選びシロを与えてあげるのが大事と強く思うようになりました。

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8879.JPG
↑これは、のりしろ


ご信心も、
これが絶対だ、
となると、そうなのかもしれないけれど、反発したくなったり。

選んでもらうというのがとても大事で、
自分で選んだ、となったらちょっとやそっとじゃやめない。

それ以上に、次(子孫)に伝えようという気にもなる。

だから、とても大事にしないといけないこととおもいます。選びシロ。

詰めすぎると弾けるとは道理です。ビニール袋でもそう。詰め過ぎたらいけません。

程よく自分が選んだ、となったら堅いのでしょうね。

教祖様は、
【信心させてあげたい】
と仰られました。

信心させてあげたいです。

と思える自分もまた、
自分でこの道を選んだ!と思えている何よりの証拠なのかと、確認しながら嬉しくもなったりしています。

次です、次。
そのための私。

いかがでしょうか。

人それぞれなのに、
この人は敵なのか、味方なのか、
そんなことばかり考えていました。

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8877.JPG

神様は味方。
それは何となく分かりました。
けれど、人は、、、

良い時もあれば悪い時もある。
少しの言葉遣いで敏感に受け取ってしまう時がありますね。
だから、昨日までは味方、
と思っていたのに、今日は、
いやにつっけんどんで、「あれ?」と思うことがあったり。

いかがでしょうか。

多かれ少なかれ誰もにあることかと思います。

こんな、我が状態を知れば知るほど、
自分の脆さ【信じる弱さ】を知れば知るほど、
だからこそ、お願いしていかないといけないなぁなんて思います。

私は大丈夫、
では祈ることも出来ませんね。

そして、大事なことは、
敵だと思っていた人もいつか味方になったりするのです。←これ自分の中です。でも、外側もあるかなぁ。こちらがつっけんどんだと段々と嫌になってくることもありますからね。

まぁ、それが人間と思いますし、それだけ不安定なお互いだと思うのです。ご信心させていただいて、強くそう思うようになりました。

まずは、自分の不安定さを知ることです。
話はそこからかと思います。

あぁ、本当に、私という人間はこれほどまでに不安定だったのだと、最近思い知らされております。

いかがでしょうか。

あぁ、心が溶けているから言えるセリフ
「良いところを見よう」

心が凍り固まっているときは、もっとも受け付けない言葉でした。

あの人のどこに良いところが?
と二言目には言ってました。

心が溶けたときで良いと思います。

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8875.JPG
↑めちゃくちゃイメージ通りのフリー画像に出会えました(^人^)

この瞬間を逃さずに、
良いところを「見る」
というよりは、
良いところを「見つける」
でもいいですし、とにかく、努めることが大事と思わせていただきました。

とっても我(が)の強い私、
ご信心いただき、心が溶ける経験は何度となくありました。
また起こるんですね。凍り固まってくるんです。

今思っても油断だったように思います。

どれだけ(あと何回)溶けたら終わりなのか、こればっかりはよく分かりませんが、少なくとも溶けている今、やるべきことがあるのだろうなぁと。

それが
「良いところを見つけていくこと」
そのお願いを今、しています。

いかがでしょうか。

↑このページのトップへ