秋に出版予定の新刊2冊が本格的に動き出しました。

しばらくは縄文の渦に身を投じる日々でございます。
この時間が一番幸せです、えへ

さて、若狭三方縄文博物館訪問の2回目。
前回は、縄文ホールの埋没林を見ていただいたところで
終了でしたね。

さ、先に進みますよ

ホールを抜けると……

IMG_3483

縄文が刻まれた通路の先にあの人が!

IMG_3484

しっぶー い子がいましたよ

土偶です、土偶(レプリカ)。
それも、この遮光器土偶を展示スペースの入り口に持ってくるのは、
ものすごく斬新(だと私は思いました

この遮光器土偶は、岩手県の浜岩泉Ⅱ遺跡から発見された
縄文晩期のもの。
一般的にイメージされる遮光器土偶よりも前に作られたもので、
目がアーモンド形で吊り上がり、おっぱいもロケット形。
これをもってくるかー!凄いわー

と、感心しつつ、土器が展示された土器の径へ。
学芸員の小島秀彰さんに説明を頂きながら見学することに。

IMG_3485

私、いつも書きますが、土器って全然詳しくないんです
型式を言われてもさっぱりわからない
そんな私にも優しく説明下さる小島さん

では、ざっと土器を見ていただきましょうー

IMG_3486

この鉢、結構好きです。

IMG_3487

これ、茶器かと思いました。
「茶器の原型がここにある!」
と茶道をされている方の中には、そうおっしゃる方もいらっしゃるそうです。
わからんでもない

IMG_3488

IMG_3489

下の方は石膏ですが、現存する部分の素晴らしい文様たち。
全部残っていたら、さぞかし凄かったでしょうねー。

IMG_3490

この壺は、左右にくるっとした持ち手がついていたと考えられています。
それが耳に似ているから、「双耳」
表面の粗さはありますが、手描き感満開の渦もなかなか

IMG_3491

IMG_3492

これ、いいですねー。とても好きになりました。
福井や富山から見つかるようです(たしか

火焔系のような情熱的な荒々しさや、超絶技巧的なものはありませんが、
それでも細部までみっちりと刻まれた文様の土器や、
最後2点のような特徴的な装飾がなされた土器が並んでいます。
静かで堅実な感じがしますね、この土器たちからは。
ま、完全に私の好みの問題ですけれど

北陸の土器は、先日ご紹介した称名寺式土器に影響を与えたり、
独特な雰囲気を持っている気がします(私が見た感じね)
ここで暮らした縄文人の気質がそうさせてるんでしょうか?

といっても、東北や中部の影響を
まったくうけていないわけでは無いでしょうしね。

さて、今日はここまで

次回は貝塚から見つかった様々な遺物を見ていただこうと思います

See You