_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1062.JPG
プーケットと日本の時差は2時間で、日本が7時の時にはこちらは5時。で、僕が目を覚ますのはこっち時間で5時で、そのままたいていサーフボードを担いでバイクでお気に入りのビーチへ向かうのですね。まだ日の入り前の静かな山道を抜けて、ビーチタウンに着いたらまだ誰もいないビーチでサーフィン開始。

今日はすこぶるいい波で、サイズは小さめだけどカタチがよかったので気持ち高揚状態のまま2時間程で一旦上がって、朝早くからやっているホテルのオープンレストランのビュッフェでコーヒーだけ啜りながら、依頼されていた執筆の仕事を済ませてその他諸々のプロジェクトのマネジメント。


今個人活動家としてのプロジェクト単位で並べると、
  • PAYFORWARDプロジェクト
  • 映画ARTISTORYプロジェクト
  • ユーチューバープロジェクト
  • 九州でのアートの国づくりプロジェクト
  • アート創作プロジェクト
  • 出版プロジェクト
  • インフルエンサー育成プロジェクト
  • 慈善事業プラットフォームプロジェクト
のおおまかに9つが同時進行している。


その他諸々、出資した会社のサポートをしたりは当然しているけども概ね個人活動に注力できているので毎日非常に充実してる。英語のプライベートレッスンも始まってものすごく忙しいには忙しいけどね。いいのですよやればやるほど燃えるから。好きな事やってるってそう言う事でしょ。

で、どれも世界を変えるには有意義な活動なので、これからはこれらの発信をちゃんとしていこうと思っています。で、今小西の発信プラットフォームの開発中なのです。10月半ばにはオープンできそうだそう。ちょっとやっている事と、これらを発信していくのにリソースが足りなくなってきているので、求人が必要だと思っていて。アシスタント最低3名くらいはね。

こういうのもオンラインサロンのメンバーで見つかったら雇用も生めるしいいなあって思ってる。16日の訪日最終日に開催するオンラインサロンのオフ会で、いい人材がいたらそく捕まえてやりたいと思っているw

と言う事で、これからの小西の発信からは目が離せないはず。オンラインサロンでは、そんな裏側も全部一緒になって議論したり意見もらったり先に教えたりしていてすげえ楽しい。こんなコミュニティが現実空間にもあったらって思って、今サロンメンバーと国づくりを始めたりしてる。未開の地をハンドメイドで開発するのだ。僕の活動テーマはこの地球(ほし)をもっと面白くだから。

オンラインサロンの入会方法はこちら

国づくりに関しての記事はこちら

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1059.JPEG
有名ユーチューバーのヒカルくんのVALU事件はもうご存知だとは思うけども、これを機にヒカルくんらのユーチューバー事務所Next stageが解散だそうで。嫌がらせやらチャンネル登録解除祭やら、ツイッターのリプライやら偽垢の問題やら、一連を傍観していて尚のこと日本が閉塞感でいっぱいな理由を見たなあという感想。僕はアンチでも信者でもないけども、今回の事件から派生した袋叩きの感じは好きじゃねえなあ。


僕も世界を変えるなんて大風呂敷を広げた個人活動をしていく上で、必要な時に必要な分だけ市場から資金調達ができるようにとひっそりとではあるけどもVALUをしている。VALUは本質的には本当にイノベーティブなサービスで未来ある素晴らしいコンセプトですよ。だからVALU側のビジョンやコンセプトを害するような今回のネクステメンバーの行動に関していえば、最低評価だけども規制できない穴を突かれたことでVALUの内容がより発展していくのであれば必要悪だったかなとも評価できるからそこに対しての言及はなし。

だけど、損失を被ってもいないただのアンチが派生的にコミュニティの外まで巻き込んで洗脳して、数名のユーチューバーを袋叩きにしてヘラヘラ笑っちゃえるあの感じってどうなのかね。個人的にはすげえ気持ち悪かったなあ。アンチヒーロー的キャラを演じていたし(素なのかもしれないけど)、日本人の感性の真逆を行っていたから嫌いな連中が増えるのもわかるけども人に攻撃を仕掛ける時は、ちゃんと一次情報を取得して相手の背景も組んだ上で喧嘩しないとさ、結局レバレッジのかかった有名ユーチューバーと言えど1人の声はその他勢に及ばないもの。


想像してみたら苦しくない?毎日熱心に数時間かけて動画を撮ったり編集したりして信者もアンチも含めて観る人々の話題の起点を作って仕事してきたわけで、その甲斐あって張り上げてた声が遠くまで届くようになって。同時にアンチも生まれて見える悪口をふっかけられながらもファンの為のコンテンツを量産して楽しませていたけど、勉強不足の分野に軽はずみに参画して、踏み外したら谷底で数十万人で袋叩き。アンチでも信者でもないグレーゾーンの情報弱者を洗脳して悪者に仕立てて一緒に石を投げさせて総攻撃じゃない。死んじゃうよそれじゃ。


