月別アーカイブ / 2012年01月

今日は高校のお友達と、
キャットストリートにあるガレットのお店にいきました(^O^)/


プロヴァンス風ガレットです。
$僕のどうでもいい日常。






食べ方は、










切る。
$僕のどうでもいい日常。













はむ。
$僕のどうでもいい日常。









以上。

ちょっと朝から長い道のりを、
電車に乗って移動してるので、
暇だからまた詩を書きました(ノ)・ω・(ヾ)

最近なんかすらすらでてくるっ!
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

今回は、
僕と君と僕の唇の詩です!!




-----------------------------------

キミのせいだよ
「君が好き」
とか言うからさ
僕は仕方なく
君と付き合うことにしたんだ

キミは生まれたときから
僕と一緒で
君はこれから
僕と一緒になるんだね

唇開けたら喧嘩して
唇閉じて無口になって
そんな風に
休むことなく働いて
唇開けたら好きといって
唇閉じたらキスをして
そんな風に
休むことなく働くんだ


キミのせいだよ
「君が嫌い」
とか言うからさ
僕は仕方なく
君と別れることにしたんだ

キミとは絶対
離れられないけど
君とはこうも簡単に
離れられるんだね

唇開けたら喧嘩して
唇閉じて無口になって
そんな風に
休むことなく働いて
唇開けてサヨナラいって
唇閉じて言葉仕舞って
そんな風に
休むことなく働くんだ


目を開けたら君が手を降って
目を閉じたら涙零して
耳をすましたら君の声が
聞こえるの

唇開けたら好きといって
唇閉じても好きだよって
そんな風に
休むことなく想っていて
耳を塞いだらもうなにも
聞こえやしないよ君の声も
すすり泣く
声だけ頭に響くんだ

キミを痛いほど
噛み締めて
君を痛いほど
抱き締めた

-----------------------------------

なんかさ、
言葉の韻とかさ、
うまい事言ってやった感は、
妄想ポエムと同じくらいなんだけど、
なんでこうちゃんと詩にすると、
気持ち悪く感じないんだろうね!笑

よーし、
そろそろたまった詩に、
曲をつけていこうかしらね!!
(`・ω・´)

こないだ実家に帰った時、
雨の中、深夜散歩したんですよ。

こうふと写真が撮りたくなってな!!!

そんでちょうど雨が降ってたし、
傘もさしていたので、
ビニール傘を通した信号機を撮ってきました。

$僕のどうでもいい日常。

$僕のどうでもいい日常。

一枚目は信号機にピントを、
二枚目は雨にピントを合わせました。

一枚目の雨のピンぼけが赤く染まってるの綺麗でしょ。
二枚目の雨は星空みたいでしょ。

なんかとてもすてきだなぁと思ったよ!!!

そんでちょっと信号機の詩も考えてみたんだ。
よかったら見てってください!


--------------------------------------------

今日も僕は色を変えるよ
みんなが必要としてるから
青になればみんな喜ぶし
赤になれば少し不満がるね

誰かが僕を無視するから
ここで誰かが涙を流すよ
だけど僕はお構いなしに
ひたすら色を変えるだけ

たった三色だけで
僕はできてるんだ
とってもとっても
単純なんだ
他のみんなと作りも同じで
居場所が違うだけなんだ
とってもとっても
単純なんだ

今夜も僕は色を変えるよ
見ている人は少ないけど
青から黄色
黄色から赤
せっせと働くんだ

誰も必要としない時間だよ
闇夜を照らす僕の光
一番僕が輝く時間に
誰も見てはくれないね

今日も僕は色を変えるよ
今日も君は僕を見てくれるから
君と目が合うだけで嬉しいんだ


誰かが僕を無視するから
ここで君が倒れたよ
だけど僕は涙も流せず
ひたすら色を変えるだけ

僕の感情ひとつない光が
君の身体の赤を照らす

悲しみの色に変わりたいけど
みんなが困ってしまうから
今日も今日とて
決まり切った色だけで
僕は生きていきます

--------------------------------------------



ではでは、
明日もがんばりまっしょい!!!!!

↑このページのトップへ