今日は阪神淡路大震災から24年目
1995年1月17日早朝

幼少期だったが直後のことは覚えている。

揺れ。

それにより起きた。
寝ていたとはいえ揺れるということが初めてで違和感があったのを覚えている。

と、同時に足に重さを感じる。
隣のベビーベッドからは鳴き声が聞こえる。
暗闇の中で父と母が懐中電灯を照らして何かをしてる。

家財道具か荷物が上に乗っている。
とりあえず動けない。足を動かしても抜けない。
ぬけへん!ぬけへん!で、母を呼んだと思う。
けど来ない、、
仕方がないから 体を使って力一杯引っこ抜いたら、スポッと抜けた。

よくわからないまま外に出ると言われ、とっさに何かを持っていかないと!って思い、
いつも枕元の横に飾ってた、お気に入りのミニカーが数台あり、

その中から 一台だけ取って持ち出した。

持ち出したのは、
スカイラインR33の紫のミニカーだった。
MzWWhLtnfZ.jpeg
このスカイラインの紫の光沢が好きで当時は紫色が好きだった。
たぶんスカイラインより紫色で判断したんやろな(笑)

玄関を飛び出すと、マンションの住人や周辺の家の人が道にいたと思う。
1階は亀裂が入ってて、ヘタしたらヘタしたかもしれないと思うと なんとも言えない気持ちになる。

幼少期に地震というものを体験してからは、揺れに関して敏感になった。
去年の大阪北部地震でも余震の度、毎回目が覚めていた。


毎年思うが、阪神淡路大震災の記憶が薄れてるように感じる。
東日本地震では津波が大きく取り上げられ、
地震=津波になってる気がする。
地震によって津波は発生はするが、必ずしも=ではない。
周りに流されすぎて本質を見失ってる。
まぁそれは置いといて。

都市型巨大地震は他の都市でも起こりえるもの。
その危険性をいま一度、地震について考えてもらいたいものだ。