仕事で疲れきった心を浄化するために、、

というのは建前で(´・д・`)

撮影会という名の撮影機材の習熟と、
山でカップ麺が食いたい!

という目的で、
目標:三段峡の三段滝を目指しました!
DSC_2478.JPG
三段峡(さんだんきょう)は、
広島県山県郡安芸太田町の太田川上流の支流・柴木川にある長さ約16キロメートルの峡谷である。国の特別名勝に指定され、県北東部の帝釈峡と並び渓谷美を争い匹見峡、寂地峡とともに西中国山地国定公園の代表的景観となっている。

※Wikipediaより
DSC_2433.JPG
時期は10月中頃

途中、寄り道したこともあり、
入山はお昼頃に(笑)
DSC_2430.JPG

手荷物が、、
カメラの機材(望遠レンズ×2本、普通のレンズ×2本)、カメラ本体×2、三脚、アクションカメラ、ドローンと大型のコントローラー(手持ちでは運べないので車に残す(笑))
あとは、それらに関連する予備バッテリーやシャッターボタンやら
と、
防寒具、カップ麺、飲み物、コンロ(折り畳みの)、ガスボンベ、鍋類(キャンプ用とかの)、ライト、ツール、等々
DSC_2460.JPG

推定15キロ、、感覚ですがね(笑)

肩がもげそうになりながら、ゆっくり登り、カメラをパシャパシャしながら進みます。
※ここの写真はスマホ撮影です(;´д`)
DSC_2431.JPG
DSC_2434.JPG
DSC_2436.JPG
DSC_2438.JPG
DSC_2441.JPG道中、ヘビに遭遇🐍
DSC_2443.JPG写真は撮っては止まるを繰り返しながら、進みます。
DSC_2445.JPG山道にトンネルが!
湧き水が滴り落ちていて機材を濡らさないように素早く通ります(笑)
DSC_2448.JPG

途中、休憩と昼飯を兼ねて、カップ麺を作ることに!
DSC_2453.JPG
コンロを展開、ガスボンベ繋げて、点火!
鍋に水を注ぎ、沸騰させます!

沸くまで、モンスター飲みながら待ちます(笑)
DSC_2454.JPG
沸いたら、カップ麺にお湯を注ぎ、3分待ちます!

3分後、

出来上がり🍜
DSC_2456.JPG
いたって難しい作業ではないが、外で作るという喜びを感じながらとなり楽しかったです。

そんな光景を、通り過ぎる人々はどう思っていたのかは定かではありません(笑)

で、

完食!!
DSC_2457.JPG

食後のおやつ
スモアを作りました。
DSC_2458.JPGマシュマロを炙って、
ビスケットで挟んで出来上がり!😆
DSC_2459.JPG
ゆっくり休憩をしたのち、
登山を再開
DSC_2466.JPG

入り口から3、4km程度のところにある、
黒淵というところに辿り着きます。
DSC_2469.JPG黒淵では 渡し舟があり、
船頭さんが黒淵の説明をしてくれます。
往復500円(片道300円、やったかな)
まぁ、距離はかなり短いですが(笑)
DSC_2471.JPG
DSC_2473.JPG静かで澄んだ水は底まで見え、透き通ってます。
なんか吸い込まれそうになるぐらい見いってしまいます(笑)
小さな小魚がチョロチョロしてました🐟️


渡った先には、
食事も取れる休憩処があります。
DSC_2490.JPG
DSC_2492.JPG
水が無料で飲めます。
超軟水らしい。
ラーメンのスープとかに使ったら良さそう~(笑)
DSC_2495.JPG
DSC_2496.JPG

休憩処の横には橋があります。
DSC_2481.JPG
先に進むには渡らなければならないので、渡ります。
DSC_2488.JPG
橋はけっこう揺れます(笑)
DSC_2484.JPG

渡って先に進もうと思った矢先、
時刻を見ると16時を回っていた。

折り返しの時間も考えたら、真っ暗になると山道を歩くのは危険⚠️
それと、
渡し舟も16時半で終わりとのことでした。

仕方なく
黒淵で断念することに、、
DSC_2486.JPG
下山した頃には暗くなりつつあって
折り返して良かった~(´゚ω゚`)


けど、三段滝まで辿り着かなかった、、

が!

リベンジのために ちょいと下見(笑)

実は、
三段滝近くまでは車で行けます(笑)
で、行きました(笑)
DSC_2501.JPG
DSC_2500.JPG別の機会に、ここからリベンジしたいと思います。



P.S.
寄り道したところ
日本棚田百選「井仁の棚田」
DSC_2428.JPG
地上から
DSC_2427.JPG
空から
tF3LEczZHg.jpg
アクセスするにはちょい辺鄙なところにあります。
が、
車なら 三段峡行くついでに、寄り道できる範囲ではあるので、オススメの場所です!
殺伐とした日常を忘れさせてくれる場所です(´ω`)


次回は早くも、
リベンジ・ザ・三段峡