何かを間違えたりしても、一生懸命やっての失敗をしたとして、自分だったらもう一度チャンスをくれって思うもんだよね。その時に頭ごなしにチャンスを奪われたらって想像するだけでも、すげえ悲しい気持ちになるな俺は。まあ、アンチ達の目的はそこまで追い詰めることなのかもしれないけど。これが日本の閉塞感の原因かなって思う。返報性の原理ってやっぱあるし、自分が他人を許さなければ他人に自分も許されないから。その連鎖で、ヒカルくんもここまで追い詰められたのかもしれないし、ヒカルくんらを攻撃するアンチも日常生活で他人にそうされたからなのかもしれないけどさ、だからこそこの流れを断ち切るってのが大事なんじゃないのかね。人類なんて連鎖してる生き物だから、これは1人1人が意識しなければ断ち切れないからね。


日本の閉塞感が経済を破綻させるだろうし、災害も引き寄せるだろうし、隣国と揉める原因にもなるだろうし、こんな風に個人対世間のリンチで清々しくなっちゃったりするんじゃない?


こんな日本をみてるとさ、1年前アート活動と音楽活動と慈善活動の為にプーケットに移住してきて本当によかったなと思う。生まれ育った少年時代に大好きだった日本の空気感がここにはあるもの。おかげで随分優しくなれた気もしてる。誰かとの比較や競争で見出す個性じゃなくて、自分の中の発見で見出す個性で生きていけたら誰かを傷つけることで優越感なんて感じずに済むのにな。そこかしこで泣いてる人だらけの世界より、誰も泣いてない方がいいし、なんならみんな幸せそうに笑ってる方がいいじゃない。他人と自分を比較してその相対性で喜びや幸せを感じるんじゃなくてさ、自分の中の感動を追い求めて手に入れたってさ、ハッピーにはなるもの。その方が気分いいと思うけどなあ。


ヒカルくんらのVALUの利用法は良くなかった。でも、その後執拗に彼らをいじめ抜いた連中は、そんなんで優越感に浸ってる場合じゃないぞ。叩かれた人間は強くなるし、あなた方が別の獲物を探してる間にもヒカルくんは復活しちゃうだろうし今度はもっと上手に成り上がると思うよ。自分に目を向けて生きましょ。


あ、そんなワタクシもYouTube始めました、先月から笑

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1057.JPG
そもそも世界を舞台に活躍したいなんて思っているような少年でしたが、割と早い段階でとんでもない激流に飲まれて、忙しい人生を送ってきましたものでやっとという感じなんですが、英語を学び始めました。

毎日2時間ネイティブのイングリッシュティーチャーに嫁と揃ってプライベートレッスンです。土日はおやすみですが、平日は毎日。

とはいえ2時間程度じゃたいして進まないでしょうから、自主学習が必須だと思うのでなんとかこの辺りも時間を見つけて頑張りたいなと思っています。ボキャブラリがそもそも圧倒的にないのですが、日本語の語彙や表現は深く広めなのでどうしても窮屈で仕方ありません。このギャップを学習で埋めていくわけですね。


僕は海外に居住しているのでとんでもない誤解をされていて、英語が喋れない事でファンにガッカリされたりします。これは正直、被害者と言っても過言ではない程理不尽です。英語ができなかろうと海外には住めます。誤解しないでください。ただ、これから3年以内にはネイティブクラスを目指してコツコツ努力していく所存ですのでご支援ください。

そこで、今戦略的に効率よく学習方法を考えておるのですが、ネイティブレベルに英語の堪能な方にお伺いしたい。僕の戦略は功をそうするのでしょうか?戦略としては以下の通りです。


まずもともと僕はもう何年も、週に3本は映画を観る生活を続けているわけですが、これを毎日に変えたいと思っています。この際、字幕を英語表記に変えていく所存でございます。

また、そもそも毎日数冊本を読んでおりましたので、これを洋書に切り替えてやろうかなんて事も考えております。今はiPadでの読書ばかりなので、わからない単語をそのまま検索なんかもできていいかなと思っています。この時に単語の翻訳を英語でなんとか理解しきるつもりでございます。

後はスピーチレベルを上げていかねばならんと思うのですが、これはどうやったら効率がいいんですかね?ライフスタイルを変えたくないのでスタイルの中に織り込みたいです。

これらを行いながら夕方のプライベートレッスンで軌道修正やConversationを繰り返せば早めに上達するのではないか、などと素人の分際で戦略立ててしまっております。ご指摘ください。とにかく私は数年後、世界へ打って出ます。その為に言語を仕込みます。


僕の個人活動家としての裏側を含めた全貌はオンラインサロンで筒抜けです。是非仲間にお入りなすって。

↑このページのトップへ