IMG_3733.jpg

こんばんは。

ご訪問ありがとうございます😊

今週の作り置きおかずあれこれです。
(日々のお弁当2個分&私のお昼用)
酢の物以外は、2〜3日で食べ切りです。

1.オクラの豚肉巻き・カレー照り焼き
2.あじフライ(下ごしらえ・冷凍保存用)
3.大葉入りつくねバーグ&つくね種(冷凍保存用)
4.ウィンナーとピーマンのケチャップソテー
5.砂肝のレモンソテー
6.茄子とピーマンの味噌炒め
7.ゴーヤの甘味噌おかか和え
8.ほうれん草のツナ和え
9.モロッコいんげんの胡麻和え
10.ポン酢醤油の味玉
11.黒豆のあっさり煮
12.ちくわとさつま芋の煮物
13.タコとパプリカのハーブマリネ
14.生姜蜂蜜のトマトマリネ
15.紫キャベツのナムル
16.胡瓜と人参と大葉のナムル
17.れんこんと人参と大根の甘酢漬け・柚子風味
18.塩茹でアスパラ
19.ほうじ茶蒸しパン
20.バナナ(冷凍保存用)
21.自家製甘酒
22.自家製麺つゆ
23.自家製白だし
24.自家製ふりかけ(じゃこ・緑茶・粉わさび)

5.8.15.17.22.23.は
レシピ掲載しています。
(書籍に沿った解説ページはコチラです♩)
IMG_3755.jpg
オクラの豚肉巻き・カレー照り焼き。

板ずりしたオクラを豚肉で巻いて片栗粉を塗したら、全体に焼き色がつくまで焼きます。
その後、酒・みりん・てんさい糖・醤油で照り焼きにしたら仕上げにカレー粉と白ごまを塗して完成です。

IMG_3754.jpg
冷凍しておくと便利なつくね種。(写真奥)
手前のつくねバーグは焼いて味付けしてから冷凍保存しておいても便利です。

なのに今回、何故か焼かずに写真を撮っている私...(謎)
 
IMG_3756.jpg
あじフライ(下ごしらえ・冷凍保存用)
 
IMG_3749.jpg
ちくわとさつま芋の煮物
そして

IMG_3758.jpg
茄子とピーマンの味噌炒め
ウィンナーとピーマンのケチャップソテー
砂肝のレモンソテー(著書掲載)
ほうれん草のツナ和え(著書掲載)
 
IMG_3757.jpg
ポン酢醤油の味玉と、
ふりかけ(じゃこ・緑茶・粉わさび)。

ふりかけはおだしを作った際のだしガラを再利用するので、下味はしっかりついています。
だしガラはフライパンで水分を飛ばすように炒り、好みの具材を混ぜるだけでOKです。
(柚子ふりかけ、カレーふりかけは著書にも掲載しています)
 
IMG_3753.jpg
そして
生姜蜂蜜のトマトマリネ、
ゴーヤの甘味噌おかか和え。

ゴーヤは薄切りにして塩もみしたら10分ほど置いておきます。
その後、塩がついたままサッと熱湯にくぐらせたら冷水に取り、しっかり水気を絞ったら
コチュジャン・てんさい糖・ごま油・麺つゆ・鰹節を和えて完成です。
 
IMG_3751.jpg
そして
タコとパプリカのハーブマリネ
胡瓜と人参と大葉のナムル

IMG_3750.jpg
モロッコいんげんのごま和え
紫キャベツのナムル(著書掲載)

IMG_3759.jpg
麺つゆと白だし(著書掲載)

IMG_3760.jpg
甘酒も久しぶりに作りました。
(既に飲んだ形跡が..笑)

【我が家の甘酒の作り方】
米麹+水のみで作る甘酒はとても簡単。

保温設定できる甘酒メーカーやヨーグルトメーカー、炊飯器(60度保温できるもの)があるととっても便利ですが
我が家にはどれも存在しないので、いつもお鍋で作ります。

米麹+米麹の2倍量(もしくは、好み量で大丈夫です。)のお水をお鍋に入れて火にかけ、
混ぜながら60度になるまで待ちます。
(60度=麹菌が作り出す酵素が最もよく働く温度)

60度に達したらすぐ火を止めて蓋をし、保温カバーがあればお鍋にかぶせておきます。
それでも時間が経つとどうしても温度が下がるので
時々、弱火にかけて60度まで温度をあげます。
これを何度か繰り返すと3〜4時間で優しい甘さの甘酒が完成します。

すりおろし生姜を入れて飲む事が多いですが
豆乳で割ったり、スムージーやドレッシング、アイスクリームなどにも♩
 
IMG_3761.jpg
そして今回の蒸しパンにはほうじ茶を入れてみました。
ほんのりとほうじ茶の香りがして美味しいです♩
 
IMG_3752.jpg
おやつとして冷凍バナナも。

夏場になると必ず冷凍庫に常備しています。
小さい頃もよくこうして食べてました^^
 
IMG_3762.jpg
以上です。

ご覧いただきありがとうございました😊

また明日から一週間、宜しくお願いします。
319aef2f
 
のほほん本 
「のほほん曲げわっぱ弁当」発売中 
¥1,296 (誠文堂新光社) 
319aef2f 
Instagram 
Instagram 
こちらでも日々のお料理をご紹介。 
319aef2f