少し、間があいてしまました。
ごめんなさーい

その間に、私をフォローして下さっている方から
新たな土偶の情報や、土偶に関してのコメントをいただいて
とても嬉しい時間を過ごしました。

本当に感謝です。
フォローして下さると、こういう交流ができるんですねー。


「こんな土偶見ましたよ」
「こんなおもしろ土偶知ってます!」
「是非、うちにも土偶を見に来て!」

という方がいらっしゃいましたら、教えてくださいね。

そして、よろしければ、フォロー、よろしくお願いします。


それと、土偶本、第二弾を予約下さった方のところには、
そろそろ届いているようです。

実はかなりかなり、緊張しています


「お!土偶って面白いやん」
「こんな子がおるんかー」


など、
皆さんに楽しんでいただけたのか、
書き手としてはやっぱり心配になります
大切なお金を頂戴するんですから

まだ、手に入れてないよー、という方がいらっしゃいましたら、
お近くの書店、もしくは、こちらからどうぞよろしくお願いいたします。



最後に、この子の画像をぺたり!

青森県八戸市にあります「是川縄文館」
合掌土偶や、前回の画像にもあった土偶が展示されている館です。
考えたら、まだ、この館のご紹介をしていませんでしたね。
ここは土偶のパラダイスなのでw

ENIMAGE1346729817324

顔だけの遮光器土偶。


見て下さい!!!この頭!!!
信じられないです、わたし。このクラウン型。

まるで、ヘラクレスオオカブトみたいじゃん!

そして、赤色がはっきりと残っているのも
この頭部の特徴ですよね。
身体の部分が残っていたとしたら、
一体どうなっていたのか……。

想像するしかありませんが、それはそれは目を見張る土偶だったはず。
当時の人々は、それを見ていたんだなー(うっとり)

また、他の素晴らしい子をご紹介しますね。

では、皆さん、フォローをよろしくお願いいたします