_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1054.JPG
金を持ってもパリピってるか所有武装してオラってるばかりでクソつまらんダサい連中ばかりなので、面白そうな事は全部自分でやる事にしました。もしくは稼いだ金は面白そうな事に使うようなスタイルのカッコいい知人友人諸先輩方の仲間に混ぜてもらう感じでやっていきます。

僕は日常も音楽もグラフィックもそうですが、アートにまみれた人生にしか興味がないし、昔からその感性に共鳴する人にしか興味が湧かないので、どんな分野でもいいのだけどクリエイター感性のある人が集まるコミュニティを作りたいと思ってオンラインサロンなんかも始めたワケですが、オンラインだけじゃなくてオフラインでもそんなコミュニティを作っていかなくちゃと色々な理論が交差した挙句たどり着きました。てなわけで、

今後10年かけて0からアートの国を創る事にしました。

で、一足先にオンラインサロンメンバーと土地探しをしました。放射能汚染も津波リスクもない場所で且つ地震にも環境そのものが防御機能を持っているであろう物件を1つ発見。

山奥の更地なので完全0からの村開発。

完全自給自足の為のライフワークとインフラ、映画や音楽にと様々な芸術に溢れた小さなコミュニティと国づくりを目指します。

イケハヤさんは高知、僕はまだ秘密だけど九州、ニシノアキヒロさんも確か埼玉に街を作ってる。徹底的に未来を予測していけば自然と辿り着くビジョンなのだけど、まだまだ実行している人は少ない。だからこそ面白い生き方の提案をこれからしていけるのかなと思ってる。金はそういう使い方をしなきゃ死ぬよ。何よりダサいし。

さて、都合をつけて日本へ視察に行ってこよう。視察の時はもちろんオンラインサロンでライヴ配信していくっす

HVk8oUqcBp.jpg
僕のオンラインサロン主催で9月16日にオフ会を開催するんだけど、サロンメンバーから有志を募ってオフ会の企画〜集客、当日の運営もなるべく有志にやってもらうことを試みてる。僕はイベントも創作も制作も全てが「業務」ではなくて「モノづくり」だと思ってる。だからセンスが問われているという緊張感をもって取り組んでる。

だから同じ価値観でモノづくりできない場合には頭にくる。嫌々やる仕事や、やらされてる仕事なら、最初から触れんじゃねえとすら思ってる。だから例えばうちの会社でいうと、責任者はもちろんスタッフにも怒号は飛ばすし罵声も飛ぶことがある。生半可な事になりかけた時は自分自身にそうしてるもの。だから自分も他人も関係ない、出来上がる作品が受け取る側にとっては全てだから。

オンラインサロンのメンバーとはいえど、手を上げたからにはセンスあるモノづくりをしてほしいと思ってる。けどもやっぱりそう簡単じゃないかもなと思いながら、その仕事っぷりを今見ている。基本、やっぱ仕事が遅い。うちのスタッフだったらオモクソ罵倒されてる。俺なら2時間で全部終わるんだけどな、とおもいながらも今はまだ暖かい目を残してる。頑張ってほしい。

オフ会といえどそれはイベントごとなわけだから、参加する連中からすればそれは価値あるものじゃないといけないし、旗を立てた側はモノづくりの精神をもって最高の企画と準備をしてほしいなと思ってる。お金を使える使えないの問題じゃないし、金銭が発生するかしないかじゃない。いいものを創りたいか創りたくないか、で僕はいつも行動してるから、そういう感覚が世に言う仕事であるべきだと思ってる。

実践を通して小西関連のモノづくりも学べちゃう小西玲太朗オンラインサロンは今なら無料で入会できます。気になったら気軽にどうぞ。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0914.JPG
9月16日の訪日時に、オンラインサロンのオフ会を開催するということで有志で幹事をやってくれている3人の勇者達と共に準備を進めてます。

夏の終わりに音楽と酒と最高の仲間と共に有意義な夜を過ごす為に、アコースティックライヴも出来るタワレコの屋上を貸し切ることになりそうです。今まさに会場の下見をしてくれているそうで、会場の画像が送られてきました。この屋台感たまらんね

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0917.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0915.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0916.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0918.JPG

今日もお昼にライヴ配信をしたけども、僕はオンラインサロンのメンバーと日本を獲りにいきますよ。最速最短で。面白い景色を見せますのでどうぞよろしく。


オンラインサロンの仲間になりたいぜって勇者は以下リンクを確認してから申し込んでちょうだい。

↑このページのトップへ