こんばんは。



みっちーです。



まずはこれ。
IMG_20170924_205156.jpg
このシーンは、『ミナミの帝王』の14巻の中にあります。



なぜこのようなシーンになっているかの説明は、しだすとかなり長くなってしまうのではしょります。



なので、このシーンについてのぼくなりの解釈を行います。



メガネの男性は萬田銀次郎、ミナミの帝王です。向かい合っている女性は黒崎千里、金貸しの人です。



読んだことのある人ならああこのシーンか、となるのでしょう、ぼく的には全巻読んだわけではありませんがこのシーンは屈指の名シーンだと思います。



このシーンで女性は「萬田さんを脅かすほどの金貸しになってますから」と言っています。



帝王は「楽しみに…待ってるで」と言ってます。



ぼくは思いました。



なんで千里は泣いてるのかなあって思いました。



ぼくの当推測ですが、千里はもう帰って来ないのではないでしょうか。



口ではいつか必ず帰って来てアッと言わせますよみたいなことを言っていますが、千里自身、あたしはもう帰って来ない、と、悟ったのではないでしょうか。



帝王も、千里がもう帰って来ないことを悟って、「きっと戻ってこいよ!」と、誰にともなく呟いてます。



二人の今生の別れなのです。二人は二度と会うことはないのです。



千里は帝王に命を救われました。その恩をちっぽけな自分は帝王に直接返すことができない、恩返しをしたいが恩返しをできない、この究極のジレンマが千里の中で渦を巻き、彼女の負け惜しみのような言葉に繋がったのではないかな、と、思います。



千里は過去の地獄から復讐を誓い、もろ男社会の金貸しの世界でシノギを削っていたのですが、やっぱり彼女は女なのです。



千里の負け惜しみを「楽しみに…待ってるで」と真っ直ぐ受け止めた帝王。



帝王の懐の深さ、器のデカさをぼくは感じます。



すごいと思う。



ところで、千里みたいなキャラの女は得てして世の男性達に嫌われやすい傾向にあるようですが、ぼくは違います。



カワイイじゃないですか、こういう女。



ぼくは、千里ステキだな、と思います。



男性は自分の器に合わせて女を選ぶ傾向がありますが、自分の器以上の女に出会ったなら自分の器をさらに大きくしてその女を受け止めることができるようになれば良いのではないでしょうか。惚れたなら、ね。



ぼくは、千里みたいな女はとても好きです。千里は間違いなく女前です。



あー、帝王について語るところが、千里でオチちゃったよ〜、ぼくは女好きなんだなこれが(笑)