SNSを見ていると東京国立博物館で開催中の縄文展に
既に行かれた方のコメントが上がっています。

みんな、たのしんでるなー

嬉しいですねー。縄文時代を多くの方に知っていただけるのは、
本当に嬉しいことだわー
(おかんか!

では、今日は、チラミセ第二弾。
既にご覧になった方も、まだのかたも、ちょっとだけよー

IMG_2411.JPG

はい、土器!(反応、うす!w)

なんてことはございません。
あまり見せすぎても、
会場に脚を運んだ時の感動が少なくなるしね

これは、デコラティブな土器になっていく前の
土器の一群。

地味に見えるでしょ?
実は、それが違うんだなー

ひとつをピックアップすると……。

IMG_2413.JPG

ひーーーーーーーーー!
これ、見てよ

かっこ良すぎる!
「埋め尽くす美」ってテーマなんだけれど、
ほんと、埋め尽くしてるよ。
胴部にびっしりと施された縄文……
方向を変えたり、縄文の長さを変えたり、
その間に他の模様を挟んだり……。
そしてこの上部を見よ!
モダンだわー。
全体のフォルムも好き

射抜かれた、完全に射抜かれたー

これはぜひとも会場で確認していただきたいです。

これを見ながら会場を先にゆくと……。

IMG_2418.JPG

はい、どーーーーーーーーーん!
多くの方が、この迫力にやられて、脚を止めていました。
これ、露出展示ですよ。
デカいし、デコラティブだし、ひとつひとつ見応えあるし。
もうさ、完全に息切れw

そこで見つけたこれこれー
IMG_2417.JPG

ハート❤️
最近私の名前が、火焔型土器に見える、
というコメントをいただくようになりました
そういわれると、親近感が湧いてくるやん

これら以外にも、
周りに置かれている土器もすごいから
デカいし、うねってるし、伸び上がってるし。
磨かれ光ってるものもあるし、
漆が塗られて「ほえー」と感心する土器もある。
あれもこれも、みんな縄文時代に作られた土器。
でも、それらは割愛しますw。
本物見ていただきたい。

土器は、少ししか載せませんでしたが、
会場にはもっと多くの土器が展示されています。

どれもこれもじっくり見たいと思わせるものばかりですので、
ぜひとも実物をご覧になって下さいね

今日は短めでございましたが、
チラミセ第二弾はこれにて終了。

次は、本丸(私的)土偶でございます!