいへやに向き合うようになった。エンタメだ。楽しませなきゃ。』

『「おい!!こっから出せよー!!」と叫んでみたり』

『「おい!どっから観てるんだよ!!」…あそこです。ほら。あそこだけ、色が少し白くないし』

『「煙草!煙草よこせよ!なぁ!おい!」…禁煙したかったんすよね。毎月バカにならないもんなぁ、あ、これで光熱費払えるんじゃね?うぇーーい』

『しろいへやには何もないんだ。そうやって仕事を毎日八時間。休憩60分を自分に課す様になりました。充実感と少しの疲労感。それがまた毎日の睡眠と食事をよいものにしていきました。…ある日。』

舞台後ろの壁を探りながら

『デグチドコダヨーデグチーダセヨー』(棒読みで全然本当は探していない感じで)

『ん?ここの壁だけ。少し薄い。ん?なんか声が聞こえる。なになに。赤い部屋?赤い部屋には絶対に行くな?』

『赤い部屋?しろいへや以外にも部屋があるのか?

『赤い部屋…。シンプルに部屋が真っ赤。落ち着かないー!赤い部屋…。赤井英和が大家。別にいいけど!赤い部屋。』

適当に赤い部屋から連想されるイメージを大喜利して言う。

『久しぶりによくわからない言葉遊びをして疲れて、俺は。。。寝た。。。』

寝る。



L サイドライト赤。チカチカ三回させる。

煙たいなぁと言う感じで起きる。

Lじわじわと真っ赤な照明。

『ん。なに。煙たい。うわ!なんだ!?は!?』

『おい。おい。なんだよ。マジか。赤い部屋って。この部屋の事かよ!おい!死んでしまうぞ、出せよ。おい!ふざけんなよ!!しろいへやだろ!赤い部屋じゃないだろ!!殺したら!お前たちもやばいだろうが!!エンタメじゃなかったのかよ!エンタメって。。。勝手に俺が思ってただけなのか!!!一年間しろいへやにいろって言ったのに!くそ、煙。』

『っと言ってたらハンマーで壁ガーンって壊して黒服登場。こちらですと俺の手を引っ張って行きました』

上手にはける。

L完全明転

通帳を見ながら歩いている感じで上手からセンターまでゆっくり歩いて登場。

『…シンプルな火事でした。黒服の寝タバコが原因でした。1オペで疲れててとめちゃめちゃ黒服謝ってました。』

『黒服に連れられて現れた呼吸器をつけた、指輪だらけの車椅子の老人と一緒に何故か写真をとった。楽しかったよと言われた。』

『あ、黒服さん。あの。さしつかれなければ。赤い部屋ってなんだったんですか?あぁ。赤い部屋じゃなくて。浅い部屋。何が浅いんだろうー!こわいなぁ。え?いやいいですいいです。では。』

『外の世界では。半年が過ぎていた。俺の通帳には半年分と少し色を付けた金額が振り込まれていた。大金だ。これで。家賃とか光熱費払えるなぁー!と思いながら、とりあえずパチンコ屋に向かった。』

L暗転。
1540220191373.jpg
1540220186882.jpg

たなしゅう単独ライブ
『かいぶつたちのよる』

2018/10/27(土)

CHARA DE asagaya

①開場: 16:30
    開演: 16:52
②開場: 19:40
    開演: 20:00

前売券1,500円
当日券1,800円

https://tiget.net/events/29277
IMG_20181016_195110.jpg

↑このページのトップへ