人生相談の7回目です。


(質問)

私は今、高校3年の者です。
自分の考え方や気持ちのあり方について悩んでいます。

年齢を重ねるごとに、周囲に対しての嫉妬心や羨望が強くなっていきます。その感情を言動として表す事はないのですが、ずっと心の中でもやもやしていて霧が晴れない状態です。
生まれ育った環境、経済状況、容姿、才能…そんなもの比べてもキリがない事は頭ではわかっていますし、まず努力をしてみろとも自分に対して思います。

自分でも何故、他人に対してこんな感情を必要以上に抱いてしまうのかわかりません。本当に性格が歪んでいるなと思います。こんな自分とどのように向き合い、対処していけば良いでしょうか。

お忙しいとは思いますが、アドバイスをいただけると嬉しいです。


(僕の思うこと)



年を重ねるごとに、ねたみ、そねみ、やっかみの感情が育つのは、あなただけではありません。

なぜだと思いますか?

なぜなら、「若者は自分の可能性の大きさがどんどん目減りしていることを自覚し始めるからです」。

例えば、同じ世代の活躍するスポーツ選手や芸術家は、幼少の頃から環境に恵まれ
練習を欠かさず、才能を活かしきり、目標が定まり、まぶしい存在です。

それに比べて自分は、まだ何者でもない、そしてや、何者になれるのかさえも分からない。
嫉妬心や羨望が強くならない方が、おかしいぐらいです。
性格が歪んでなどいません。
順調な心の発達です。

子どもの頃は、何者にでもなれる可能性があった。
しかし、高校三年生から始めても、天賦の才能や子どもの頃から環境を与えられていた者には敵わない。
とても厳しい現実です。

しかし、それが何だというのでしょう。

18歳のあなたには、信じられないぐらい大きな、「あなたに向いた」可能性があるのです。

あなたが、何者になりたいのか、どういう人生を送りたいのか、目標がはっきりすれば、
自ずと他人に対する嫉妬心や羨望に収まりがついてきます。

しかし、全くなくなるわけではありません。
青年には青年の、中年には中年の、そして老人には老人のねたみ、そねみ、やっかみがあります。

そういう感情はだんだんと飼いならしていくのです。
上手く飼いならせた人が、人と自分を比べず、平穏な心で日常を送ることが出来るのです。

そして、あなたは、羨ましいという気持ちを言動に表すことはないと書かれていますが、
あの人が羨ましいと、素直に言えなかった感情こそが、負の感情に変わるのです。

あえて素直に、「いいなあ、羨ましいなあ、素敵だなあ、あんな風になれたらなあ」
と言ってみると、心が軽やかになりますよ。

だから、僕も素直に言います。「いいなあ、18才。何だってできる」と。

(小池一夫)