人生相談の8回目です。


(質問)

私は31歳で無職です。
パニック障害と鬱、拒食症と5年以上戦っています。
私には夢がありました。今たくさんの時間があるのにそれに向かって努力したいのに出来ないやらない自分に悔しさや悲しさがこみ上げます。
また31歳で無職、貯金無しの自分が不安でたまりません。
病気の治る目処もたたず毎日何もできず横になってばかりで、最近はそんな生活につかれて早く消えてしまいたい気持ちばかりです。
もしよかったら何かアドバイスを頂けないでしょうか?暗い話ですみません


(僕の思うこと)


僕は、以前、こうツイートしました。

「10代で頑張れなかったら、20代で頑張ればいい。20代で頑張れなければ、30代で頑張ればいい。
何十代から頑張ってもいいのだ。そうすれば、行きたかった場所には行けないかもしれないが、行くべきところにはたどり着けるだろう」

あなたの夢が何なのかは分かりませんが、今の状態では夢に向かって頑張るという状況ではないように感じます。
夢を持つのは素晴らしいことですが、夢に近付いていないことに焦るあまり、自分をより一層追い込んでいるようにも思われます。

先ずは、パニック障害と鬱、拒食症を少しでも改善していくことが先決です。
それらを改善していくうちに、新しい夢が生まれるかもしれません。

夢とは、第一候補の夢ばかりではありません。
第二候補の夢でも、第三候補の夢でも実現すればいいのです。
むしろ、第一候補の夢を実現できる人の方が、圧倒的に少ないのです。
皆、第一候補の夢を叶えられなかった悔しさや悲しさを乗り越えて生きています。

第一候補の夢が叶わなくても,誇りを持って生きているのです。

そして、あなたの症状が改善できるのではないかと僕が思うのは、
5年間「戦っている」と表現されているからです。

「戦っている」、すごいことです。

しんどい時は、清潔であたたかな布団で横になる。
そのことに罪悪感を持たない。
しかし、気分が優れている時は、たった一つ何かをこなしてみるのです。

僕の経験で言えば「綺麗にすること」がとても有効でした。
自分の寝ている枕カバーを変えるのでもいい、ゴミをまとめるだけでもいい、
トイレだけでも掃除するのでもいい。

何でもいいから、どんなに小さなことでもいいから、何か一つを成し遂げるのです。

また、31歳で無職、貯金無しの不安と書かれていますが、仕事が無い、貯金が無いという不安は
50代だろうが、60代だろうが、多かれ少なかれ、一部の大金持ち以外、皆持っていますよ。

あなたは、全ての不安に答えを求めています。

僕の答えは、
「あきらめなさい、色々なことをあきらめなさい。」です。

心の病気になったことも、将来の不安も、第一候補の夢も、全部あきらめなさい。
あきらめて、見えてくることがあるはずです。

解答不能を答えにして、前に進むのです。

そうすれば、行きたかった場所には行けないかもしれないけれど、行くべきところにはたどり着けます。