_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0048.JPG
遡るとそこそこな年月を振り返ることになるんだけど、早い話僕は誰にも依存せずに縛られずに音楽活動をする為にお金を稼がなくっちゃと、デザイナーになったしその延長線上で経営者をやってきた。

その間、多くの人に嘲笑されたし音楽に向き合い続けた仲間の一部は日本トップシーンに君臨するキャリアも作っていった。自分の選んだステップを信じきれなくなる瞬間も何度もあったし、お陰で30代に突入なんかもしちゃったけども、勝利の道が今回の訪日で完全に開けた感がある。

随分と自分を押し殺して数年間地盤固めに時間を投資したけども、ここから僕はもう一度、自分に帰ることが武器になるフェーズに入る。生粋のクリエイターの僕にね。

具体的には、デザイン業立ち上げのきっかけにもなったグラフィックアーティストとしての活動を再開します。アート界で商業的にも芸術的にも成功します。

そして更にアクセルを踏み込んでマスマーケットにロックアーティストとしての活動も仕掛けていきます。仕込みと表現の両側面でこちらも同様、当然商業的にも芸術的にも成功します。

パーソナリティも売り出します。時間はかかりますがユーチューバーとしてもトップを狙います。これは全てアート活動への伏線ですが、アートだけではリーチ出来ない層への大切なアプローチプランです。

アート・ミュージック・シネマ・パーソナリティの4大クリエイティブアプローチで世界を獲るので面白い景色が見たい人はついてきてください。

この活動の裏側全てを曝け出すオンラインサロンを8月1日から開始します。気になるよって方はLINE@へ登録しておいてください。


LINE@
ID検索:@ryota0417
URL:https://line.me/R/ti/p/%40akm1588b


その他小西玲太朗SNS     
Twitter / Instagram / VALU


小西玲太朗プロフィール     
海外在住アーティストPAYFORWARD(ペイフォワード) コンポーザー。アニメーターとタッグを組んだ作品は第13回新国際ニコニコ映画祭大賞とユーザー賞を受賞、更に第15回文化庁主催メディア芸術祭で優秀賞、またニコニコ動画デイリーランキングでは総合ランキング1位を獲得し、累計再生数は300万を超える。また、グラフィックアーティストとしても活躍しており、Amanaグループ関連グラフィックアートコンテストではグランプリを受賞、大手ゲーム会社やメジャーレコード会社のプロダクトデザイン等も務めた。人気アパレルブランドAndAではカットソー用のアート作品を提供。韓国のアパレルメーカーにもアート作品を提供するなど、独自の世界観が注目される。また、インフルエンサーとしても強い影響力を持ち主宰するメールマガジンは発行部数30万部を上回り、Instagramフォロワーは2万3千名にのぼる。週刊誌特集掲載多数。世界に可能性を見出し海外移住。南国プーケットに居を構え創作活動を開始する。