なんだかバタバタしています

ま、いつものことかw。

さて、今日はお知らせを。

10月20日(土)15時30分より、
朝日カルチャーセンター湘南教室さんで、
岡本太郎の研究者でもあり、縄文時代の土器の研究者でもある
石井匠さんと対談致します。
ご存知の方も多いかと思います。


863b8914-91fb-fbd5-8253-5b5adb34169b2501810-jyomon.jpg



石井さんは非常に客観的に縄文時代を語ってきました。
時に、周囲に誤解を与えるほどw。
その彼と、「なぜ今縄文時代なのか」ということをテーマに
話をさせていただければと思います。

同じような内容で、原稿の依頼が来ています。
東博の『縄文展』入場者35万人と言う数字は、
ものすごいインパクトがあったということですよね。
その辺もお話できればなと思っています。

ま、私の目的は、
石井さんから縄文時代のおもしろ話を引き出すこと、
ですがね

一週間後の土曜日です。
よろしければお越し下さいませ

詳しくはこちら⇩
https://www.asahiculture.jp/shonan/course/863b8914-91fb-fbd5-8253-5b5adb34169b 


おまちしておりますー 

40562153_534481506992298_6770326496813776896_n.jpg


おわりましたー
ご参加頂きました皆さん、ありがとうございました!

今回は、梅ノ木遺跡の魅力を皆さんにお伝えする
という会だったのですが、
実際に掘られ、今も一緒に時間を過ごしている北杜市の佐野さんから、
たくさんのお話をお聞きすることが出来ました
縄文人が毎日の暮らしのなかで使っていた道の話は、
本当に良いなと思います


この会の最後に山梨考古学協会の方がおっしゃっていた
梅ノ木遺跡は「生きている縄文遺跡」
という言葉が印象的でした

そう、この遺跡は、遺跡でありながら、
もう1本、違う時間が組み込まれ、
遺跡でありながら今を生き、成長するという面白いもの。

実験考古学の場でもありますが、
私は、実験した先にあるものが見えてくると良いなと思っています

でね、この会の中で、
帝京大学の櫛原さんがおっしゃっていた話にとても興味を引かれました。

「円形の竪穴住居を作る人たちは、集落も丸くする。
 方形の竪穴住居を作る人たちは、集落を四角にする」


と。

これ、むちゃくちゃ面白いですね。
原理はわかりませんが、最小単位である「家」を、
拡大解釈しながら集落を作る。
小さな円から、大きな円へ。
同じように、小さな四角から大きな四角へ。

とは言っても、方形の家はあまり多くはありません。
円の方が車座に座る時、しっくり来るからでしょうか。
そして、彼ら縄文人の世界観を反映しやすく、
心理的に引っかかりがないからかもな、
なんて思ったりしました 
円は循環であり、自然の中で暮らす彼らの世界観を表している、と言われますが、
もっと違う意味もあるかもな、なんて思っています。

あと、気にしていませんでしたが、
縄文時代の家の中にも
「男が座る場所」「女が座る場所」が決まっていて、
遺物の出土場所を観察すると、それが見えることがある、というもの。
家の中に、「清浄」の場所はあるかもなと思いますが、
男女の場所があるとは思っていませんでしたので、
この話も面白いなと思います


あと、個人的には、反省点が山のようにあります
話を聞きに来て下さった方をもっと巻き込んで、
ちゃんと一体感を作り上げられなかった自分の力のなさに、
関係者の方々に申し訳なかったなと
司会進行って、難しい

これを糧に(山梨考古学協会の皆さん、すみません
次の講演会では楽しい場を作りたいと思っております

ご参加頂きました皆さん、
佐野さん、櫛原さん、今福さん、
ありがとうございました

 

Blogの読者さんから

「最近更新がなくて寂しいです」

というような内容のメッセージを頂戴しました。
いやはや、ほんと、ありがたいやら、申し訳ないやら

すみません、前回の更新は7月でしたね
そらあかんわ!

では、この間、こんだは一体何をしていたのか?
と言いますと……。

35万人もの来館者数があった『縄文展』に関連して、
雑誌の記事を書いたり、
テレビにもちょこちょこ出させていただいたり、
新刊2冊を出させていただいたり、
カルチャー系の講座をあちこちで開催したり、
書店さんでトークイベントを開催したりと、
そりゃもう、走り続けておりました


それがひと段落つきまして、
来年刊行が決まっております新刊の準備に入っています

と、その前に、お知らせがありまーす

40562153_534481506992298_6770326496813776896_n.jpg

山梨県考古学協会さんからお声がけいただきまして、
23日(日)甲府で梅ノ木遺跡の話を中心に、
私以外の、強者パネラー陣に、
あれやこれやと話をお聞き致します

北杜市の佐野さんが

「どんなことをふっていただいても大丈夫です!
 大船に乗ったつもりで臨んで下さい」

って
もう、楽しみで仕方ない


三連休の中日で、予定がある方も多いかなー、
なんて思いますが、気候も良くなってきましたし、
皆さんにお会いできればと思います


↑このページのトップへ