みなさま、おあつーございます

いよいよ、ですな、夏

さてさて、

以前もご紹介いたしました

奈良県橿原市にあります
「歴史に憩う 橿原市立博物館」
にて、現在、こんな企画展が開催されています。

「遮光器土偶がやってきた!」 

ということで、今日、お邪魔してきましたー。

P7261576

すいません、写真、テカっちゃって

P7261577

まずは、ハンズオンコーナーがお出迎え。

この子たち、全部、触れるんですよ!

「こんださん、持ってもいいけど、舐めないで下さいね!w」

と、学芸員の松井さん。

わかってるわい!それぐらいw
 これらは、橿原市の遺跡から出土した遺物。

P7261578

右から
土偶、土偶、ミニチュア土器、
女性器をかたどったといわれる土製品、石棒(男性器といわれている)

あ、書いちゃいましたけど、この右から2番目の土偶。

私、土偶だとわからなかったんですよ。

「松井さん、これ、なんですか?

え!土偶女子のこんださんが、これ、わからないんですか
 これは、土偶ですよ」

わかるかーw土偶好きだけど、プロじゃないんだからw
 
ということで、アップにしてみた。
P7261580

 うーん、素人には判断がつかんなー。

P7261581

あ!!!!!、脚がついていた跡がある!!!
これであれば、土偶だとわかりますね。
これは勉強になりました。 

P7261583

 
女性器の土製品。これはあまり他に例がないらしいです。
私も、初めて見ました。たぶんですけれど。
先日、自分の女性器の3Dデータを作った人がいたそうですが、
縄文時代から、やってるじゃん!
(でかでかと載せちゃった

せっかくなので、持ってみました。

P7261588

おおお、重たい。
こんなに小さいのに、ずっしりと重量感がある!!

P7261587
嬉しそうな、わたし。

このハンズオンコーナーは本当に良いコーナーだと思います。
本物に触ることで得られる情報は、やはり、大きいですから。

子供さんはもちろんのこと、大人の皆さんにも
触っていただきたいです。
だって、この子たちも3,000年前に作られたんですよ。
それが今、私の手の中にある。

と思ったら、こんな顔にもなりますわなw

さて、

今回の企画展は

橿原市に暮らす人たちに、地元の遺跡から発見された関西風の土偶と
The土偶といわれる東北の「遮光器土偶」を一緒に見てもらうことで
その違いと、逆に、結びつきを感じてもらえれば、ということで
企画されました。

東北の、それもすばらし遮光器土偶を橿原市で見ることは
なかなか、ないかと思います。
っていうか、ないですw
土偶は、破片の物も含めて、30点ほど。
この破片はどこの部分か、などもわかるよな展示になっています。
ちなみに、土器も参戦。


ちょっと駅から離れているので、
車でないと訪れることが難しいかもしれませんが、
特に関西在住の方には、脚を運んでいただきたい企画展ですね

あ、体験コーナーも充実していて、
遊びにきたカップルが無言で縄文原体作ってたりしますw

もちろん、親子での参加も楽しいですね。

最後にお知らせ

この企画展のイベントとしまして
お話をさせていただくことになりました。

題して

「土偶と出会って人生が変わった!!」(トークイベント)

いや、そのままだしw
今の私があるのは、
「観音寺本馬土偶」に出会ったから。
その土偶ちゃんが、今回展示されている場所で、
土偶についてお話させていただけるなんて……😭

8月2日(日)
13時30分から15時

無料となっておりますので、お気軽に御越し下さいませ。

P7261593

みなさま、おまちしておりまーす

私が付けている遮光器、意外や意外。ちゃんと見えますw