_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0308.JPG
この地球(ほし)をもっと面白くをテーマに、国づくりをすることにしたのだけども、その旗上げ宣言を実はオンラインサロンメンバーに先にしていて、裸の王様になってもしょうもないので、場所の策定から全部サロンメンバーみんなとしてる。


国づくり関連記事
本気でアートの国を建国します : 小西玲太朗(コニシリョウタロウ)
金を持ってもパリピってるか所有武装してオラってるばかりでクソつまらんダサい連中ばかりなので、面白そうな事は全部自分でやる事にしました。もしくは稼いだ金は面白そうな事に使うようなスタイルのカッコいい知人友人諸先輩方の仲間に混ぜてもらう感じでやっていきます。
lineblog.me


基本的には山奥の更地を探していて、全くの未開発状態の土地を開発してまずは小さい村から始めようと思ってます。領地を奪っていく領地拡大ではなく、村の魅力がほとばしりすぎて「仲間にいれて!」「我々の領土も差し出すから開発してくれ」と周辺の人々が自分達の領土を差し出してくれるぐらいのクリエイティビティとハッピーな空気を醸し出して領土を拡大して村から町へ、町から地域へ、地域から国へと変貌を遂げていけたらいいなと妄想してる。アートで啓発できれば、きっと穏やかな感情が創れたりすると思ってる。


こんな浮き足立ったような妄想家に共鳴して、積極的に不動産に電話して必要情報を諸々聞いてくれたりする人、よりよい物件を探してくれる人、開発に必要な知識を集めてくれる人や、開発段階で必要になるであろう人脈を紹介してくれる人、等々指示も命令もしていないのにプロジェクトが進行していっている。


サロンメンバーをみていて強く確信したけども、好きな事や面白いことをしている時の人間ってのは、ぶっとんだアイディアも出てくるしとんでもない行動力が湧いて出てきたりするもんだ。僕もまたそうで、やりたいことへ執着してやりたいことをやるために取捨選択をしてきたからこそ実ったし、アレやコレやと同時にやってのけてこれたんだと思う。好きな事なら何十時間でもやれるしね。


僕はホームレスもやってきたし、泥水すすって生きてきた時期もあるけど、どんな道を選ぼうとも悲観的になりさえしなければ生きていけることを体験から知っている。あの時好きなことだけやる事へ執着してきた自分を、好きな事だけやれている今、より深く感謝している。ただ1つアドバイスさせてもらえるなら、もっともっと徹底的にやりたくなかったことを排除すべきだったという事。


あなたが何かとため息や文句が多い日常を過ごしているなら、それらをどう排除するか考えてみるといい。辞職しようが、バッサリと人間関係を切ろうが、ライフスタイルを変えてみようが、好きな事だけして生きていく事への執着心を強く強くしていけば、そうするために必要なアイディアは湧いてくる時がくるはずだ。